2006年09月01日

**〈 稀人 〉この題名の意味するところとは?**

 好きで追っかけてるホラー番長シリーズにして。 シリーズ最高作と呼んで差し支えないと思われる〈 稀人 〉を観た。もちろんユーロスペースでではない。なんと言っても、監督が清水の祟り (〈 呪怨 〉・〈 The Grudge 〉の監督でございますよ、って同じ映画だ)さんに、脚本が小中"クトゥル"ー千昭さん。 お2人の趣味が画面に広がれば、それはそれは夢のような素晴らしい絵が約束されているようなもの。もひとつオマケに主演が、 普通の人を演じることを内閣で規制された役者・塚本晋也さんだ(どの内閣だよ)。

 ただし、一般的にホラーの定義が怖いもの・怖がらせるものであるとすると、ホラー番長シリーズはホラーではない。 怪奇とか幻想と類する物ばかりであることを報告しとく。

 

 それでだ、地下世界・狂気の山脈・血を吸う魔獣(デトロイメンタル・ロボット)・ カスパー・ハウザーなんてキーワードが並んでしまう映画をどう思うよ?諸君。「なんだその言葉の羅列は?」 と思うか「どんな映画なんだ?」と思うかが、この映画を楽しめるか楽しめないかの分水嶺。間違っても禁止ワードに記入しないように。

 あらすじはかったるいので、ホラー番長のHPを辿ってくれと書きたいところだが、 あまりに不親切なんでここは一つコンピュータが得た偉大な、しかも著作権超 越の禁断のワザ"コピペ"で凌いでおこうと思う。

 映像カメラマンの増岡(塚本晋也)は、ある日、 一人の男が自らの左眼をナイフで貫いて自殺する瞬間を偶然撮影する。その男・黒木阿礼(中原和宏)が死の瞬間に見た「なにか」 を自分も見たいと考えた増岡は、再び現場に戻り、そこに地下世界への入り口を発見する。地下深く降り立った増岡に「〈デロ〉に見つかったら、 血を吸い尽くされてしまう」と謎めいた言葉を投げかけるホームレス。そしてさらに地下深く進んだ増岡の目の前に現れたのは、 眼を貫いて死んだはずの黒木であった。これらは現実なのか、それとも――。やがて地底に広がる〈狂気の山脈〉なる空間にたどり着いた増岡は、 洞窟のなかで鎖に繋がれている全裸で横たわる一人の少女(宮下ともみ)を発見する。
 人間らしい感情も言葉も持たないその少女をFと名づけた増岡は、自宅マンションで彼女を育て始めるが、実はFは人間の生き血を求めていた… 。公式HPより

 つまり増岡は真の恐怖を見たいと切望して、ようやく(ネタバレ)真の恐怖を観ることが出来たという話なのだ。 「真の恐怖を見せてやる」と吼えたのはサム・ニールだったが、それでも宗教画レベル。こっちは物語の演技者に見せるのではなく、 ボクらに見せつけてくる。上記キーワードはその導入の過程における修飾語句でしかないのであしからず。あっ、今チェッって言ったな。 心配するでないゾ。確かに導入部には魅惑のキーワードが並んでいるが、真の悦楽はラスト15分ほどに隠されている。 ここはいくらボクでも明かせない。

 抽象的に云えば、実が虚になり、虚が実になるこの15分間は、ある一部の人には堪らない瞬間のはずだ。物語の中に自分が取り込まれ、 自分の立っている場所がバラバラに崩壊してゆくような虚実の倒錯。この感覚に無常の喜びを感じる一握りの人の為に在るといってもよい。サム・ ニ―ル繋がりだが、前述の「虚実の渦に巻き込まれる作家」という映画もあったではないか!「釈然としないが、何か引っ掛かる」 という人に与えられた映画なのだよ。

 振り返って、"稀人”という言葉の意味は?

 これは、「異界より来て、福をなす人」という意味だ。古代、鬼とて共同体に福をもたらすものは"稀人”と呼ばれた(ex.ナマハゲ) 。もっと後期となれば、帰化人たちもその範疇に入るのかも知れない。いや違うわ、異界に帰ってもらわねば"稀人"とは呼べない。

 ということで、増岡の願いは「異界より来て、福をなす人」稀人によって叶えられたのだ。ただボクらには、 黒木阿礼の見たものや増岡の見たものはいっさい提示されていないのだ。人は強く望んで望んだことを忘れる(力みが消える)ことができれば、 その望みは必ず叶うという。ただしいつになるか判らないが。だから、ボクらも増岡の見た恐怖を見たいと望むならば、 いつの日か観ることは叶うはずだ。・・・それは忘れたころにやってくる。

 

 追伸、ちょっとだけ黒沢清ぽかったことも明記しておく。

 


 日本盤とアメリカ盤。アメリカンな人に"稀人"の意味が解るんでしょうか?

posted by 森と海 at 23:40 | Comment(2) | TrackBack(3) | Movie(邦)
この記事へのコメント
「デロ」のネタってば昔世界の不思議みたいなタネ本に載ってたなあ、ちょとなつかしす(苦笑)
で、確かに塚本さんを主演に迎えるところでもういっちゃいますよというのが見えるのはナイスですな。
Posted by tonbori at 2006年09月02日 00:12
そうそう、それでね、物語を進めて行くナレーチョンが塚本さんの独白なの。
声聞くだけで只者ではないのが明白。どう落し込むのか不安で不安で・・・(笑)。
Posted by 森と海 at 2006年09月03日 21:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

「狂気の山脈にて」「稀人」に巡り逢ひし男(をのこ)の辿りし末路
Excerpt: 「稀人」(小中千昭脚本 清水崇監督) 映像作家のわたし(一人称ナレーションが多く、ことに前半はフェイク・ドキュメント風に意識的に描写されている)こと増岡拓喜司(塚本晋也)は、あるドキュメンタリーの撮..
Weblog: ゆいもあ亭【非】日常
Tracked: 2006-09-02 22:16

241. 稀人 ★★★★
Excerpt: 怖い映画だと想う。 フリーの映像カメラマン・増岡がある男が目をナイフで抉って自殺する瞬間を撮影したことで、その表情に見られる怖さの本質を探して地中に入っていくという内容だが、経験したことの無いような真..
Weblog: 映画勝手にひと言
Tracked: 2006-09-05 04:40

<ホラー番長シリーズ>稀人
Excerpt: ホラー番長シリーズ第1弾。「呪怨」「呪怨2」が大ヒットとなった清水崇監督が贈るホラー・ムービー。塚本晋也、宮下ともみほか出演。
Weblog: DVDジャンル別リアルタイム価格情報
Tracked: 2006-10-19 09:36
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。