2006年01月28日

**昔は邦画も余裕ってものがあったんだ〈 ―直撃!地獄拳―大逆転 〉**

 あのう、今日ですね、GEOで〈 フルタイム・キラー 〉を¥1,480で発見。ボク、 トーさんの'97年以降のハードボイルドものは、殆ど所蔵しているのですが、これだけ持ってません。買いでしょうか(もちろん、 内容がアレなことは重々承知の上です)?

 さてインターネット人生相談も済んだことなんで、今日のメニュー、昨日に引き続き、石井輝男監督の〈 ―直撃!地獄拳―大逆転 〉!!なんかこんな風にバーンと出しちまうと、 あのテーマ曲が流れ出してきそうじゃん。

 

 前作のギャグ満載の拳法アクション映画が、以外に快く迎えられたのか、ギャグを全面に出して作りこんでおられますぞ。 看板だったアクションは、すっかり刺身のツマほどに追いやられ、完全にギャグ映画と化しております。

KARATE_INFERNO-5_s  マリオ・水原一味を壊滅に追いやったあと、1. 探偵事務所は畳んだのか自衛隊レンジャー舞台に入った甲賀竜一(千葉真一) 2.元の暗黒街の殺し屋に戻った隼猛 (佐藤充) 3.女と暮らし初めて脂下がった桜一郎通称トンチキ(郷[金英]治) らは、再び恵美(中島ゆたか)によって、再集合するのだった。今度の得物は、 六億円の保険がかけられている“ファラオの星"だーっ。

KARATE_INFERNO-2_s  って、ああー阿呆らし。この映画のあらすじなんて論って見ても、面白くも何とも無い。前作では、 ”恵美の下半身を凝視したり”、”敵アジト襲撃には一人遅れをとったり”していた桜が、 コメディリリーフとしてその使命を一身に背負っていたが、本作では桜だけでなく、他の2人プラス恵美まで、 知能が30ばかり低下したようだ。裸、スカートの中覗き、鼻水、フケ、獅子舞女、小便垂らしといったような、 小学校低学年生が大喜びそうな見た目の面白さ優先のギャグを、千葉チャンや充兄ィまで繰り返す。

 

KARATE_INFERNO-3_s  トンチキの鼻水垂らしは、繰り返し繰り返し出てくるけど、 この人は元々がコメディリリーフとして起用されてますから。宍戸開クンのオジサンは、 コワモテを逆に利用してガムバッテますよ。それにつけても、隼こと佐藤充さんは、 頭から卵の黄身を被ったりして、本来こんなことする人じゃないでしょ(笑)。 何気に目がコワイよ(笑)。2人に限らず、 この一連の作品に出演して阿呆なこと繰り返している役者さんたちは、 製作自体が東映ということもありヤクザ映画にわんさか出演していた顔立ちのやさしい方ばかりである。なんというか、 そのギャップもいとをかし。

 

KARATE_INFERNO-0_s

 それにしても、数少ない千葉チャンのアクションシーンの一つなのだが、・・・・・ やっぱりジミーさんレベルの後蹴りだ。ほんとに細かい部分ではあるけれど、なんというかそのう・・・ ショボイ。例の息吹(コォォォってやつ)とか連続パンチとか前蹴りはキマってるのだが、後ろと横への蹴りは、 なーんかバランス崩してるんだよなぁ。関根努さんがよくマネするじゃない、テレビなんかで。あれって、 「またまた芸人さんが強調しちゃってぇ」なんて思っていたのだけど、違ったの。関根さんはもうほんっとに忠実にマネしている。 いやもうそっくり。関根さんの横蹴りも体流れるもの。

 幼稚で、下ネタまみれで、くだらないギャグ満載のこの映画、「なんかに似ているなあ」と思っていたのだけど、分かったよ。 全員集合でもなくドリフ大爆笑でもなくカトちゃんケンちゃんでももちろんない。 これは、バカ殿様だ。本来、顔を白塗りにでもしなければやれないネタを、 彼らはイカツイ面でやり遂げている。どっちが先かといえば、バカ殿の作家がこっちを真似しているのだろうね。いずれにせよ、この作品の題名はちょっと違うかと、〈 底抜け地獄拳 大脱線 〉くらいが適当に思う。これくらい規格外の映画を作る余裕も、客の方も怒らずに観るだけの度量もあったということだよ、当時の日本映画界って。

KARATE_INFERNO-9_s

一服の清涼剤、スー・シオミ!

 

posted by 森と海 at 23:22 | Comment(3) | TrackBack(1) | Movie(邦)
この記事へのコメント
『フルタイム・キラー』、自分はヤフオクで新品のを1000円で買いました。
全作品揃えるというためだけに、1500円までなら“買い”だと思います。
もうご存じかもしれませんが、『ブレイキング・ニュース』は5/5発売みたいですよ。
Posted by micchii at 2006年01月29日 00:05
父さんの作品を全て抑えるなら買い>フルタイムキラー。
一応内容確認してからってんならスルーしてもよしでは?但し次回手に入るかは微妙かも。
Posted by tonbori at 2006年01月30日 01:18
お二人のサジェスチョン、痛み入ります。
結果からいうと、中古Vっていうものは、「一期一会である」という教訓に基づいて行動したいと思います。
Posted by 森と海 at 2006年01月31日 12:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/12420206

直撃!地獄拳
Excerpt: 甲賀の血を受け継ぎ忍法・拳法・空手を操る探偵・甲賀龍一が、仲間とともに国際麻薬密売組織に潜入し暴れまわる!千葉真一を主演に迎え、石井輝男監督が初の空手映画に挑んだ作品。
Weblog: DVDジャンル別リアルタイム価格情報
Tracked: 2006-09-12 02:14
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。