2006年01月13日

**yesasiaの売れてるトップ3は!?**

 yesasia.comの香港映画DVD売れ筋トップ3を、眺めていて気付いた。殆どぼーっと眺めていて、確信に近いぐらいの思いつき。

 今日1月13日(金曜日)現在、下のようになっている。
  1位 〈 SPL / 狼よ静かに死ね(殺破狼) 〉
  2位 〈 猛龍 〉
  3位 〈 エレクション(黒社会) 〉
 なんだか共通点がありそうなのだがなあと思いつつ、確認してみたら、とある役者がすべてに出演。

 Simon Yam  サイモン・ ヤムが出てる(笑)!いつから君はこんなに売れっ子になったのだよ?やっぱり饅頭作ったりして、 下積みはしとくもんですなあ。

 そうは言いつつ、1位と2位にはサモハンが出ているという共通項があったり、4位は〈 セブンソード(七剣) 〉が入ってて、そこと1位にドニー・イェンがいたり、3位と4位にはレオン・カーファイがいたりして・・・。若手は順調に伸びてきているようだけど、オジサン連中を惹きつけるにはまだまだ彼らじゃ弱いのだよ。映画の製作本数が基本的に日本などに比べてべらぼうに多いこと、製作期間がともかく短いことを鑑みても、客を呼べる大人の役者不足は深刻なのだなあと他人事のように思うのであった。・・・ただの思いつき(マル)

 そりゃそうと〈 SPL 〉はどうやら大ヒットらしい。こうなるとオジサン同士の格闘モノが雨後の筍のように出てくるは必定。と思ってたら、ここへ来て日本発の大ニュースが!
 web-tonbori堂サンで知ったのだが、「ソニー千葉vsドラゴン倉田」という企画が持ち上がっているらしい。その名を〈 マスター・オブ・サンダー 決戦!!封魔龍虎伝 〉!!さすがは、倉田サン香港映画の潮流を読んでいらっしゃる。題名もどこか香港っぽいし(笑)。でも期待大!

posted by 森と海 at 22:42 | Comment(2) | TrackBack(0) | 俳優さん
この記事へのコメント
やはり締めるべきところには締めてもらわないといけないのは香港でもハリウッドでも日本でも同じ。
そういうベテランさんと新人君の息もぴったりだとその映画は面白いのは間違いないし(^^)
Posted by tonbori at 2006年01月16日 23:23
香港て意外と、主役級の役者には事欠かないが、脇を固める役者に苦労しているのかなあと。裏方さんが端役を務めることはザラなようだし、現に林雪のように事務方出身の人もいますしね。
Posted by 森と海 at 2006年01月17日 22:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。