2006年01月17日

**もう一度観直すべき〈 ウルトラQ 〉**

 最近、ふと思い立ってデジタルリマスターされた〈 ウルトラQ 〉を見直している。なんてことない、特撮への渇きがそうさせた。

 確かに古いしテレビシリーズということもあって、予算の乏しさは否めない。 ロケでどうにかなりそうなダンプトラックが土砂を捨てているだけの場面さえ、わざわざミニチュアワーク。 今の時代から考えるとかえって高くつきそうだが、当時の円谷プロでは、この方が安上がりだったのだろう。いわゆる怪獣メインであるが、 怪獣が出てくる場所は野っ原だったり、山の中だったりして、町並みは割と少ない。町のミニチュアセットは手が係りすぎて、 そう毎週という訳にはいかなかったことは理解できる。ウルトラマンシリーズなどの場合、 露骨に街中に巨人格闘用の広場が用意してあったもの。

 

 そんな安さ爆発な〈 ウルトラQ 〉ではあるが、なかなかどうして侮れない。監遜は故円谷英二氏である。

story7  第7話:SOS富士山(岩石怪獣ゴルゴス登場)は、火山活動の兆候が見られる富士山に、 例によって、万城目・由利子・一平の3人が赴く。サイドストーリーとして、4歳の時に村海で行方不明となり、 野生児として成長した青年の話を織り交ぜつつ、村海にゴルゴス登場となり、主役級3人も逃げ惑うことになる。 ストーリーは頭が水平になるくらい捻ってしまうものだし、前述の通り村海ということで破族のカタルシスもない。その上、 ゴルゴス自体も魅力に乏しく、こいつの動きといえば唸ってただ這うだけ。怪獣モノとしては、正直退屈である。

 しかしアピールしなければならない得意の精巧なミニチュアのビルが存在しないお陰で、カメラワークは極めて大胆である。 カメラの高さを人の目線に固定し、頭上の何もない空間には迫ってくるゴルゴスの頭部が画面からはみ出すほどの大きさで写しだされる。 本来スーツメーションでは、アップは厳禁(質感や細部のアラが移りやすい)なのだが、 モノクロであるため質感がつかみにくいこともプラスに働いている。広角のレンズを通したかのような、 肉眼ではあり得ない被写界深度の深さであるが、ゴルゴスの巨大さはこういうカットだけで表されている。また、 それと対面にあたる怪獣の肩越しに逃げる人々を追いかけるショットも存在する。四足怪獣の肩越しという「何処から見てるの?」という神の目線 (笑)ではあるが、これまた2つの被写体を一つの画面に収めることで大きさの対比を見せている。

 昭和41年といえば、東宝では〈 モスラ 〉や〈 世界大戦争 〉が作られた年である。どちらも特技監督は円谷英二その人であった。 これ以降だんだんと東宝怪獣映画は、複数の怪獣を登場させて「怪獣プロレス」と揶揄された対決物へとシフトしてゆき、一方の円谷プロも 〈ウルトラマン 〉シリーズを始める。思えば、怪獣が単体で登場し、感嘆と畏怖の入り混じったSOW(sense of wonder)な画面はこの頃が境であったのかもしれない。

TSUBURAYA PROD. OFFICIAL SITE

 

posted by 森と海 at 22:24 | Comment(5) | TrackBack(0) | Movie(邦)
この記事へのコメント
怪獣の写し方ってホント想像力が試されるなあと、この前ウルトラマンマックスを観た時に思ったよ。
そんなときにQとかマン、セブンとかも凄いけど新マンも結構気張っている回多し。
Posted by tonbori at 2006年01月18日 01:17
よくよく考えると、セブンぐらいまでは見直してるんだけど、ジャックは放送時コッキリだ。お陰で見逃した第一話、タッコンクとアーストロンとあと一匹忘れたの回は、未だに謎なのだ?
皆が言ってることなんだけど、何回東京壊滅させれば気がすむのでしょうか?
Posted by 森と海 at 2006年01月20日 21:23
タッコング、アーストロン、ザザーンの三大怪獣登場の回ですね。ちなみに"タッコング"は名称といいデザインといいなかなか秀逸ですねぇ〜。Y(^.^)Y
ウルトラQというと、子供の頃は今ひとつだと思っていましたが怪獣の出ない回にも傑作が数多くありますね〜。
Posted by samurai-kyousuke at 2006年01月22日 01:04
「あなたの目はあなたの体を離れて、この不思議な時間の中に入っていくのです」
『ウルトラQ』はガキんちょの頃よく見てて、怖かったですよ。オープニングのギギギギした感じと、石坂浩ニのナレーションと共に結構印象に残っています。人工生命M1号とか、半魚人とか、ケムール人とか、怪獣よりはそっちが印象かなあ。あとペギラとかガラモンは目が眠そうなのが印象に残ってます(^^;。

タッコングといえば「怪獣音頭」の歌詞で「タコによく似たタッコング」と歌われていますが、それはちょっと違うのではないかと(^^;。
Posted by サンタパパ at 2006年01月22日 09:39
>samurai-kyousukeサマ
シーモンス・シーゴラス・ビーコン・ムルチ・ベムスターと新マンまでは怪獣を覚えてますねー。それ以降のシリーズはさっぱり覚えてない。作品が低年齢化したのかはたまた自分が成長したためなのか?
>サンタパパさま
ま・さ・に・アンバランス・ゾーン!
邦版ミステリー・ゾーンを目指していた最初の企画の名残でしょうね。あのナレーションは。
Posted by 森と海 at 2006年01月22日 23:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/11836827
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。