2011年03月31日

**いやぁ笑った笑った〈アウトレイジ〉**

さて、平壌運転に戻ります。

えーと、北野武さんの〈アウトレイジ〉ですけど、やりました、ついに北野武監督がオリジナリティ溢れる作風をゲットされました( ゚Д゚ノノ"☆パチパチパチパチ。

一言で言えば、バイオレンスコメディですかね。それも、バイオレンスな本筋から外れること無くきちんと笑えるという、ありそうでなかなかない芸風です。三池監督もバイオレンスコメディっちゃーバイオレンスコメディなんですけど、彼の場合は、突拍子も無い絵柄を挿し込むことで笑いをとるという反則技なんでちょっと違うかな。

北野さんは、処女作〈その男、凶暴につき〉からバイオレンスでありながらコメディを挟むという芸風だったんです。ファーストシーンの「オヤジ狩りをしていた学生の家に上がりこんでムチャムチャ張り倒す」部分こそストーリーとの親和性の高いお笑い要素だったんですが、以降のコメディの部分はストーリーから外れるか、言葉のみかという感じでした。妹の間男を蹴り出すところなど面白いことは面白いのですが、軍団(秋山見学者)を使っている時点で、コメディリリーフに頼った笑いです。あっ、犯人を車で轢いちゃうとこは良かったですね。その後の作品も、シリアスに撮りながらところどころ崩れた笑い(だいたいコメディリリーフが登場します)を入れたがるのは、漫才師という出自の成せる業だったのでしょう。そんな中で初期の傑作と言われる〈ソナチネ〉は、中だるみなストーリーにコメディの部分が上手く噛み合っていたのでアレほど評価されたのでしょう。

基本的にコメディというか笑いの部分を入れたい人なのだと思います。ただ、本人がコメディそのものを撮ろうとすると、構成力がないのかはたまたセンスがコント級なのか、信者が頭を抱えてしまう作品となってしまうのは事実です(〈みんな〜やってるか!〉とか〈監督・ばんざい!〉は頭イタイよね。〈監督〜〉については前半は黒澤の〈夢〉、後半はモンティ・パイソンのスケッチをやりたかったんだろうけど。)。滑っていた・寒いと言われても仕方がありません。北野さんとしては、売れる映画を模索していたんでしょうなあ。そんななかで、逆にシリアスに振り切った作品〈Dolls〉なども撮ってはみましたが、海外ではジャパネスクで評判は良かったようですが、国内は散々。基本フォーマットの出来上がった話〈座頭市〉ではまあまあでしたが、その後は内省的な作品で気も狂わんばかりでした。

で、(それしか撮れねーのかよという批判を逃れる為)長らく封印していたアウトロー物を撮れという厳命。しかも役者はちゃんと(軍団ではなく)マトモな人使えと。ひょっとすると、「これで売れなかったら配給なしね、あとは単館でヨロシク」ぐらいのこと言われてたのかもしれないw。まさしく背水の陣!ところが本チャンの役者さん使ってみたら、やっぱり旨かった(ギャラは高くなるけど)。北村総一朗さんの親分なんて、「ルビーの指輪」のオトーサンを親分にという昔使った手を再びやってみたら、それでもやっぱりギャップが面白かった。そんじゃあいい親父さん國村隼をいけ好かない親父にコンバート。コイツも面白い。調子に乗って本モンの役者に演じさせて、今時の若手のコント風に各々の台詞が被るぐらいの編集にしてみたら、これが腹抱えるほど面白い。それがこれ↓

「大友さん、うちの若ぇーもんがトンでもねーことしちまって失礼しました。

 今日んところはぁ、これで許しちゃもらえませんか。」

「村瀬はどうしたんだよぅ。

 こんな端金とガキの指持って来やがって、なにが詫びだコノヤロー。」

「オヤジは会合で来れねーんだよ。」 嘘つけw

「オマエが親分の代わりかよ。」

「俺だってカシラやらしてもらってんだ。今日んところはオレの顔立ててこれで収めてくれ。」 これ言ったら火に油

「何いってんだコノヤロー。カシラなら若いもんの責任取ってテメーが指詰めろぅ。」

「こんなつまらねーことで、オレの指詰めれるがぁ。」 言っちゃったぁ

「こんなつまらねーことだとコノヤロー。

 テメーら池元組にケンカふっかけといて、つまらねーとはなんだぁ。ナメてんのかぁゴラーッ!」

「そうは言ってねーよ。」 引くなよw

「言ってんじゃねーかよ。」 押すなぁ

「悪かったよ。」 あーあ、思う壺w

「悪いと思ったら指詰めろよ。」

「ナメてんのかコノヤロー!」

「やれよぅ」

「グズグズ言ってねーぞゴラー。」

「ビビってんじゃねーぞぉゴラー。」

「早くやれー。」 外野乙

「やってやっから道具持ってこいコノヤロー。」 一線超えたぁー

「テメーなんか、これでいいからやってみれーーーっ!」 ムカつくう

「なんだテメーまで調子に乗りやがってコノヤロー!、こんなもんで指詰めれる訳ねーだろーっ。」 気持ち判ります

「なんだ出来ねーのかコノヤロー、早くやれよぅ。」

「こんなもんじゃ出来ねーってんだろー、コノヤロー!マトモな道具出せゴラーッ!」

「なにが道具だエラソーに言いやがってコノヤロー、これでやってみろー!」 無茶ブリ

「やってやるよコノヤロー

ギイイイッ、グァァーッ、クッ、あ痛てぇ。」 なんでやるって言うかなあ

「なんだ出来ないのかコノヤロー。」 つーかカッターナイフでは骨落とせません

「クゥゥーーー、クゥーーーーッ、グァーーッゥ

兄弟やなんか言ってっけどなぁ、うちの親父がその気になったらぁ、

テメーらみたいなちっぽけな組、踏み潰しちまうぞコノヤロー!」 出た遠吠え

「おい、村瀬組は山王会よりでけーのかよ、頭おかしいんじゃねーかオメー。」

「頭おかしいのは、テメーらの方だろーがー

ウワーッ、ウワーッ」

「カッコつけてんじゃねーコノヤロー!」 ビートさんが一番演技浮いてるし

「クゥ、クゥ。」

「おい、このバカ連れてけっ。」

ということでここは笑いどころ。笑っちゃいけないような気がしますが、ココで笑わずでどーするのよ。まあ、劇場だと他人の目もありますし押し殺した笑いでもしょうがないですねw。

その他、基本格好悪いほうが面白くなりますので、皆だらしないですね。水道橋博士が「殿、やればできるじゃない」と抱きしめた大友の自首の場面も、今までなら滅びの美学とか何とか格好付けてましたが、北野さんもお年を召したようでようやく格好悪さにも納得できたようで。ここで自首してム所で寂しく刺されるようでなければ面白くありません。ストーリー的には最後に生き残るのはこの2人と程々のところで気づきましたが、感服したのは三浦友和さんの演技の引き出し。

北村さんの親分に事あるごとにペチッと叩かれていた三浦さんですが、そこでのリアクションが子供がビックリしたかのような類を見ない表情でした。Vシネ俳優当たりですと、親分スンマセン的全面降伏の演技か、今に見てろよクソ親父的下克上演技に成りがちな場面で、あの表情を持ってくる勇気は凄い。下手打つと一気に山王会No.2の役柄がナイアガラしてしまいそうなのに、辛うじて威厳は残したギリギリの線。やっぱり本モンは上手いです。さすが百恵ちゃんのダンナ!

まあそういうわけで、北野さんもようやく売れるオリジナルな作風って奴をこしらえて、本人も自信がついたようでして、〈アウトレイジ2〉を撮影中とのこと。まあいいけどあんまり急ぎすぎるとすぐに飽きられますよ。全く別の作品を挟んだほうが戦略的にはいいと思うのですが・・・。まあお気をつけあそばれ。

posted by 森と海 at 22:51 | Comment(2) | TrackBack(0) | Movie(邦)
この記事へのコメント
なんでも2は延期(震災のため)と聞きました、よう知らんけどw(ソースはサイゾーww)
アウトレイジはウチのネット回り映画クラスタでも評判いいですな。
腐の人にも人気高いしw
あと加瀬くんがこの後ドラマ「SPEC」でさらに振り切れたので役者はタマそろってるのになー、邦画界はと思ったのは秘密ですええww
Posted by tonbori at 2011年04月01日 02:09
ああ、〈アウトレイジ2〉延期の噂はどっかで聞いたような気がする。
でも、金銭的に厳しい北野さんの事だから、進めていた分はきっちりなんかの形で出してくると思いますよ。
加瀬くんはイメージ拡げましたねえ。もうどんな役でもこなせそう。
Posted by 森と海 at 2011年04月01日 23:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/193531207
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。