2010年09月11日

**〈プレステージ〉ノーランとシャマランの違い**

なぜかこの時期に、ちょっと前に公開の〈プレステージ〉を観ました。

見るからにコスチュームプレイっぽいんで敬遠していた作品。なんで今頃観るんだろうwww。事前の予想では、リドリーの〈デュエリスト〉っぽいものと思っていたんですが、・・・見事に外れたwww。

で、なにこのラストのビックリドッキリネタ!

こりゃシャマランが撮るようなネタじゃねーか。ああ駄目だ駄目だ、これはネタバレ出来ぬ。つーことで、内容には全く触れないようにして乗り切らねば!!ニコラ・テスラとかエジソンとか絡んじゃって、ニヤニヤさせられたんですけどねー。って、だから内容はダメとあれほど(以下略)。

こういう展開って、シャマランさんのお得意のネタじゃないですか。それなのに、シャラマンは(笑)となって、ノーランだとなんだかシリアスに感じられるって???

振り返るとシャマランは、信仰だったり家族愛だったり、その時々において「信じる」ってことが根本にあるんだよね。それがややもすると説教臭く感じてしまう原因でしょ。斜に構えているわけでもないのだけど、シャマラン(ニヤニヤ)になっちゃうんだよね。最新作では、ハリー・ポッターのバチモンを撮ったらしいけど、彼にはその路線がお似合いな気がします。それに対して、ノーランは基本的に恨みだとか復讐だとかイライラだとか、なんだか負の感情に押し流される人ばかり撮っているようなんですよ。ダークサイドのドロドロとした情念をひたすらスタイリッシュに画にしている感じ。それがなぜ私らには、シャマラン▽ノーラン△に感じられるんでしょう?

話は変わりますが、中二病って言われる有様がありますね。少年期には2つほど越えねばならぬ峰があると、ワタクシは思っているわけですよ。けっして児童教育とか青年心理学とかいった学問を学んできたわけでもなく、単に自分の経験からなんですけど。

その一つめが、いわゆる中二、14歳ではないかと。子供が大人の感性の入り口を覗き見ることが出来る時期。まだ、意図的に隠された大人のダークな部分は目に入りません。どっちかっていうとこれから向かう世界に対して希望を抱くファンタジーなままの世界観。そして二つめが高二、17歳。大人のダークサイドも目につき始めて現実の世界を認識し始めるシニカルな世界観。しかし、そのどちらも変にこじらせてしまうと、実社会との乖離から面倒なことになってしまうような気がします。少年犯罪でよく目にするのは、圧倒的に14歳と17歳でしょ。彼らはなんでああなってしまうんだろって、いつも思います。ファンタジーを追い求める時期に、リアルな現実を見ちゃったのかなあとか、現実にアジャスト出来ずに悪夢の中に入り込んじゃったのかなあとか。

幸運にも反社会的行動を発現しなかったまでも、こじらせたまま実社会とむりやり合致させながら、ずっと引きずり続ける人も居ます。大人になっても、中二・高二問わず、そのままの人は、◯◯病と揶揄されるんですけどね。あんただよあんた!・・・えっオレ!・・・特定するのは止めましょう、悲しくなるからwww。

でも、このこじらせたままの状態が有利に働く場合もあります。物語を紡ぐ人っていうのは、まさに〇〇病の有効利用に成功した人々ですね。

何が言いたいかって、シャマランは中二病で、ノーランは高二病ってことです。私などは、散々(笑)とされるシャマランでも一時期までは許せますし、・・・いや積極的に面白いと思ってました。告白するのもなんですけど、ええ〈シックス。センス〉〈サイン〉のDVDも持ってますよ、人に言うと笑われますけどw。それと同時に、ノーランの情念まみれも大好きです。世間的にも、2人の評価においてはノーランに軍配が上がるのも、みんな無事に17歳を超えてきているってことなんでしょうか?!はて。





posted by 森と海 at 22:22 | Comment(2) | TrackBack(1) | Movie(米)
この記事へのコメント
なるほろ、シャマランが中二で、ノーランは高二。
なかなか面白いかも。でもプレステージは一応、鮮やかに?というかソコ行くのみたいなオチで、個人的には結構好き。つまりはおいら、高二みたいなww
でも自分ノーランの結構そういうベタな部分が好きなのかもなと「インセプション」見てそう思いましたよ。ええ。
Posted by tonbori at 2010年09月13日 23:17
いやいや個人的にはドッチも好きだったりします。お花畑と修羅が共存しているようなw。
変な話、〈ダークナイト〉はジョーカーの物語ではないでしょうか。しかも、ヒロイズム・ダンディズム満載で、ラストにブルース・ウェインの花道をセッティングしてますもん。ベタですよね。
つーか、〈インセプション〉観れてなーい(泣。
Posted by 森と海 at 2010年09月14日 21:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

「プレステージ」ネタバレ警報発令中!!!
Excerpt: 「この映画をDVDで観賞予定の方は決して読まないで下さい」(笑) 映画のキャッチは「この映画の結末は誰にも話さないで下さい」でしたね。 いゃあ〜、伏線を確認するために2日に渡って2回観ちゃ..
Weblog: samuraiの気になる映画
Tracked: 2011-01-02 19:15
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。