2005年12月12日

**痛いものを見つけてしまった_CD編**

昔ひとの心に
言葉ひとつ生まれて
伝えてねこの声を
草の思い

 

 なにいきなりとち狂ってるかと言えば、偶然見つけてしまったのよ。はるか遠い昔、今からは考えられないぐらい純粋だった頃、 購入してしまったCDを。

 Sound Theater Library 「ふたり」
    Sound Produced by Joe Hisaishi

 発売は、NECアベニューなんだ(既に廃盤)、もう会社自体無いぞ。とっくにNECインターチャネルに吸収されて、 そのインターチャネルもNECから分かれているといった次第。中を確かめると、おいおい、準備稿の脚本まで同梱されてるじゃないか。 オクで売れるんじゃねーの?

 いや、そうなんだ。あの頃は、たしか大林宣彦監督の映画って好きだったんだなああ(遠い目)。 おそらくその頃の作品はすべて観てるんじゃ・・・いや、〈 ふたり 〉が最後ぐらいか。高橋かおりのなんとかいう映画は観とらんわ。 高橋かおりを最後に映画で見たのは、〈 誘拐報道 〉だわさ。って高橋かおり子供のときじゃん!「うち、オトーチャン好きや!」は記憶に残る名文句だよなああ。

 さて、大林ファンであるならば、必ず訪れるであろう尾道にも行ったもんさね。川崎からCOBRAに跨って三次のインターを降り、 新尾道駅のガードをくぐると目の前には瀬戸内の海が溜まっていた(広がっていたと書きたいトコだが向島のお陰でせまーい感じ)。 各ロケ地を回ってみたもんさ。「ふたり」のトレーラーが荷崩れを起こした坂も発見したよ。狭ーじゃねーか、 こんなところにトレーラーは入ってこれないヨ。なーんか車と後ろの家々に違和感があるなと思っていたが、 合成だった訳だ。いや映画って平気で嘘付いてコワイですねェー。あと、 ビー玉埋め込んだような路地にも行ってみたり、海岸端堤防沿いの立派なお屋敷も発見したり。COBRAで流していたとき見つけたんだが、 「はっ」と気付いて振り返って見てたら、地元のネーちゃんたちが「そうそうあれあれ」と頷いて笑っておった。彼女らにしてみれば、あの当時、 休みとなればあちこちから沸いて出てくる詣のバカ野郎どもを、いい加減うんざりしておったのかもしれないが、 それで潤った人達もいるんだからね(喜久ちゃんとこの西山別館はどうか知らん。 高級らしいのでバカ野郎どもの泊まれるような宿ではないようだ)。今めぼしい観光資源もない田舎町に住む身からすると、 羨ましっくってしょうがない。この町から、監督が出てロケでもしねーかなあ。

 さて、こんなことをぺらぺらと書けるようになったのも、ずうずうしいオッサンになったからこそ。 気恥ずかしいものをネタとして使えるくらい開き直れるほど、歳を重ねたってことなんだなあ。しかし最後だけは、「甘美な青春の思い出」 などと小奇麗にまとめてみたかったものだが、実際には触らないほうがいいのについ触ってしまう「酸っぱいカサブタ」なのであった。

 

posted by 森と海 at 22:08 | Comment(6) | TrackBack(0) | hoge
この記事へのコメント
こんにちは。尾道の寺港ともうします。
実は痛い事に僕も、そのCDもっています。
地元を離れていた頃かったものです。
今でも家のどこかにあるでしょう。

観光日記みたいなのは、かずかず拝見しますが
このエントリの思いでの色褪せ感が
ちょっと気持ちうれしかったのでコメントさせて
いただきました。

年末の大掃除でもみつからないCDですが
今年もし出てきたら、プレイヤーにかけて
みたいと思います。ありがとうございました。
Posted by 寺港みやび at 2005年12月13日 12:58
「転校生」「時をかける少女」「さびしんぼう」の尾道三部作と「ふたり」は当時けっこうお気に入りでした。
私の恥ずかしい過去・・・天地真理のポスターを部屋に貼っていた事。
Posted by samurai-kyousuke at 2005年12月13日 20:39
おいらもねえ尾道行ったよおってのはsantapapaさんとこでばらしたけども(笑)ここが『転校生』の石段オチのとこか!とかおおここで小林聡美がチャリぶっこいたとこかとかここが知世が歩いた小道なのねとかそういうことがありましたなあ(遠い目)
Posted by tonbori at 2005年12月13日 23:29
>寺港みやびサマ
本物の尾道在住の方のカキコミ痛みいります。いや、なんともお恥ずかしい。もう十数年前でしょうか、いまなら山陽道からのアクセスが普通ですね。三次を降りて小一時間、海が見えたとき、着いたことを確信しました。
>samurai-kyouusukeサマ
天地真理は当時はナンバー1のアイドル。その後がああだからって、何故気恥ずかしくなるのかボクも疑問です。そんなに卑下することでもないはずなのに?やっぱりその後オバチャンオバチャンした姿を晒したからなのでしょうか(笑)。
>tonbori堂サマ
ボクね、TOMにも行ったよ。居酒屋TOM。旨い日本酒いただいて、前後不覚に陥った。
Posted by 森と海 at 2005年12月15日 22:08
え?TOMって喫茶店じゃなかったっけ?ておいらもいったデスよ。記名帳にオタ系サブカル模型エディターあさのまさひこの名刺があったよ。
Posted by tonbori at 2005年12月16日 00:40
ある時期、居酒屋だったみたい。ボクが騙されてなければ・・・(笑)。
Posted by 森と海 at 2005年12月19日 21:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。