2006年03月07日

**BFI盤の〈 ゴジラ 〉が届きましたよ**

 ということで、はるばる英国はThe British Film Institute(略してBFI)2006年2月13日発売の 〈 Godzilla 〉が届きましたよう、皆の衆。BFIという会社、 黒澤作品を高画質リリースしてたりしてクライテリオンとタメ張ってますが、今回のリリースでは、この〈 Godzilla 〉と共に〈 The Mysterians:地球防衛軍だろ?〉を発売するという、センスが良いんだか悪いんだか判別不能な会社だ。

 しかーし、海外版のDVDが手に入ったらすることは一つ!恒例の画質チェーック!

 

bfiGodzilla The British Film Institute

 Region2 PAL

 日本語音声モノラル 英語字幕付

 特典 アメリカ人ゴジラマニアによるコメンタリー
     第五福竜丸ドキュメンタリー
     メイキング・オブ・ゴジラスーツ
     トレイラー
     スチル・ギャラリーなどなど。

 

 

tohoGodzilla 東宝

 Region2 NTSC

 日本語モノラルPCM BGM・MEトラック

 特典 宝田明コメンタリー
     伊福部昭インタビュー
     スチル・ギャラリーなどなど。

 

 

gojira これ以外にもイタリア盤(上)のやオーストラリア盤(下)など、世界各国でリリースされている(特にこの2つについては” ゴジラ”とアメリカ版”怪獣王ゴジラ”のカップリング)のだが、BFI盤は、リマスタリングと銘打って堂々の発売。 自然と期待するじゃないか。それに上の2つは、適当なショップを見つけられなかったということもある。レイモンド・ バーが主役ヅラしてのさばっていて、しかもすべて英語吹替え、挙句に”水爆” については一切カットのアメリカ版”怪獣王ゴジラ”など見たくないのよ。そこいくと、 さすがはアメリカなんぞ屁とも思っていないジョンブルらしく、 神経を逆なでするかのように第五福竜丸の被爆事故のドキュメンタリーを特典にしてくる。 大英帝国万歳!!前の戦争の時は、独などと組まずに英と組むべきだったんだ。 米はモンロー主義で参戦してこなかっただろうし・・・ってそれは別の世界の話(笑)。

 

 

 実をいうと、東宝盤が解像度640×480に対して、BFI盤は768×576ということで、データ量からしてその差は歴然。 順に並べる。上BFI−下東宝

BFIVD680-0

 DVD_VIDEO-0

 

BFIVD680-1

 

DVD_VIDEO-1

 

BFIVD680-2

 

DVD_VIDEO-2

 

 こうやって比べると、コントラスト高めのBFI盤に対しソフトな東宝盤ということが分かる。静止画で見比べると、 陰影に強いBFIのほうが綺麗な印象を持つことだと思うが、動画になると話は変わってくる。なにぶん半世紀以上前の映画のこと、 マスターの傷みも結構多い。フィルムの擦り傷やら折れ傷、埃の類も写りこんでくる。 コントラストが強いとこれらの不具合がまともに目に付くようになる。そして、明るい場面では、トビが目立つように・・・。BFI盤のほうは、 結構傷が目に付く。反対に東宝盤のほうは、明るさの変化も穏やかで傷も落ち着いて見える。要は、製作した会社の方針の違いであろう。

 えっ、ボク?ボクはBFI盤に大満足。ハッキリクッキリの画像が好きなんだもん。

 で、話は変わるが今回気づいた事。芹沢博士は戦争で片目を失ったとされているが、 上の画像を見ると右目どころか顔の右半分の肌のキメが違う。これは火傷の痕と違うの?控えめに描写されているが、 滅多なことでは引篭もって研究室から出て来なくなったとされる芹沢博士は、 実は火傷によって容姿が変わってしまったということなんじゃないのだろうか?そうすると、本編の意味合いが微妙に変わってくるような気が・・ ・。長くなりそうなんで、この続きは次回ということで。

 

posted by 森と海 at 23:22 | Comment(2) | TrackBack(0) | Movie(邦)
この記事へのコメント
はじめまして。
BFI盤ゴジラ 手に入れるにはどうしたらいいのですか。
Posted by バラゴン at 2006年04月16日 17:58
始めまして、バラゴンさん。
えーと、Amazon.co.jpで買い物をしたことはありますか?基本的には一緒です。Amazon.ukで買えます。
Amazonは、USAの.comも日本の.co.jpも英国の.ukも、基本的にシステムは同じです。ただ表示されている言語が英語というだけです。岩窟王さんの個人輸入指南(http://dvd.or.tv/cinema/get.html)が参考になるかもしれません。あとは、割高になりますが国内の輸入ショップを根気強く検索していく等の方法があります。またUSAでも9月にリマスター版が準備されてますから、こちらなら比較的多くのショップが取り扱うかもしれません。
Posted by 森と海 at 2006年04月16日 21:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/14392436
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。