2009年12月13日

**東宝特撮第五弾〈モスラ〉「東京タワーのある風景」**

遅れに遅れました(もう次が出ちゃっているよ)。お約束の「東宝特撮映画DVDコレクション第5号です。〈モスラ〉(ここは小美人風で宜しく)です。まあいつもの通り映像は東宝DVDのままのようで、音声はオリジナルのモノラルのみ、特典関係一切なしというもの。一連のディアゴ仕様に変わりはないのですが、正直言うと東宝版4chステレオが欲しいですね。4chをモノラルには出来ますが、モノラルをいくらPrologicUに通してもダメですもんね。

もうね、皆何回か観ていると思われる作品ですので、今更あらすじのご披露はなしです。この作品無くしては、〈ナウシカ〉の王蟲はあのようにはならなかったはずです(ソースは妄想)。幼虫モスラのモゾモゾ感は、影響を与えているはず。もっとも、いくら〈モスラ〉があったにしても〈デューン/砂の惑星〉が発表されていなければ、〈ナウシカ〉など形もなかったでしょうが・・・(何度も言うがソースは妄想。批判は受け付けません)。

さて、サブタイ「東京タワーのある風景」です。お約束でございます。

1961年、年号にして昭和36年にしてこのミニチュアワークに光学合成の妙。微妙に繭と東京タワーとの位置関係がズレているような気もしますが、・・・きっとカメラの位置を変えたからですよ。

で、同じく「東京タワーのある風景」ですが・・・。

まあいろいろ言いたいこともありますが、かいつまんでいうと「特撮とジャンケンは一緒」だと。

そのココロは、どちらも「後出しが有利」でありますな。

お後が宜しいようで。

posted by 森と海 at 20:24 | Comment(2) | TrackBack(0) | Movie(邦)
この記事へのコメント
後出しは有利だけど、モスラが出たときは、
そりゃあ皆湧いたと思います。
多分普通の人も(笑)
後のは大きなお友だちが湧いた感じだもの(苦笑)
もちろん私は後者(爆)
Posted by tonbori at 2009年12月13日 22:58
そりゃ、モスラはスゲエって言われたでしょ。同じ年に海の向こうでは「シンドバット黄金の航海」ですから。日本どころかアメリカでもドッカンドッカン(笑。
ただ後者は上手くやったよね。逆光だからディテール見えないし、樋口くんよくやったと。
つづく。
Posted by 森と海 at 2009年12月14日 19:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。