2006年10月09日

**今だからこそ〈 皇帝のいない八月 〉**

 きな臭いことになっちまいましたね。人文字の訓練でもしてればよいものを、なんだか焦って既成事実を作りたかったみたい。 アメちゃんには好都合でしょうが、もしもの場合にはアメちゃんとこには火の粉は降りかからなくて、わたしらのとこがとばっちりくいますもの。 テ〇ドンの精度が高かったら大都市周辺が危ないだろうけど、アノ精度ではどこに落ちるか分らない。開戦したら、どこにいても危ないでっせ。

 これでまた、憲法改正論議に拍車がかかりますね。9条を修正して交戦権を明記、自衛隊を自衛軍に改変、有事に備えると。 自衛隊と名乗っていても、諸外国から見たら軍隊に変わりはないのですけどね。例えば、イージス艦を持っている国は、米国、日本、スペイン、(ノルウェーもでした)、 韓国のみ。防衛予算だって、世界有数の規模。これで「軍隊ではありません」と言ったって、どこも鵜呑みにはしません。 警察予備隊も既成事実の積み重ね。

 

 で、〈 皇帝のいない八月 〉。

 自衛官による軍事クーデターおよびその挫折、andその事実の国家による揉み消し、がそのすべてではありますが、 なんでこんなに面白いの? 過去記録されている自衛隊がらみの事件と言えば、現役自衛官でもない作家さんが駐屯地でアジテート演説して自殺しちゃった事件ぐらいで、 その他には浮かんできませんが、実はまだほかにも未遂事件とかあってなかったことになっているんじゃないのとゲスな勘ぐりもしたくなる。 アングラジャーナリズムは、掴んでたんじゃないかと。

 なんだかものすごく印象に残る場面が、この映画には多い。例えば、5年ぶりに娘(吉永小百合)の家を訪問した江見(三国連太郎)が、 差し出されるままサッポロ瓶ビールを駆け付け3杯一気に頂く場面など、「こういう時は黙って飲むに限るんだなあ、 それにしても呑みっぷりがいいなあ。でも決して旨そうではないけど。」とか。福岡駅で切符を譲ってくれと絡む2人の足元(半長靴)を見て、 石森(山本圭)が「自衛隊員ですね」と気づくところなんかも、「やっぱり人は足元で氏素性がバレちゃうんだな。」とか。内調の利倉 (高橋悦史)が、妙なチョッキ(ベストとは呼びたくない)を着て登場とか。それからそれから、登場人物の去り様も特徴がある。藤崎 (渡瀬恒彦)が死に際に起爆装置を押そうとするが、死してなおそれを拒む杏子(吉永)の指。政敵の両方に通じていた銀座の彩子(太地喜和子) ママの口封じの全裸死体。車椅子に乗った前頭葉をいじられちゃった江見(三国連太郎)などなど。

 それら一つ一つはありえないぐらい馬鹿設定なのだけれど、通しで見ると納得できるから不思議だ。というか、 クーデター物であるのに特殊車両の類もあまり出てこない。こういう設定って、「自衛隊の協力がないと真実味がないけど、 設定が設定だけに協力は得られないよなあ(事実本作は自衛隊の協力なし。あたりまえか。)」とばかり思っていたが、 最小限の持ち道具だけで納得させる嘘の旨さ。ほんとに最小限。藤崎(渡瀬)隊と東上(山崎努)隊以外は、 〇〇隊鎮圧って文字だけで御紹介だもの。話を複数進行させて、Aの進捗をBで説明し、 Bの現在をCで語るという風にズラした脚本の旨さだろう。これなら〈 亡国のイージス 〉より安い予算でリメイク可能だよ。 どうしてあんなツマラナイ〈 イージス 〉などを撮るのか不思議で不思議で・・・。

 さて、物語も終盤、藤崎元一佐の伝統ある日の本への再生を謳う演説が長々と続くのだけれど、そこで何度も繰り返されるフレーズが 「美しい日本」。どっかの政治家の人も「美しい国」などと謳ってました。〈 皇帝のいない八月 〉を何度も何度も観たせいか、「美しい国」 と言われると右に直結してしまって、なんだか可笑しくってね。そんなに主義主張をモロ出しにしなくても(笑)・・・と。

 

posted by 森と海 at 22:30 | Comment(2) | TrackBack(0) | Movie(邦)
この記事へのコメント
詳しく覚えていないんだけど確か松竹のオールスター映画だったんじゃなかったっけ?
でイージスに関して言えば『KT』がホントに抑えた良作(佳作)だったもんで期待していたのにあのカッコになってしまったのはやはり自衛隊に『協力』ってのがネックだという事ですな。かのリメイク戦国自衛隊も本家は全然協力を得られなかったことを考えるとなまじ協力を得るよりは無い方がすげーモンが出来る(もちろんモノホンのリアルとか凄さというのもあるけども)無い方が人間知恵を絞るものだし(笑)
Posted by tonbori at 2006年10月11日 00:12
自衛隊に協力してもらうと、「ちょっと、そういう話は勘弁。」ってなりますものな。
その点、アメリカ軍は寛大です。軍が暴走するような話でも中身によっては協力したりして。あっ、香港も寛大だ。〈 PTU 〉は香港警察の協力があるみたいだし。アノ内容なのに(笑。
Posted by 森と海 at 2006年10月12日 22:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/25159634
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。