2006年09月18日

**スポニチの列車横転報道について**

台風13号猛威 竜巻で特急横転― スポニチSponichi Annexニュース社会

という報道があった。その一部を下に引用。

 被害は延岡市の南東から北西方向の幅最大200メートル、 長さ約6キロの地域に集中。損壊した民家で、自営業新名敬二さん(42)が頭から血を流して死んでいるのが見つかった。 浜町ではビニールハウスで女性(84)が死亡したほか、スーパーでは倒れた陳列棚の下敷きになった男性客(77)が死亡。 電柱や信号機がなぎ倒され、少なくとも市内の100人が負傷、民家100〜200棟が全半壊。突風が吹き抜けた後の惨状はハリウッド映画 「ツイスター」のようだった。

 この記者は間違いなく現場は見ていない。見てきたボクが言うんだもん、間違いない。〈 ツイスター 〉という比喩は、 あまりに竜巻という言葉に引っ張られすぎている。ひょっとすると、まともに〈 ツイスター 〉も見ていないのかも。あの映画は、 アメリカ中央部の広大な台地に点々と存在する集落が被災していた。が、延岡の災害は、 密集する住宅地を通り過ぎて小さいながらも歓楽街を掠めている。絵柄は全く違うじゃないの。ボクがその光景に思いついた言葉は 「市街戦の傷跡」というものであった。例えるなら、〈 フルメタル・ジャケット 〉の後半部分、もしくは〈 BHD 〉あたりか。

 報道って、ボーっと聞いていると、誤った印象を持っちゃうね。やっぱり、メディアには気をつけないと。

posted by 森と海 at 20:58 | Comment(2) | TrackBack(0) | hoge
この記事へのコメント
市街戦のあとといえば阪神大震災の後の風景もああだった。
しかも四方八方がそうで不謹慎ながらも丁度怪獣が暴れたらこんなふうになるんだなと思ったよ。
でも報道でもしそういう言い方してたらアレを温泉地のようですといった某キャスターよりも叩かれるだろうけど。

事実のみを訥々と伝えるってのは難しいね。
Posted by tonbori at 2006年09月18日 22:51
>tonboriサマ
某キャスターとはもしかせて、元朝日新聞にして民放23時台にてニュース&エンターテインメント番組のメインを仰せつかっているアノ人ですか?
あの方はもとより、その民放自体がヤラセ&仕込みのオンパレードで、お父さんの為のテレビ番組と化しているんで、今更誰もマトモには見ていないと思ってました。

叩かれる叩かれないで言えば、ボクは被災していないので他人事と言われても仕方ないのだけど、キー局の関東集中の報道には、落胆を通り越して呆れます。「13号よ関東直撃しれ」と腹黒く思うのでした。
Posted by 森と海 at 2006年09月19日 21:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。