2008年09月13日

**イロイロある〈 探偵物語 〉の中でもかなり変**

 と言う訳で、何故借りたのか分からない映画が有ったんです。それが〈 探偵物語 〉。

 もう意味不明。何故借りたのか???

 本編を見始めると、冒頭に「真樹プロダクション」って出てくるじゃない。真樹プロって言えば、真樹日佐夫先生のとこですよ。 パンチパーマの空手家にして、漫画原作者。そうです「ワル」の原作者で、映画版にも出演。”地平同”の主催を堂々と演じてましたなあ。 哀川翔が男を上げてました。うんうん。んで、監督は・・・、三池さんだったヨなあ。

 なるほど借りた理由はソレか!

 

 主演は・・・?!、IZOじゃん!中山一也、ある意味本物じゃん!ほうほう、真木蔵人、阿藤快に渡辺裕之、女優は井上晴美かあ。

 で、ファースト・シーンは、・・・グログロです。なんかね、肉片をすり潰してるよ(オイオイ)。誰よこれ? こういうマッドな人の役は、一昔前なら天本英世さんとか大村千吉さん(古!)とか、いかにもって人が演じたものなのに、・・・ シェケナベィビーなんなんだね。白髪の異常の人の需要をこなせるのは、他にはいないということなのね(笑。

 もうノッケから異常。一見さんお断りならぬ常人お断りの様相を呈して参りました。たぶん映画だとはいえ、 オリジナルビデオリリースオンリーさんでしょうから、これもアリ。つーか、真樹先生のファンか三池監督を追っかけている者しか見ないよね、 こんなの。

 タイトル通り探偵モノなんですが、よりによって中山一也さんが元刑事にして探偵という悪い冗談のようなキャスティング。 単に探偵というなら納得出来ますけど、元刑事なんですよ。洒落キツイやろ。・・・んー、 でも意外と型破りな探偵って云うのは似合っているような気がします。

 ストーリーは、言っちゃ見も蓋もないタイプで、伏線ありーの、複雑に絡みまくる人間関係ありーの、最後に全部集約されーのなんで、 言いません。けど、猟奇的なんでご注意されたし。途中には「羊たちの沈黙」やら「レッド・ドラゴン」などのパクリも多数。 猟奇でレクターをパクるなんて、普通間違ってもやらないでしょうが三池さんはやるんです。半分ジョークかいな?面白がってんだろうなあ。 ちなみに、別にオカルトでもないはずなのに、中田秀夫監督の手法も真似たりして、心霊色を煽ったりもしています。 やっぱり面白がってんだろうなあ。つーか、絶妙だよ、ドキっとしたぞ。

 とりあえず、最後まで見た者として発言しますと、心霊はブラフだし、複雑に絡む人間関係もヤッツケなんですけど・・・ね(爆。

 ただし、ただし、ただーし、ラスト、エンドロールが流れる数秒前はキケンです。〈 デッド・オア・アライブ 〉 ほどではないにしても、常識をひっくり返すことが起こります。この世界の統一性とか原理原則を金科玉条とする人は怒らないでね。 もう遣りたい放題なんです三池さん。そういう人だし諦めましょう。

  まあ、そんな人がワザワザこいつを手に取ることは無いでしょうから杞憂でしょうが。

DVD_VIDEO-1

 画像は警察署長役の真樹日佐夫先生。やっぱ凄いダミ声だぁ。

 

posted by 森と海 at 00:38 | Comment(4) | TrackBack(0) | 三池崇史
この記事へのコメント
IZO組の面子でまたやってますって感じかな(笑)

でも中山さんって色々あるけど、こうやってちゃんと出してもらえるってのは真樹さんの若頭?というか若い衆ってのと、ある意味魅力あるんだろうなあ、ようしらんけど(笑)
Posted by tonbori at 2008年09月13日 21:16
凄いの借りますね。
レビューだけでお腹いっぱいです。
踏み込まない様にしておきます。(笑)
Posted by samurai-kyousuke at 2008年09月14日 18:26
>tonboriサマ
エエーッ、中山さんて真樹道場の門下生だったの???端なるホンマもんの〇〇かと思ってた。そんでもって、三池さん面白がって使っているとばっかり・・・。

>samurai-kyousukeサマ
半分義務感に駆られて、半分カッコ付けてライフワークぶって、三池さんを追っかけてます。結構追っかけするには、体力使ったりします。
Posted by 森と海 at 2008年09月15日 19:31
ごめん、書き方悪かった。真樹さんとこの門下に入れてもうたか、もしくは『この人は大物や、修行させてください』『よっしゃ』じゃないかなあという妄想です(^^;まぎわらしくてごめんなさい。

多分真相は、森と海サンの考えてる辺り(三池チョイス)に落ち着く感じだと思うッス。でもほんまに門下なら最強(凶?狂?)やろうなあとは思うんやけど。
Posted by tonbori at 2008年09月19日 02:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/106471643
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。