2006年01月27日

**早くもサニー千葉対ドラゴン倉田実現か?!**

   executioner すわ、〈 マスター・オブ・サンダー 決戦!!封魔龍虎伝 〉のスチル流出か?!

 んなこたーない。2人ともえらい若ーじゃんよ。これこそは幻のジャパニーズ・カンフー・スター競演の映画〈 直撃!地獄拳 〉だっー。監督は、惜しくも昨年亡くなった石井輝男大先生。(ちなみにこのような宣伝スチルは残っているが、本編中にこのような2人の絡むショットは無い。それどころか一緒のフレームに収まる場面さえない。 スケジュールが合わなかったんだろうなぁ。)

 

THE_EXECUTIONER-2_s THE_EXECUTIONER-6_s さて、物語はと言えば、警視総監を辞任した嵐山(池辺良)の指示により、恵美(中島ゆたか)が集めた三人(1. 元警視庁麻薬課課長にして現在は一匹狼の殺し屋隼猛(佐藤充)  2.元合気道師範で現在は殺人罪により死刑囚の桜一郎(郷[金英]治) 3. 甲賀忍法宗家の摘子で現在は探偵事務所を経営する甲賀竜一(千葉真一) )が、ニューヨーク・マフィア日本支部総支配人マリオ・水原(津川雅彦)率いる麻薬密輸シンジゲートを、ゴリゴリの力技で壊滅させる話である。途中、ニューヨークから帰国したマリオ・水原が、 腕ッコキの用心棒(闘犬闘拳チャンピオン(闘拳が正しいらしいがどう見ても闘犬だろ?)のローンウルフ (安岡力也)やボクサー崩れのブレイザー・ 西山(西条正三) ら)を連れているのを目にした隼は、 助っ人を頼みに後輩のいる道場に行く。 そこにいたのが倉山田(倉田保昭) だった。 2人はローンの終わっていない倉山田の車をすっ飛ばして、水原のアジトに向かう。

 

 

 たぶん当時は大真面目のカンフー拳法アクション映画だったんだろう・・・・・かぁ???

 

 

THE_EXECUTIONER-4_s  この前の〈 殺人拳 〉シリーズにしても多少、ギャグやオフザケな部分はあったし、〈 殺人拳 〉 でお馴染みの肋骨掴みは本作でも披露している。しかし〈 殺人拳 〉のそれに比べると、オワライの比重がちょっと多くなっているかなあ? しかしアクションについては大真面目なんだろう、きっと。言っとくが、 あくまでも当時の基準に照らし合わせてみればってことだぞ。香港で、 ジミーさんがクンフー・スターだった当時の基準でだ。だから、日本でもアメリカでも、 当時 は、本格拳法アクションとして、拍手喝采だったのだろう。見よ! このヒジを叩き込んだ千葉ちゃんの雄姿。キャプチャーでは分からないが、動画ではキメのポーズとして、 静止して見得まで切っている。歌舞伎だよ歌舞伎。やはり、タランティーノが敬愛してやまないだけのことはある。それまでは、 単なる殴り合い、ちょっと気が利いたものでもブロークンなボクシングスタイルしかなかったアメリカン・アクション。 そこにブルース・リーが、カンフー・アクションをちょこっとだけ披露して門を閉じてしまった。 新次元のアクションを渇望していたところに、〈 The Exedutioner / 直撃!地獄拳 〉全米公開!こりゃ、 飛びつきますわ。あくまで当時の基準では!でもタラって今でも『グレート!』 とかヌカしやがっているんだろうな。

THE_EXECUTIONER-3_s 千葉ちゃんもかなりリーを意識したスタイルで戦っているが、 もう一方のカンフー・マスター倉田ちゃんはと言うと、これがまた体の線が細いことも相まって、 一段とリースタイルが板についてる。この作品の中で、現代の基準で安心して見られる格闘、 それがドラゴン倉田のカンフーだ。速い鋭いトホホな台詞という3拍子そろったアクションを展開。 敵の卑怯な攻撃であっという間に命を落とすと言う非常に印象に残る挿話だが、要は顔見世ってことで。 この時千葉ちゃんとも絡んどけばなあ、〈 封魔龍虎伝 〉が別な意味で面白くなったと言うのに、残念。 ちなみに倉田今際の際の台詞は「先輩ーィ、車の払い、お願いしますよぅぅぅ。 」。やっぱ、アカンわ(笑)。

 当時の基準では、ギャグありのカンフー拳法アクション映画のはずが、 現代の基準では、アクションさえもギャグに見える本作、東映は何故DVD化しないのであろうか?東宝は 〈 ルパン三世 念法珍作戦 〉のような、大方の人がほとんど忘れかけていたモノさえ発売しているというのに。千葉サイドの強硬な反対があるのか? タラが云々なんて、さきほど言い放ってしまったが、実のところタラの千葉チャンへの傾倒ぶりって、 珍しい動物でも見るかのような視線なのかもしれない。ボクらが上野動物園に行くように(爆)。 いやダメだって言ってるのではない。 ダメを突き抜けて遠い銀河の向こうにまで逝ってしまっている本作はBRAVO! なことは間違いなしなのだ。

THE_EXECUTIONER-0_s

甲賀竜一の少年時代ですが、誰でしょう?

posted by 森と海 at 23:26 | Comment(3) | TrackBack(0) | Movie(邦)
この記事へのコメント
暑苦しいまでのキャスティング。でナイスなこの存在感。おっしゃるとおり東宝も古い原版でうまい商売やってんだから東映もするべきなのにねえ(笑)
でも当時はこれでも凄かったと思われ。
Posted by tonbori at 2006年01月30日 01:03
連投スマソ
一番下の写真の答えは最近派手な衣装でドンゴンとニコラス・ツェー、セシリア・チャンとCMに映ってる人ですな?
Posted by tonbori at 2006年01月30日 01:13
サニー千葉の〈 殺人拳 〉やら〈 地獄拳 〉やらが、リリースされないのは、千葉サイドが押えてるとしか思えないんだよねー。しかしここへきて〈 女必殺拳 〉のリリースが決まったことから、これから順に小出しされてくるのは間違いないでしょうな。

ピンポン!!セシリアに乗っかる兄ちゃんです。
Posted by 森と海 at 2006年01月31日 12:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。