2010年05月19日

**政府口蹄疫対策本部の新たな対策は大丈夫なんでしょうか?**

10キロ圏の全頭殺処分決定=農家の損失補てんに交付税−口蹄疫で政府が新対策jiji.com

 宮崎県で口蹄(こうてい)疫の被害が拡大している問題で、政府は19日、首相官邸で「口蹄疫対策本部」(本部長・鳩山由紀夫首相)を開き、新たな口蹄疫対策をまとめた。発生地から半径10キロ圏内の全頭の家畜にワクチンを投与した上で殺処分することや、10〜20キロ圏内の農家に家畜の早期出荷を促すことが柱。さらに、殺処分に伴う農家の損失を補てんするため地元自治体に特別交付税を措置することも決定した。感染地域の広がりを抑えるとともに、経済的に厳しい状況に直面している農家を支援する。(2010/05/19-17:40)

10キロ圏内の全頭殺処分は妥当。欲をいえばここまで被害が拡大しないうちに行って欲しかったようにも思います(確か知事は早いうちに言及していたような)。10〜20キロ圏については国もお金なかったようで、早く精肉に回し国が買い上げ。市場に回るのか国で消費するのか不明。

だがしかーし、その10キロ圏内の牛・豚がキャリアだったら汚染が広がるのですが?全頭検査して出荷させるんだろうか?畜産営んでいらっしゃる方におかれましてはお気をつけください。気をつけようがないけど。

尚、家畜伝染病の口蹄疫は人に感染することはありませんし、感染家畜を摂取しても人体に影響はありません。食うことについては無問題です。イギリスでは政府が保証しきれなくって、皆で食べて農家を支えました。

posted by 森と海 at 19:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | hoge
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。