2006年02月19日

**弁明です。パクってないってばさ**

 ようやくのこと、〈 攻殻機動隊 S.A.C.2nd GIG 〉のラスト四話、「橋が落ちる日 MARTIAL LAW」から 「憂国への帰還 ENDLESS∞GIG」までだ。今更遅いって言うなよ。こちとら、深夜に日テレ観れるような地方ではないし、日・米・欧・ 香、しかも真面目なバカ映画から不真面目なバカ映画、合間にはアニメ・特撮までチェックしているのだ。ようやく回ってきたってことだよ。

 んでもって、「笑い男事件」に勝るとも劣らない「個別の11人事件」、なかなか美味でしたぞ。堪能いたしました。

 

 

 って、そんなことじゃなーーーい!

 米帝による出島への核攻撃って、・・・まずいじゃねーか。現在進行中の「妄想特撮シリーズ 亡国の破壊神サイドB」はまんまじゃんか!まるで、そのままなぞったみたいじゃないか。 まるで、オリジナリティ無いようじゃないか。

 いや、もちろんのこと長い映画鑑賞歴やら小説読破歴からの影響はあるよ。それは認める、素直に。レーザー砲衛星なんて概念は、 〈アキラ 〉だし〈 vsメカギラス 〉だって言われれば、認めざろう得ないし。しかし、 国家が他国に自国領土への攻撃要請をするっていうのは・・・、こりゃあかんわ。

 みっともない弁明ではございますが、〈 攻殻 2nd 〉は本日見ました。このトカゲ頭に誓って!

 お陰で、本日アップ予定の〈 大澄賢也がデビルマンだった件 〉はすっ飛ばしました。こいつは明日以降に持ち越しということで。

本文が何を言ってるか全然分からないという人は、 web-tonbori堂ブログ妄想特撮シリーズを、試しに読んでみましょう。 読むならINDEXの順に。

 

posted by 森と海 at 23:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | hoge
この記事へのコメント
それをいうなら結構おいらの空戦シーンも某〇ージス(原作)が結構影響してあとで気がついたらもうヤバイって感じ。本人はエリア88とファントム無頼ののりやったんやけどもあとで考えるともろやんみたいな。でもお約束なんでそこらへんはと思い書き直しせずそのままアップすますた(^^;

森と海サンのは基本ネタはやはりどっかに影響あるのは避けられんとしてもこれこそ共時性というものでは?
Posted by tonbori at 2006年02月21日 00:20
いや、そういう意味でもね、「脚本が甘い」だの「まんまパクリ」だの、今まで素人の特権で言いたい放題のこと言ってきたんだが、例えプロでも一味違うストーリーなんてものを書くのはいかに難しいものかと言うことは想像に難くない。・・・自戒を込めて。
しかし、今まで通りこれからもズッパリ書く気だけは満々(笑)。
Posted by 森と海 at 2006年02月21日 18:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。