2008年07月28日

**7/27何も起こりませんでした 〈 ハプニング 〉**

 という訳で、全く持って想定内でした。

 期待してたんだけどなあ。エンドクレジットあたりで、「訳ワカンネー!」とか「なんじゃこりゃ?」とか「ツマンネー!」 とつぶやきながら出て行く人々を。

 いやいや、シャマラン印を判っているお客さんばっかりで・・・(笑。

 

 

 今回も某T・ジョイで見ましたが、公式パンフには「衝撃のラストは他言無用」のアオリが!

もうはっきり言っちゃいます。ラストにヒミツなど無い!

 

 シャマラン印には良い点と悪い点が混在しているのですよ。

 良い点はというと、とりあえず情感なんぞに時間を割きすぎず、さらっと流すこと。台詞よりその行動で、感情を表そうかな? っていうタイプですね。よくあるでしょ、大変な事件が降りかかっていると云うのに、ダラダラダラダラ台詞のやりとりをしちゃう映画。 ヤダヤダ。日本が〇む替わりに自分が沈んじゃおうかっていうのに好きな女一人抱けない男とか、 フェリーが〇むかどうかと言う瀬戸際なのに悠長にプロポーズしちゃう奴とか。アーヤダヤダ。

その点、シャマラン印は行動あるのみ。行動がその感情を雄弁に語るつーやつですね。

 悪い点はというと、その世界が箱庭的であること。セマイセマイ。〈 サイン 〉の時は、一家庭内だけが舞台だけど、 テレビモニターを通して世界を描くと言うアイデアが多少評価されましたけど、今回は東部の州が現場というかつて無い広さなのに、 見た目はヲルバーグ一家の周辺だけでしか事件は起こってないようにも見ええますもの。 この人は永遠に世界規模の災厄は撮れないかもしれません。

 

 ぶっちゃけ、原題「Green Effect」がマンマなんでしょうが、どうせなら同時多発てろのごとく、 あっという間に世界を席巻して、一日で人類半減ぐらいの大風呂敷を広げてもよかったんでないのでしょうか?だいたい狙いが、「逃げる人々。 その瞬間誰と居ますか?誰と会いたいですか?」っぽいし、どう見ても911以降の作品なのですから。

 さて、これから先まだシャマランと付き合っていこうか?どうしようか?と悩むわたくしでございます。切るほど悪くもないしね・・・どうしましょうか?。

posted by 森と海 at 23:28 | Comment(3) | TrackBack(0) | Movie(米)
この記事へのコメント
さっそく行かれたんですね。
私は昨晩、「ハプニング」にしようか「ドラゴン・キングダム」にしようか悩んだ末にジャッキー&ジェットの方に出撃しちゃいました。
しかしながら、こっちも期待しないで必ず観に行きます。
Posted by samurai-kyousuke at 2008年07月30日 12:33
 シャマラン初体験をしてこようかと迷ってるところなのですが・・・マーク・ウォルバーグだし。

 「ヒミツなどない」というのが『シックス・センス』を期待する観客にとっては「衝撃のラスト」なのだったりして・・・!笑
Posted by Cardhu at 2008年07月31日 20:15
>samurai-kyousuke様
実は、〈 クライマーズ・ハイ 〉とどっちにしようか迷いました。ダブルヘッダーでとも考えましたが、既に行きで眠気がもよおすほど連日の疲れが表面化しておりましたため断念。
期待しないで軽い気持ちで・・・が合言葉です(笑。

>Cardhu様
初がこれでは負担が大きすぎます。せめて名作〈 レディ・イン・ザ・ウォーター 〉でも確認した後のほうが良いのではないでしょうか(笑?
Posted by 森と海 at 2008年07月31日 22:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。