2010年05月11日

**同じ事象でも切り口変えると・・・**

ココは映画ブログということで、今まではその手のネタも有名政治系ブログ見てワロスワロスの精神で過ごしていたんですが、いざ地元でこんなことが起きてしまっては洒落になりません。

あまりにも酷い。しかも事実が事実上封印されかかっている。

と云うことで、慣れないことをしばらく続けていきたいと。(事が片付いたら消します。)

去る5月10日、赤松農林水産大臣が宮崎入りし、東国原知事他農業関係者との意見交換に来られました。

口蹄疫:農相来県、農家へ配慮 「安心して再建を」 /宮崎−毎日jp

 県庁で知事と面会した赤松農相はまず、知事が「国の対応が遅い」と批判したと報道されたことに触れ「非常に心外。国と県が一体でこの難局に対処することが大事」と切り出した。(中略)

 赤松農相は、国と各都道府県の応援を得て獣医を100人まで倍増▽九州農政局職員の派遣を10人から100人に増強▽埋却地として国有地の提供−−などを約束した。

これ読むと「大臣、いい仕事しているGJ!」にも見えなくもない。

一方、

農水相と自民議員、口蹄疫で場外バトル−asahi.comマイタウン宮崎

これに対し、赤松農水相は「自民党の同席は構わないが、『おれの意見も聴いてくれ』とやり出すと、与党も野党も(発言し合うこと)となる」と遮った。

 すると、古川氏は、声を荒らげ、「じゃあ、何しに来たんですか!」と発言。

 見かねた知事は「冷静に」「冷静に」――。

 この流れの中で赤松農水相は「参院選前だからみんな色々言いたいことはあるんだろうけど、それぞれの(国会の)委員会で」と発言した。

 会談は知事の「もう時間がない」との仕切りで終了したが、席から立ち上がったところで、今度は松下氏が声を荒らげ「僕は(夏の参院選の)対象者。(赤松農水相は)『選挙目当て』と言ったが失礼なことを言わないで欲しい」と訂正を求めた。が、赤松農水相は「訂正はしない」と応じなかった。

こちらにおいては、与野党で政争の具にしているかのような印象操作。

その意見交換の会場に与党議員が誰一人出席しておらず、居たのは野党議員のみという事自体、ちょっと変な話。だよね?

そんでもって、ワタクシめも大新聞の向うを張って印象操作しておきますと、

他者は己を写す鏡と申しまして、人は相手に自分の姿を見てしまうものであります。ー自分で選挙目的って言っちゃーダメですよね、大臣。

posted by 森と海 at 21:24 | Comment(2) | TrackBack(0) | hoge
この記事へのコメント
国の対応の遅さにめまいがする思いです。

日本でも口蹄疫が、という話を聞いてから、あれよあれよというまに広がって、4月末の時点でFAOがアウトブレイクの警告を出しているのに、ニュースでも報道されてなかったし、何をちんたらやってるんでしょうか。

畜産の方々にとって殺処分って大変なことだし、さらにこれって国内の問題にとどまらない事態なのにね。私には募金くらいしかできないのですが、報道機関が使いものにならないいま、こんな動画もありました。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm10640430

事が片付いたら私のコメントも記事とあわせて消していただいて構いません。早くその日が来るように願ってます。
Posted by 春巻 at 2010年05月12日 02:43
大臣が居ても、「人手が足りないから自衛隊出して」と要望(穴堀要員ですから施設課が必要)しても、自衛隊は出したくないようです。
この国には真っ当なサヨクは育っていなかったようで、ア○キストばっかりです。
Posted by 森と海 at 2010年05月13日 19:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/149573314
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。