2009年12月14日

**東宝特撮第六弾〈日本沈没〉日本民族として**

続けていきますぞよ。お約束の「東宝特撮映画DVDコレクション第6号です。〈日本沈没〉。ここでやっと怪獣モノではない東宝特撮の登場です。映像は東宝DVDのまま、音声はオリジナルのモノラルのみなんですが、この作品こそあえてオリジナルでなくてもいいので5.1ch2003Remixが欲しいところです。まあそんなこと言うなら、「東宝DVD¥5040を買えよ!」というしごく真っ当な意見は受け付けませんキッパリ。これはDeAGOSTINIで揃えるところに意味があるのです・・・って、次号〈ゴジラの逆襲〉は微妙だなあ。嫌いではないけど、・・・というか千秋実さんがイイヒト過ぎてあのドラマ部分は買いなのですけど人情モノ過ぎて松竹っぽいし、特撮部分は初の対決モノなんだけどなんだか盛り上がらないし(城壊しの部分だけはイイ)。うーん、困ったモンです。

さてさて、なんだかんだ言っても2006年には再映画化された程の名作。着ぐるみよりもスペクタクルに定評のある中野昭慶特技監督の国土崩壊の図は、とりあえずアメリカ合衆国を混乱の渦に巻き込みたいドイツ人ローランド・エメリッヒ監督作〈2012〉のカリフォルニア沈没を観てしまった今となっては、若干弱い気もするが、それは時代の問題で詮なきこと。それ以上に、しっかりとした科学・国際情勢の冷静な考証と、常に意識に最下層に流れているであろう民族としての誇りを描き出そうとする姿勢は、いつになろうが永遠でしょう。

その科学的考証については、竹内均博士の監修を受けている等の原作の練り込み具合は有名ですが、それよりも国際情勢の読みが極めて秀逸ではないかと。D1計画で世界各国に日本民族の難民としての受け入れを要請する場面、具体的にはオーストラリアしか出てきませんけど、その対応の横柄さといったら(笑。さすがは、終生遠島を申し付けられてそのまま居着いた元犯罪者上がり、しかも現地住民を虐殺しまくっただけではなく、現代国家のなかでも割と最後まで(厳密には南アという強者がいますが)人種差別政策を執っていただけのことはあります。イヤらしさ満点。近年でも鯨をめぐって日本を非難したり、日本人と間違えて韓国系移民を傷害致死させるというならず者らしい事件もありました。70年代であっても、豪さんとこのトンでも具合は発現されていたのでしょうか。なんだか予見されていたようで怖いやら笑えるやら・・・。

それと、06年版で一番足りなかったテイストが重みではないでしょうか?

「なにもせんほうがいい?」

D2計画の草稿を山本総理に手渡し、3人の有識者による結論はそれであると渡老人が説明し山本が確認するように復唱する場面。晩年の丹波さんは「Gメンだ!」だったり「死後の世界はあるんです」で、変な爺さん扱いで残念でしたが、ここ一番の重厚さは今の役者さんにはない迫力があります。ここにおいては、主題である日本民族の生き方を一人で背負うかのような時の首相を慈愛に満ちて演じてらっしゃる。ここだけでも観る価値があります。歳のせいかうるうる来ちゃったよ。

森田芳光監督は黒澤明監督をリスペクトを持ってリメイクしたが、影響を受けたとしながらも樋口真嗣監督は設定だけ頂いて別物にしてしまった、そういうことです。前者は真似のそしりを浴び、後者はぶち壊したと後ろ指を指された。樋口監督にしてみれば、同じテーマで撮っても超えられないという賢明な読みの上での再構成であったのだと思います。偉大な元作品を超えるのは難しいですね。でも樋口監督は前科二犯ですからねえ。

なにはともあれこの映画はいいですねえ。



posted by 森と海 at 16:09 | Comment(4) | TrackBack(0) | Movie(邦)
この記事へのコメント
順調に揃えてますね。
時にはそういうのもイイと思います。
日本沈没ちょうど公開前にTVでやっていたのを録画して観直したけど迫力ありまくりでしたが、
なんといっても渡老人役の島田正吾さんも忘れちゃいけません。
日本演劇界の大御所。だからこその渡老人でありました。
Posted by tonbori at 2009年12月15日 00:26
押しなべていうと、オッサン俳優はおろか若手まで堅いのよね。薄っぺらくないというか・・・。
ホントは、あの坂本龍馬ら維新の志士たちがあの年齢であれだけのことをした事を見ても、世代間で古い方が重いとか言っちゃあいけないのですけどね。
新しいとこから古いとこを見ると、皆一様に大人びてるんですから。
Posted by 森と海 at 2009年12月16日 00:27
小林桂樹さんが鬼気迫る演技でしたよね。
懐かしい〜。
Posted by samurai-kyousuke at 2009年12月17日 20:43
何気に小林桂樹さん、ドラマ版でも同じ役なんですよね。ドラマ版は贅沢すぎる気がするw。
Posted by 森と海 at 2009年12月21日 22:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/135621934
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。