2008年07月04日

**7/26何かが起こって欲しいなあ 〈 ハプニング 〉**

 長らくお休みしていました。約2ヶ月振り。

 この間、ハコに行ってないわ、ヴィデオさえもほとんど見ていなくて、何も書けなかったのです。

 この間にも様々な新作が掛かったようですが、全くもって知識も無く触れることもなく。

 ところがココへ来てにわかにみなぎって参りました。そう〈 ハプニング 〉です。既に消えた監督呼ばわりされていたM・ナイト・ シャマランさんですよ。

 

 と、その前に、復習しとかなくちゃなりません。〈 シックス・センス 〉〈 アンブレイカブル 〉〈 サイン 〉 まではとりあえず付き合ってましたから大丈夫ですが、〈 ヴィレッジ 〉と〈 レディ・イン・ザ・ウォーター 〉は、 縁が無かったようで愛想尽かしてましたから未見。取り急ぎ確認しましたよ。

THE_VILLAGE-0

 以外と見れるじゃない〈 ヴィレッジ 〉。〈 シックス・センス 〉の大ヒットで付けられた「新世紀スリラーの旗手」 というありがたいやら重荷やらなレッテルを剥がそうという必死さが出てますよ。こりゃ、宣伝が悪い。これはスリラーでもなんでもない 「奇矯な舞台設定の中の愛の話」だもん。なにか有り気に宣伝する方が悪いの。だって、 シャマランは最初からこの村のヒミツを隠そうとはしてないでしょ。村の長老のばあちゃんが言う「双子の姉は路地で殺されていた」の路地って、 この村には無いでしょ。シガニーの言う「貴方の父さんは全裸で河に浮かんでいた」の河って、この村の何処にあるのさ?大体、 路地っていう小道はvillageには存在しないもの。路地とはcityの中にしか存在し得ない。こういう台詞を早々と登場させる意図とは、 ラストで謎解きなんてしないよというシャマランの決意の現れでしょ。残念ながら、大衆の望んでいるソレとは一致しなかったんだけど・・・。

LADY_IN_THE_WATER-0

 前作の興行実績を見て、自分のしたかったことと大衆が自分に望んでいることの違いの一端を感じ取ったシャマランは、 本作で着実に変えてきた。「そうか、大衆は自分に謎解きを披露してほしいのだ!」と考えたんだろうねー。で、ロール・プレイング・ ゲームのままを映画にしちゃった・・・。しかもよせばいいのに、東洋的妖精にしちゃたよ・・・、 そりゃ犬と猿は犬猿の仲っつーぐらいだから最後は犬猿の争いだろうよ。ただしチャイヨーに詫び入れとけよ。 RPGならRPGでも良かったんだけど、何のテーマもなく(しいていえば生まれてきた役割???)、 ただただ謎解きするだけなら主観でやれるだけゲームのほうがよっぽど面白いですから。異常な舞台で、結構真摯なテーマ(信頼・自信・信仰・ 愛)を描くというのがこの人の良さなのに、完全に勘違いしちゃいましたねー。

 

 で、〈 ハプニング 〉ですよ。前2作の不評を綿密にリサーチした結果かどうかしらないけど、完全に〈 シックス・センス 〉 まで先祖帰りな感じ。しかも今回は、未曾有のディザスタームービーのようでもあって、終末モノ好きには堪らないデスよ。 予告編だけ見る限りにおいては。

 ただね、これは〈 シックス・センス 〉 の時から散々言われていたことなんだけど、 彼の作品には元ネタ映画が存在しているんじゃないかってね。今回、クロサワっぽいんだよなあ。そこだけが引っかかる。

 

posted by 森と海 at 22:55 | Comment(6) | TrackBack(1) | Movie(米)
この記事へのコメント
この人は『シックスセンス』からダメだったんですよ〜(汗)。どうも肌に合わないみたいだ。スマヌ。

>彼の作品には元ネタ映画が存在
これ、80年代組くらいからみんなそうじゃね?

つうか、長いネット落ちから帰って来たら、森と海さんがネット落ちで、イジメてもらえないで寂しかったってそんだけなんだけどね(藁)。
Posted by acoyo at 2008年07月05日 08:38
お久しゅうございます。2ヶ月ほど止まっておりました。
シャマラン演出は、思わせ振りなあざとさがありますから、嫌な人には我慢できないモンでしょうなあ。
Posted by 森と海 at 2008年07月05日 22:18
おひさし〜
予告編だけ観ると結構パニック的ではあるので、
おおっと思わせてはくれるのは健在なのはさすがシャマランクオリティ!と思いましたが。
あと超A級スナイパーにしてシカゴの対マフィア捜査官で地元の不良少年をシめるくらいの元ギャング(これはちょっとマジ)なウォールバーグ主演というのも意表をつくシャマランっぽい(笑)
Posted by tonbori at 2008年07月06日 23:43
ところがね、ハリウッドにおいてヲルバーグって今や押しも押させぬ主役級という位置まで上り詰めているらしいっすよ。
元チンピラっていうのはほんとらしいのですが・・・。

えーと、〈 ハプニング 〉ですがキヨシの焼き直しという可能性が60%と、とりあえず言っときます。
Posted by 森と海 at 2008年07月07日 21:49
お久しぶりでございます。
「ハプニング」かなり気になりますね。一度は見限ったシャマラン監督ですが、再浮上の悪寒・・・、いや予感がちょっぴり。いやあまあ、ちょっぴりですけど。(笑)
Posted by samurai-kyousuke at 2008年07月08日 13:43
ご無沙汰しておりました。
やっぱり見限ってましたか(笑、シャマラン。
10パーセントぐらいでしょ(爆。
Posted by 森と海 at 2008年07月08日 20:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

「公開目前! 楽しみな映画たち -洋画編-」
Excerpt: 「ハハハッ、ワッハハハ、ハハ、ゲホゲホッ。むせた。ジェイ君、見たまえ洋画編だぞ。私はやるときはやる男なんだよ。」 「はいはい、『La Dolce vita』のGloriaさんのリクエストで書いた..
Weblog: samuraiの気になる映画
Tracked: 2008-07-08 13:47
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。