2006年04月23日

**熱い男たちがいっぱい〈 新幹線大爆破 〉**

 むさくるしい男たちが額に汗して怒鳴りあうというオトコクサ〜イ映画、それが〈 新幹線大爆破〉 だーっ!この頃の東映作品は、ほとんどすべてがそういう映画なのだが。

 しかしこれは、頬を震わせ激昂する男「宇津井健」 が出ずっぱりなのだ。より一層熱いゾーッ!

 

 あの〈 スピード 〉の減速すると爆発する爆弾の元ネタとしてつとに有名だが、片や10数名を乗せたバス、 片や1500名を乗せた日本の大動脈新幹線。スケールが段違い。手に握る汗の量が違う。〈 スピード 〉の方は縮小再生産だな。

DRTD_02090-01 DRTD_02090-02DRTD_02090-14

 出演者は、ほんの少数の女優さんを除けば、東映御得意のオトコだらけの怒号大会。 みんな濃いドーラン塗って、霧吹きで汗吹いてます。物語が終盤に向かうにつれて、水分量も多くなっていき、テカリ具合が変わってくる!

DRTD_02090-03 DRTD_02090-05 DRTD_02090-13

 途中で撃たれる山本圭さんは、脂汗やら土気色の顔やらで人相変わってますなあ。健さんだけは激昂もしないし言葉少なめ。 「不器用ですから〜」のイメージキープ路線。

DRTD_02090-15 DRTD_02090-18 DRTD_02090-19

 千葉チャンの汗は尋常ではなくなってきている。空調の効いた新幹線内としては、異例の滝のような汗。 挙げ句に新幹線指令の宇津井さんに食って掛かるほどの狼狽ぶり。そして、・・・我らが宇津井健!テカリもさることながら、 頬を振るわせるほど激昂しながらも言葉のほうは冷静沈着相手を説得にかかるという、 そこいらのディベーターがマネの出来ない圧力が存在する。いつものことだけど、彼が弁論を吐き始めたが最後、 そうすることこそが正義という空気が流れるよなあ。映画としては居ると面白い存在だけど、 実生活では周りに居て欲しくない人物。

 キャストの並ぶ順番からして、高倉健さんが一応主役だと思うが、物語の流れからして真の主役は宇津井さんと思って間違いない。 新幹線下り博多行109号が東京駅を出発した時から、主役は宇津井さん。高倉さんは途中途中でチョコチョッコとしか登場しないもん。 さすがに無事爆弾処理をした後は、高倉さんをいかにして警察が逮捕するのか?ということに焦点は移っていき、 ラストシーンは高倉さんの一人舞台だ。ん?高倉健・宇津井健?ダブル健だ。やっぱりある意味、 健さんが主役で間違いない(笑)。

 単なる爆弾を仕掛けられた電車というだけでなく、進路上に故障車が出たり、そのアオリで下り電車が上り線に入ってみたり、 上り下りのすれ違いがギリギリだったり、写真撮影をしたら光量がたりなかったりといちいちトラブルが発生。いってみりゃぁ、 かなりのご都合主義であることは否めない。が、それで緊張感が上がるなら、ついていい嘘ってもんでしょう。

 で、監督は誰かなぁ?と思えば、佐藤純彌氏。この監督さんて、スケールが大きいんだか法螺吹きなんだか、ボクには未だに分からない? どっちだろ?

 

posted by 森と海 at 22:28 | Comment(7) | TrackBack(1) | Movie(邦)
この記事へのコメント
ある意味警察右往左往ってのはこそーりとこれも微妙な再生産になってるけど「踊る」を彷彿するし(刑事役の浜田晃さんは『踊る』に捜査1課長役で出てるし)それとエントリを読んで思ったけどデ・ニーロvsパチーノの『ヒート』にも通じるもんを感じてしまった(笑)いやどっちかデ・ニーロかパチーノかっていうんじゃないけれど。
でその宇津井さんは「渡る世間」に出る昨今。時代を感じるなあ
Posted by tonbori at 2006年04月24日 00:50
えっちゃんの画像がないと思ったら、テーマは「オトコクサ〜イ映画」なのね。
実際とんでもなく焦ると、空調がどれだけ効いていようと結構汗がでるもんなので、そのあたりはサニーちゃんに同情してあげてください。
佐藤純彌監督、アレは気の迷いだと思いたいです。うぱ〜〜〜。
Posted by サンタパパ at 2006年04月25日 21:49
>tonboriサマ
そうそう、改めて見直したら浜田晃さんが出てるし。これでは現場を走りまわっているけど、その後ご出世されたようで(笑)。
ボクは宇津井さんがエド・ハリスに見えてきました、〈 アポロ13 〉の。

>サンタパパさま
えっちゃんはねー、電話交換手でワンシーンのみだし止めました。どっちかというと宇都宮雅代さんが思っていた以上に美しかったことには驚きました。
それから救援車で駆けつけ「よぅ、兄貴!」とあくまでもCOOLな千葉次郎さんも画像を貼るのを止めました。
Posted by 森と海 at 2006年04月25日 23:02
石井輝男のデビュー作『リングの王者 栄光の世界』の新品DVDが1000円で売ってたので買ってみましたが、主演が宇津井健なんですね。

話がずれてしまいますが、『黒線地帯』『セクシー地帯』も1000円なんですが、買って損はないでしょうか?観たことがないので、ちょっと悩みどころなんですが…。
Posted by cardhu at 2006年04月28日 19:38
うわっ、どれも見たことない(笑)。
しかしそんな中でも、〈 黒線地帯 〉はよく聞くタイトルであるなぁと。ちょっくらググってみると、地帯(ライン)シリーズの中では、最高という評価が結構目に付く。ここは一つ、人柱レポートの方をお願いしたいと切に願う所存にあるます。
Posted by 森と海 at 2006年04月28日 22:07
いそがしい日がちょっと続いて返事おくれてしまいました。

人柱レポートですか…今度お店に行ったときにまだ売れてなければ買ってきます!
Posted by cardhu at 2006年05月02日 20:31
無理のない程度で、”宜しく”です。
Posted by 森と海 at 2006年05月03日 19:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

新幹線大爆破
Excerpt: 国鉄本社に「約1500人を乗せた新幹線ひかり号に、時速80km/h以下に落とすと自動的に爆発する爆弾をしかけた」という電話があって身代金が要求され、新幹線の乗客の救出と、爆弾魔と警察の攻防を描いた..
Weblog: かたすみの映画小屋
Tracked: 2006-04-25 21:49
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。