2005年12月11日

**二匹目のどじょうってのは・・・なかなかだ〈 暗戦2 / RUNNING OUT OF TIME 2 〉**

 〈 暗戦 / RUNNING OUT OF TIME 〉のヒットを受けての第2段。杜[王其]峰と羅永昌の共同監督によるものなんだが、・・・居ないもんだね、二匹目のどじょうって奴は。

 続編は一作目を越えられないというジンクスを父さんも敗れなかったんだな。 そんなこんなで、ずっとエントリーも挙げずじまいだったんだ。

 

 映画の頭っから、例の壮大な音楽(暗戦での使用曲)が流れて、期待だけは高まる。今回は、続編と言いつつも、 微妙に配役がチェンジしている。らうちんホイ・ シウホンの序列が交代、インターポールだったルビー・ウォンが上役に(しっかし、 マダムが似合う女優だよなああ)。殆どありえない話だがネゴシエーターに林雪(プッ)、そして・・・ アンディ・ラウのあとにイーキン・ニコニコ・チェンが登場。あとは、 らうちんといわくありげな被害者としてケリー・リン。こんなとこ。

 舞台装置としては、 個人的にラウの代わりがイーキンに務まるのかどうかが焦点になりそな悪寒もした。が、明けてみれば、 続投組の役者の演じるキャラクターの彫りこみが、たとえ「前作観てれば分かるでしょ」とはいえ浅すぎる。 確かにらうちんは、今回も犯人を追い詰めるただ一人の男ではあるが、 微妙に優秀さ聡明さってものが足りないような感じ。はっきりいえば、頭脳派というより、執念派の捜査官というところ。 ホイは、あいも変わらずトラブルメーカーandコメディリリーフ(頼れる雰囲気は〈非常突然 〉 の時のみ)だから置いといて、林雪だけは役者としてステップアップの美味しい役。ギャンブル狂、 それも負けが込んでて追い込みかけられている交渉人、なんて複雑な役回りだ。そのギャンブル狂いから開放されて、 付き物が取れたような晴れた顔するなんて、役者冥利に尽きるってモンでしょう。で、・・・ イーキンなんだけど、こいつが盗賊なのは分かりすぎるくらい分かるのだが、 何のために何の目的で犯罪やらかすの?て疑問が解けない。自称マジシャンは分かった。しかし法を犯すだけの積極的目的がはっきりしない以上、 愉快犯なの?って疑問が付きまとう。勘弁してくれ。香港警察がベンツMクラスに乗ってるからって、 ジャグァーXKRコンバーチブルに乗るイーキンが金持ちでないはずも無い。 そんな金持ちが犯罪を犯すなんて、ゲームを楽しんでるとしか考えられない。おまえが寄付なり何なりしろって! それに同じく新規参入組のケリーも、強気なんだか弱気なんだかよう分からん。ひょっとして、 英字幕だから分からないだけ?

 とまあ、表面を繕って、「ヒット作の続編作りましたよってよろしゅうに」 と言いまくっている作品ではある 「ネタは同じですけん分かりやすいでっしゃろ」とも言っている。 これじゃいくらボクでもエントリーは挙げにくい。 しかし一寸の虫にも五分の魂というか掃き溜めに鶴というか、 何言ってんだかボクにも分からないが、見逃せない場面もあるんだこれが。それは、 らうちんイーキンを追っかける中で出てくる自転車チェイス

ROOT2-0

 いい大人が、しっかりした荷台のついた実用自転車で追っかけっこ。〈 ザ・ミッション 〉 の紙くずサッカーに匹敵する名シーンであると確信する。 さすが父さん、やってくれました。これら2つの場面以外でも、 自分の肉体をひけらかす〈 マッスル・モンク 〉といい、 気に入った女の子を魚獲りに連れて行く〈 十萬火急 〉といい、中学校高校の男子レベルのお遊びを、 大の大人がやらかすというファンタジー。しかも真剣に。〈 柔道龍虎榜 〉にいたっては、 全編柔道部状態なんだから恐れ入る。 北野武監督が小学生の遊びを取り入れてファンタジーしているとするならば、 父さんのほうはもうちょっと色気づいた中高生のノリ。

 こうやって言ってしまえばなんてことないが、北野武監督にしろジョニー・トー監督にしろ、勇気があるよなあ。

 

posted by 森と海 at 00:30 | Comment(4) | TrackBack(2) | Johnnie To
この記事へのコメント
こんにちは、TBありがとうございました。
自転車での追いかけっこは名シーンですよね〜。
いつもコメントいただいているある方のブログの感想によると、この映画犯人の動機がわからないという感想をよく見かけるがそんなことはないとのこと。
で、動機は、らうちんに遊んで欲しかったから、だそうです(笑)
Posted by micchii at 2005年12月11日 15:40
うわちゃー先越されたよ(笑)じつはコレも観たんだけど「一緒じゃん!しかもお仕事モードじゃん!」としかもオチまで同じというあらかさまな徹底振り。かえっておいら清々しい気分(爆笑)とはいえ同時期に1作目と続編ってのはキツイというのがよく解りましたとさ(^^;
Posted by tonbori at 2005年12月11日 22:46
>micchiiサマ
イーキンの絶える事のない笑顔からして、「面白くってしょうがない」風には見えますけど、それで納得させられるほど、全肯定的なファンじゃないですもん、ボク(笑)。
>tonbori堂サマ
その分本筋から離れた部分、例えば「コン・デン・チー」「コン」のようなやり取りをしつこいくらい繰り返していてソッチに目が行ってしまったり・・・。
Posted by 森と海 at 2005年12月11日 23:48
羅永昌などを共同すればよかった?


Posted by BlogPetの小太郎 at 2005年12月12日 09:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/10502163

デッドエンド 暗戦リターンズ
Excerpt: ラウ・チンワン、イーキン・チェン、ケリー・リン、ホイ・シウホン、ラム・シュー出演。ジョニー・トウ、ロー・ウィンチョン監督作品。 前作が好評を博したアクション刑事ドラマ「暗戦」シリーズの第2弾。前作に..
Weblog: Movies!!
Tracked: 2005-12-11 14:48

『デッドエンド 暗戦リターンズ』
Excerpt: 暗戦2(2001/香港) 【監督】ジョニー・トー/ロー・ウィンチョン 【出演】ラウ・チンワン/イーキン・チェン/ケリー・リン ずいぶんと数が増えてきたジョニー・トー関連作品、制??
Weblog: 愛すべき映画たち
Tracked: 2005-12-11 15:34
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。