2009年10月05日

**問題はDeAGOSTINIの戦略にのるかそるかだ**

という訳で、お約束の「東宝特撮映画DVDコレクション創刊号を買っちゃいました。ええ、¥990にて〈’54ゴジラ〉ゲッツです。

こうなるとボクの行うべき行動は唯一つ。付録DVD(というかこっちがメイン。書物のほうはまったくおざなりなお仕事で残念です。もうちょっと凝った内容なら資料的価値があるのですが。例えば、東宝特撮お馴染みのブンヤの面々を演じる大部屋役者のリストとか、故大伴昌司さんじゃないですけど図鑑とかあればね・・・。)の内容を見ていきます。

まずは画像から。以前**BFI盤の〈 ゴジラ 〉が届きましたよ**にて、東宝版〈ゴジラ〉のキャプチャーを上げてますが、まさしくあの絵です。東宝がまさかこんな企画のために、ワザワザ再オーサリングするはずもないので当たり前といえば当たり前です。

次に音声ですがこいつは違います。上の画像は東宝のWebから引っ張ってきたものですが、4つ音声が収録されています。メインはオリジナルのモノラル音声をPCMで収めたものですが、DeAG版のほうはドルビーデジタル2ch収録一個のみです。ドルビーデジタルにはモノラルというカテゴリはありませんので、2chにモノラルを流したものです。音声解説は省かれるというのは予想通り。

そして、コレが重要ですが、日本語字幕がありません。音声の収録状態もお世辞にもいいとはいえないあの状態で、あのモゴモゴとした志村喬さんの台詞ややたら早口な平田昭彦さんの台詞を聞き取らねばなりません。もしも初めて観るというなら絶望的です。

ということで、第2号が〈モスラ対ゴジラ〉ですが、こちらも2003Remix(日本語)5.1chドルビーデジタル音声も日本語字幕も収録されないのでしょうなあ。

とりあえずそんなことは眼をつぶって、欲しいものだけを選んで買うという賢い選択もあります。ありますが、「〈スペースゴジラ〉は別にいらないんだけどせっかくココまで買ったんだから揃えたいなあ」などというコレクター魂が発現してしまう恐れもあります。それがDeAGOSTINIの戦略なのですから・・・。だったら、最初から手を出さないという選択もあったんですよね。

ちなみに第2号からは¥1990なり。東宝発売のものが¥4725ですからかなり安い。多少削っているとはいえ驚きの半額以下。でもね、レンタル¥100〜200で借りてきて、ゴニョゴニョして、生の2層DVD¥300にゴニョゴニョしたほうがはるかに安上がり。ただしコレクター魂は満足できぬ。さあてと、どうしたものか(笑?

posted by 森と海 at 19:54 | Comment(2) | TrackBack(0) | Movie(邦)
この記事へのコメント
東宝のコンテンツっていうのはちょっと驚きだったけど、
最近のこーゆう商売も行くとこまでいってるなあという感じですね(笑)
確かにゴニョなら安く付くけどならばオリジナルのジュエルケースのDVDを買ったおいらの立場は(苦笑)
ちなみに正札では買ってませんけどね、それでもディアゴスほどは安くは無かった(爆)
Posted by tonbori at 2009年10月06日 00:00
確かに驚きですよね、あんなに強気の販売だったのに。東宝は主戦場をBlu-reyと決めたのでしょうね。
ああ、BFI版を買っといてよかった。音声は貧弱だけどwww。
Posted by 森と海 at 2009年10月06日 23:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/129570793
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。