2011年06月27日

**日曜劇場JIN-仁-secondseasonの最終回が賛否両論な件**

終わりました。一件落着。

で、まあそのうご都合主義とかトンデモ理論とかいろいろと意見はあると思います。かくいうワタシも脳漿浴びて脳腫瘍が封入奇形胎児化というのはあまりに飛躍しすぎではないかとは思いますががが。

なじぇに、こんなエントリーを挙げるかといえば、書いた本人はすっかり忘れていましたが、何気に今日検索されていた**TBS日曜劇場JIN‐仁‐の最終回が不評な件**が意外といい線いっていたことに笑った為www。基本的にタイムスリップ(タイムリープ)モノですと、最終的に頑なに歴史に合わせて終息させるか、パラレル世界に飛ぶしかその結末は有り得ないということは、分かりきっている訳でして(そんなもん、今のホモ・サピエンスにはそれ以上は想像つかないのですwww)。予想としては確率1/2の丁半博打。後は子葉の部分をどうこじつけるかというのが脚本家の腕の見せ所。タイムリープ物のホンを書くなら、どうこじつけ抑えこむかという部分こそが求められる技量なのであります。

そういう意味では、偉そうにいいますが、トンデモ理論ではありながらもあの決着の付け方はよく持って行った及第点ではないかと思います。つーか現代に仁を戻すならばアレしかありませんがな。しかも、タイムパラドックスに不慣れな方々にも理解できるようホワイトボードを使っての解説まで挟んだりして、かなり親切なものだと思います。かなり解りやすかったでしょ。冷静になると疑問沸きまくりですけど・・・www。「こまけーこと気にせずに感動の力技に酔っとけ!」ってことです。とりあえず終わりました、メデタシメデタシ。

posted by 森と海 at 23:33 | Comment(2) | TrackBack(0) | hoge
この記事へのコメント
うんうん、まあ及第だったと思うしなにより映画無いです!(でも色気出してきてしれっと作りそうだけどww)と言ってきっちり最終回だったし。
つっこみいれるのは野暮天な気がしてきたので今回はエントリもたててませんw
Posted by tonbori at 2011年06月28日 00:20
映画は無いようでなによりですwww。
親会社の毎日は珊瑚にKYを刻むほどKYではないでしょうから、テレ朝じゃなくてよかったと思います。
しかし、咲が健気でなあ・・・、これで一気に国民的女優の一角に割り込んできました。元グラビアアイドルにしてジャイアントロボ顔なのに。
Posted by 森と海 at 2011年06月28日 22:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。