2006年04月22日

**DVDメディアの話**5/8追記

 DVDマルチドライブ『パイオニア DVR-110D』を取り付けておきながら、ほとんど ROM ドライブとしてしか使っていなかった”森と海”です。

 最近ちょっとばかり焼きの必要が出まして、メディアで失敗こいたもんで、 そういう貴重な失敗は挙げといたほうがいいと思いまして。

 

infotool  このドライブ、いわゆるマルチと呼ばれるものでして、パイオニアのバルクのドライブ。 右のNero InfoToolでも分かる通り、リードはほとんど、ライトはRAMがダメなぐらい(-R DLはソフトのバージョンが低いためか出てこない)。

 このような素晴らしいドライブを付けていながら、焼きは全くやってなかったため、ドライブとメディアの相性については全く知らず・・ ・。

 で、失敗したメディアがRITEKの+R DLなのでございます。 台湾製にして海外製としては割に名の知られたメーカーでございますので、「最悪、2.4倍速(速度違反無し) で焼けばどうにかなるんじゃないの?」という甘い考えで購入した次第です。さて、2.4倍速でどういう挙動をしたのか?

dvdirect-digital_1894_206402  焼き自体は1層目も2層目も淡々と焼けるのです。ベリファイもしっかり通るくらい。あっ、 言い忘れてました、焼きソフトはバンドルの Nero Express です。「良かった良かった。 焼きあがったよ。なんだ RITEK 使えるじゃねーか!」と、さっそくチェックしてみると、・・・・ 途中で止まる(青顔)。「いや、これはきっと転送エラーでもあったんだろ。手順を変えて、 常駐を外してトライすれば!」・・・・今度は別のところで止まりました(泣)。 「元のファイルに地雷があるんだ。別のファイルで検証してみよっ。」・・・・同じようにストップ(大泣)。 この時点で DVD+R DL 3枚がパーです。安い RITEK とは言え、シングルレイヤーのディスクの何倍かの値段です。 しかも購入したのは、5枚パック。ちょっとでも安く上げようとした自分が腹立たしい。悔しいので、晒しときます。

 やはり、DVDメディアなら信頼のブランド『三菱化学』にしときゃ良かったんだよ。後からGoogle ってみましたら、 RITEK の2層ディスクは1層目から2層目に移るところでかなり不安定な振る舞いをすると、皆さんおっしゃってました。想像なんだけど、 ディスクの端の部分の記録層が均一ではないのでは?という気がします。なんかするときゃ先に調べるという初歩の初歩を忘れていたようです。

 


信頼のブランド『三菱化学』の +R DL メディア

(5/8追記)いままでは、書き込みソフトはNERO 6のバンドル版を使用していたが、今回思い立って(悪さしているのはLayer Brの記述に関してのことと睨んで)D〇D D〇c×y〇t×rを使用して焼いてみた。や・焼けた!!とりあえず読めるぞ。明日焼いて焼けるかどうかは知らんし、何時まで読めるかも分からんが、二層メディアの肝は、Layer Brの記述だということだけは分かった。また一つ賢くなった。

posted by 森と海 at 23:11 | Comment(6) | TrackBack(0) | 使用機材
この記事へのコメント
こんにちは。
この焼きミスはホントに労力がパァになって落胆してしまいます。

私はレコーダーの方でしたが、ちょっとでも安くあげようとしていつも使っているのは違う海外メーカーのものを使ったときには、次々とエラーを出してくれて、気が付くと半分くらいが焼きミス…こんなことなら普通のものを買っておけばよかったと思ったことがあります。
こういう不安定なメディアの場合、たとえ成功していても今日は観れても明日は駄目…になるような気がしてしまって、もう二度と使わなくなりますよね。
ホントに、うーん。

はっ、なんだかグチを書き込みに来たみたいです。
すみません(笑)。
Posted by ぽこ at 2006年04月23日 14:13
PCよりレコーダーの方が、相性はシビアでしょうね。ある意味お察し申しあげます。
ボクの方はごらんの通りPCで、しかもドライブのファームウエア(Ver1.39)も最新版、Neroもアップ済みでもダメでした。どうしても引っ掛かって固まる。今気になっているのはTDKの物なんですが、どうでしょうかねーっ?
Posted by 森と海 at 2006年04月23日 22:48
おいらのツレによると安いメディアはやはり安いなりのモノだとか。スピンドルで買うのでどれだけボツかは結構博打だけど安いモノを買うのでそれほどでもないとか。(一層)二層ものは失敗すると痛いのでなるべくブランドと行きたい物であるがとりあえずぐぐってから購入が必須と言われやした。
Posted by tonbori at 2006年04月24日 00:41
その昔、SuperXという名前の金色のカブトガニの形しているんじゃないかと思う(^^;ネーミングのDVD-Rで失敗したので、それ以来ずっとその時々特売してる国産品で、問題がおこったことはあまりないっす。
しかしみるみるうちに値段が下がりましたなあ。今では8インチ・フロッピーの方が高いのでは?(^^;
Posted by サンタパパ at 2006年04月25日 21:45
>tonboriサマ
はい、全くもってそのおツレさまの言う通りでございます。あれほど人にはググれと言っているのにこの有様。早速、Amazonのリンクより三菱化学のメディアを購入いたしました。ほぼ自分用のリンクです(笑)。

>サンタパパさま
SuperXをググると、PRINCOなる台湾らしき企業ですね。台湾にはメディア製造企業がゴマンと存在するようですが、早く品質を上げて欲しいものです。
DVDメディアの価格が、ついこの間までのCD-Rと変わらなくなってきたのは疑いなく台湾勢のお陰ですから。
Posted by 森と海 at 2006年04月25日 22:49
うーん、やっぱり信頼をおきたいのであれば、ブランドものなんですねぇ。
TDKは昔よくカセットテープを使っていました(ふ、古い)(笑)。

※でもってお知らせなのですが、突然ですが事情により活動映像の街は終了削除することになりました。
恐れ入りますがリンクの取り外しをお願いいたします。リンクしていただいていたなんて今まで気付きませんでした。(_ _)とほほ
今までありがとうございました。
Posted by ぽこ at 2006年04月29日 19:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/16916872
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。