2006年01月01日

**怪物には怪物の道理があり〈 ヒューマン・キャッチャー(ジーパーズ・クリーパーズU) 〉**

 マッハは、アレだけ後頭部にパンチを受けてディフェンスできる訳ないわな。
 武蔵カッチョワル!アレはないだろう、ガタイがいい奴には判定にしか持ちこむしかないのかぁ?
 金子賢になにが起こったの?教えてよ事情通な人?
 魔裟斗と勝ったんだ、ふーん。
 ミルコvsマーク、それとは別のリングの所vsホイス、お互い上がるリングが違うんじゃない?
 うわああ、小川vs吉田、曙vsボビーが同じ時間に始まったよ。ってどっちを見るって言えば、 そりゃもちろん2人の柔道家の試合のほうが興味がある。・・・・・終わった。なんだこの感動的な結果とショボイ結果は!
 KIDvs元気・・・K-1は本気でKIDをセンターに持ってこようとしてるようだな。ボクだけかもしれないけど、KID大嫌いなんですけど。

 と、大晦日の怪物たちの死闘を箇条書きに書いてみた。

 

 で、なんだけ?おお〈 ジーパーズ・クリーパーズU 〉だ!

 暮れの忙しい合間を縫って、たまにはバカ映画の一つも観ないと自身がバカになるぞっていう強迫狂想観念に後押しされて見たのだった。 〈ジーパーズ・クリーパーズ 〉はしっかと鑑賞済みだったし、これ以外にはないという確信の元の行動だった。

 大方の皆さんがご存知の通り、新たな都市伝説「23年ごとの23日間、人を喰らう怪物。捕食される人間に勝ち目なし」という、 2作目以降に変化のつけようもない設定に、配給会社も涙ぐましい工夫しているよ。監督・脚本ヴィクター・サルヴァのまま、原題は〈 JEEPERS CREEPERS U 〉という誰がみたって続編と分かりきっているのに、邦題 〈 ヒューマン・キャッチャー 〉などと、1作目をなるだけイメージさせないように努力している。 1作目が売れなかったからってそりゃ無理な努力だよ。

 ところが、ダメダメな怪物物という間違った期待は以外に裏切られることとなった。 前作では前半スリラー後半ホラーというアメリカでは受けた華麗なる転身も国内では受けなかった。 これはすべからくこの国の国民は肝心の怪物の姿があらわになると引くくせに、 姿が見えないと訳が分からないとブー垂れるコマッタちゃんだからだ。で、今回は配給元の宣伝マンが頭を悩ました通り、 清清しいほど最初から姿を曝け出す。いいんだよ、もう分かってるんだから辺に隠すこたーない。最初から大暴れしれ!! スリラーでもホラーでもなく、既に了解済みのモンスターものなのだから。 バスケットボール全国大会優勝校の面々の乗ったバスがメインの舞台だが、こいつらが群集劇などをかましてくれる。 極限状態に陥った時の人間性とか何とか。最近見かけないほどのエゴ丸出しなスコット君は、ある意味「早く餌食になってくれ」 と願うに充分な人材だ。白眉なのが、序盤に息子をクリ―パーズに連れ去られたオヤジさんが、 すべてをかけてクリーパーズを狩ろうと執念を燃やすこと。人間は敵わないという前提条件を覆しかねないオヤジさんの強い意志に拍手! このオヤジさんがいたお陰で、ダメダメのなりそうな本作が一本筋が通ったものとなっている。ラストシーンを見たら、 何てことない親父に敬意を持つと思うよ。いや実際、ボクは敬礼しそうになった。

 バカはバカでも、芯が通っていた。ということで、あらら明けちゃった、オメデトウございます、今年もヨロシクお願いします。

 

posted by 森と海 at 01:14 | Comment(4) | TrackBack(0) | Movie(米)
この記事へのコメント
あけましておめでとうございます。
「ヒューマン・キャッチャー」も「ドリーム・キャッチャー」も未見です。ソフトボール・チームでキャッチャーやってるのに・・・。(笑)
吉田vs小川は、素質で上回る小川を、PRIDEでの激戦で進化した吉田が凌駕したという感じでしたねぇ〜。シウバ、ハントに顔面ボコられ、田村にローで痛めつけられた経験が吉田のスキルを押上ましたね。
K-1の方は、これからじっくり見ます。
今年もよろしくお願いいたします。
Posted by samurai-kyousuke at 2006年01月01日 07:49
あけましたなあ2006年。今年もよろちゅうことでひとつ。
紅白、K-1、PRIDEの視聴率対決はいったいどうなったのかも気になりますがおいらはメインイベントが始まるまでゼロ戦の話を見てますた。で終わった頃に丁度メインってめちゃくちゃ出来すぎ?(笑)

でこれちょっときになってたんだす>ヒューマンキャッチャー
ちょっとスルー映画祭りリストにいれようかしらん(笑)
Posted by tonbori at 2006年01月01日 14:03
私も未見だもんで、挨拶だけな(藁)。
あけましておめでとうございます。本年もよろしく、このズボラな私に「これを見んかい」とご指導ご鞭撻くださいませ。
そうそう、CSで「ゴジラVSビオランテ」見ちまったよ。笑い通り越して怒りがふつふつと(藁)。
Posted by acoyo at 2006年01月02日 12:01
>samurai-kyousukeサマ
 tonbori堂サマ
 acoサマ
 おめでとうございます。本年も相変わらぬご贔屓の程、宜しく御願い奉ります。
 ふーん、皆見てないんだ。以外に面白いのに。ボクの中では、〈1〉より上です。ボクが言うのだから、押して知るべしなのは言うまでもないことです・・・。(爆)
Posted by 森と海 at 2006年01月04日 01:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。