2010年01月05日

**〈ドニー・ダーコ〉=諸星あたる?NEO?**

2010年おめでとうー。

さてさて、噂のリバースムービーです〈ドニー・ダーコ〉。この映画、日本に紹介された時から知ってはいたけどずーっと観る機会が無かったんですよ。結局足掛け10年掛かりました(笑。

で、とりあえず向う版のtrailerです。日本版の予告編もあった(しかもナレーションはエンケンさん!)んですけど、雰囲気はコチラのほうが近いです。日本版は妙に終末モノ的な宣伝で、ちょっと違う感じ。

あらすじ知りたければ、Googleで「ドニー・ダーコ@映画の森てんこ森」でググッてみてください。ここの管理人さん、映画をテキストに起こす事に重点を置いているようですから分かりやすいです。リンクはねえ、メール送るのが面倒なんで・・・。

ただし、これがねえ、この映画の監督さん、リチャード・ケリーさん本人もおっしゃっているんですが、ともかく2回3回と観に行くようなリピーターを狙って脚本・編集しています。思わせぶりな演出・セリフのオンパレードです。実際に観ないとこの感じはわかんないんだよねえ。でもまあ2回も観ればだいたい納得出来ます。

で、そのリピーターを期待しているであろう衝撃的リバースムービーたる構成ですが、だいたい2つの解釈が一般的なようです。

  1. すでにドニー・ダーコは精神的に不安定で、件のジェットエンジンが落ちてくる僅かな時間のうちに、予知夢的に28日間を見通して、自ら運命を受け入れた。
  2. 実際にエンジン落下事故を回避して、「28日と6時間と42分と12秒 それが世界の終末までの残り時間だ」を過ごして、時間を遡り、自ら運命を受け入れた。

日本版の予告編などは、完全に2を公式見解にしているようですね。でもそれでも辻褄が合わない部分が結構出てきます。例えば、ウサギのフランク。彼は、精神的に不安定なドニーの乖離的な症状によって獲得されたキャラクターであることは間違いないでしょうけれども、だとするとドニーはいつそのキャラクターの外観を自分に取り込んだのか?ということが引っかかります。なにせその外観は、姉エリザベスの友人の姿ですし、ほぼラストでやっと登場しますから・・・・。

「繰り返される学園祭前日」ならぬ、「繰り返される28日と6時間と42分と12秒」ですね、これは。その最後の周回の部分。世界の終末とは、ジェットエンジン落下から枝分かれした28日間が、決してそのまま時を刻むことではなく永遠にループしていく閉じた世界であるということですね。そしてもう何回もドニーは繰り返していたんです。言わば「前回のドニーは失敗した」んです。そして、その世界の起点となるエンジンが落下した10月2日に戻ると、皆はそれまで過ごした28日間の記憶を表面上は失ってしまいますが、深層心理の部分には記憶の何かが引っかかっているではないでしょうか。それでドニーは自らが作り出したメフィストたるウサギのフランクの虚像に、愛するグレッチェンを殺したフランクの姿を重ねてしまっていたのではないのでしょうか。

こう考えると、ラストの「マッドワールド」の流れるなかで見られる、エリザベスの友人フランクが何気に右目を押さえるところもなんとなく意味が通りますし、エンジン落下のところでエリザベスを送ってきた車が、ドニーの選択を祝うかのようなファンファーレを鳴らすことも意味があるように思います。この案を思いついてネットを駆け巡りましたけど、ボクには同じような意見は一人しか見つけられませんでした。その一人RockingChairで映画鑑賞: ドニー・ダーコ

謎解きでリピーターを増やす目論見は見事に当たってますが、それも人物を巧みに描いていることが後押ししています。この監督上手すぎます。変に説明調にならず、見ていれば段々とキャラクターが解ってくる語り口は、再再視聴にも耐えます。しかも、解ってくるけれども謎は残すと言う。それと人物それぞれの関わり合いも絵で見せますからね。まだ若いのに老練です。DVDスルーとなった〈サウスランド・テイルズ〉と共に最新作〈ザ・ボックス〉も観たくなりました。

posted by 森と海 at 21:44 | Comment(2) | TrackBack(1) | Movie(米)
この記事へのコメント
あけましておめでとうございます。生きておりました。

これ、私も気になってまして、でも、足かけ○年見てません(笑)。
ただ、最近、この「マッド・ワールド」という歌が気になってまして、ああここで使っておったのかと、ああそうなのかと変に納得してしまいました。
Posted by acoyo at 2010年01月06日 23:07
>acoyoサマ
新年おめでとうございます、それと復帰もおめでとう。
ここで使用される「マッドワールド」はティアーズ・フォー・フィアーズの原曲ではなく、ゲイリー・ジュールズのカバーの方です。スローな曲に合わせた編集と詩の意味のリンク具合がまことに素晴らしかったと記しておきます。
Posted by 森と海 at 2010年01月07日 21:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/137504190

ドニー・ダーコ/Donnie Darko(映画/DVD)
Excerpt: ドニー・ダーコ(原題:Donnie Darko)キャッチコピー:死んでいるのか? 生きているのか?「世界の終りまで、あと28日6時間42分12秒」製作国:アメリカ製作年:2001年配給:アス.....
Weblog: 映画を感じて考える〜大作、カルトムービー問わず映画批評
Tracked: 2010-06-10 07:28
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。