2006年10月02日

**邦画は何処に向かっているのだろうか?〈 稲妻ルーシー 〉**

 映画番長の中のワラ番長シリーズ〈 稲妻ルーシー 〉を、 とりあえずどうにかこうにか最後まで観通したんだが・・・、これって面白いのか?

 

 主演の佐藤仁美は嫌いではない。 って佐藤仁美でピンと来るようでは、 普通の暮らしに満足していない係数が高いので気を付けるように!

 巻き込み型主人公によるドタバタ系ボタンの掛け違いコメディを狙っているのは映画にさほど詳しくないボクにも判った。が、 どこで笑えばいいのでしょうか?疑問は検索の母、早速ググってみましたですよ。そうしたら少ないながらも、 いくつかレビューが上がってました。中には、「面白かった」の一つ覚えのぽよぽよ系に混じって、 筋道立てて前後の論説をビタっと合わせる玄人はだしな人も散見されました。こういう文章は参考になるね。

 しかしながら、ボクには一向に面白さが理解できない。無表情の女の子がハチャメチャなことをするというシチュエーションは、 過去あまたの芸人さんたちが、手を変え品を変え、コントにしてきた話のままじゃないのかと。 もちろん芸人さんは佐藤仁美ほど可愛いわけではないから、そこの落差を楽しむという手はあるだろう。でもね、 涼しい顔をして周りをケムに巻くなんていうのは、フランキー堺さんがとっくの昔にしてきたことなのだよ。 向き不向きという言葉で片付けるのは簡単なのだが、邦画、特にインディーズ系に同じ臭いを感じる作品が多いと感じるところもあるんで。 〈ゾンビ極道 〉なんてヒドイのよ。〈 仁義の墓場 〉に敬意を表しつつ、そのじつ〈 フルメタル極道 〉の骨子を頂いて三池さんに目配せ、 しかしながら〈 フルメタル極道 〉程のラストのエクスプロージョンは無いという脱力具合。これは予算云々という次元ではない。 ローバジェットだからこそハッタリ噛まさないといけないのとちゃう?

 はっきり言えば、楽屋ウケ狙いの映研映画みたいじゃないの?それでイインカ帝国!(by カラムーチョ:解説すると、 こういう発言を楽屋ウケ狙いという。)とりあえず、ボクには理解不能なんで、誰か我こそはと思う方がいましたら、ご教授願いたいものです。 しかしながら、「オマエのせいで貴重な時間を潰した」だとか「私の90分を返せ」というようなTBが来た暁には、 遠慮なく削除するのであしからず。

 それにしても、現実に面白いという意見もある中、コレの面白さが判らないなんて、・・・ ボクもオールドタイプということなのでしょうか?


 ジャケ写が写ってないではないか!クリックなどせんでもよい。

posted by 森と海 at 22:32 | Comment(2) | TrackBack(1) | Movie(邦)
この記事へのコメント
ピンと来ませんでした!
普通の暮らしに満足しちゃってます、笑。

私はこの手の映画は手にとりすらしませんねぇ・・・冒険心があるということでまだまだオールドタイプじゃないんじゃないですか?
日本映画には失敗してもいいから本気っぷりをみせてほしいなと思ってます。
Posted by cardhu at 2006年10月03日 00:57
>cardhuサマ
いやね、この映画番長シリーズの中でも、ホラー番長の〈 稀人 〉とか、エロス番長の〈 ユダ 〉なんかは当たりなのよ。デジタルカメラの粗さを逆手にとって、時間の流れがシンクロしてゆくかのようで。

で、冒険しちゃいました。
Posted by 森と海 at 2006年10月03日 22:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

佐藤仁美
Excerpt: 佐藤仁美佐藤仁美(さとうひとみ、1979年10月10日 - )は日本の女優。ホリプロ所属。愛知県出身。1995年、第20回ホリプロスカウトキャラバンでグランプリを受..
Weblog: ゆいの部屋
Tracked: 2007-07-24 04:41
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。