2006年11月03日

**観てはいけない・・・〈 アレックス 〉**

ココ注目⇒

 まだ発売もされていないライトノベルですが、 こんな目に付きやすいところの貼ったのもひとえに作者さんからの要請があった為。誼阿古(なんと読むんだ?ギアコ⇒ギャーコ? なんだか口うるさそうじゃないの。まっ、たぶん『よしみあこ』なんだろ。)という作家さんですが、ここ2年来の友人でもありまして、 「自分ではPRできない」という普段の様子からは予想もつかないビビリ具合でありましたので、ここでさらし上げしときます(なんだぁ? ナイーブなのか?)。

 発売されたら、読んでみるっていうのもオツなんでレポしようかな。 頭のかたすみにでも置いといてもらえれば。

 で、散々読めとPRした後に何ですが、今日は正反対に観てはいけない映画〈 アレックス 〉であります。

 

 ”アレックス”といっても、先ごろ発売されたオーリスの先代のことではなく、ギャスパー・”鬼畜”・ノエの今のところの最新作。 前作〈 カノン 〉が言葉の暴力なら、こちらは映像の暴力(被害者は勿論観客)。

 モニカ・ベルッチのア〇ルレ〇プとか、ヴァンサン・カッセルのお宝が〇見えなどというセンセーショナルな話題先行で、 日本公開をなんとかこなそうとした宣伝マンたちは立派ですが、 それを実行するにはノエの旧作をことごとく廃盤にしないと効果なかったんじゃないの?つーくらい、〈 カノン 〉も見事な作品でした。さて、 〈 アレックス 〉は???

 ざっくり後ろからあらすじを言ってしまえば、「ベルッチが暴行されて、逆上した彼(ヴァンサン)と元彼が復讐を果たすが、 別人でした。」というもの。このあっさりした内容を時間を遡りながらワンステップづつ帰りみるという形態。とは言っても、〈メメント 〉や 〈 パルプ・フィクション 〉ほどのヒネリも無く我慢強く観続けることさえできれば、謎などはない。

 バイオレンスも目を背けたくなるほど強力だし、ゲイクラブの中も退廃というか生理的に受け付けないほど汚い(〈 ソドムの市 〉とタメを張るほど)のだけれど、 それよりなにより監督の悪意が伝わってくるのが、ステップごとの繋ぎの部分。ヒッチコックが〈 ロープ 〉の中で使った手は、 例えば黒のスーツの背をアップにして次のカットの黒い部分に繋げるというようなものだったが、〈 アレックス 〉 におけるカメラワークはグルングルンである。暗くモヤのかかったような中を、カメラは上も下も右も左も判らなくなるほどのたうちまわる。 注視していると、乗り物酔いの症状を訴えるのは必至。アルコールなど摂取している状態では、気分が悪くなるのは当たり前。 ひょっとするとモドシそうになります。危険!!! 悪酔いしたければドウゾと言っているようなもの。そんな繋ぎのグルグルが度々であります。

 おまけに、ラストに至ってはピカチューも逃げ出すほどのピカピカ具合。光の点滅がしばらく続きます。意味もなく。 ボクは目を伏せましたよ。もう危なかったですもん。

 悪趣味です、監督。観客を不愉快にさせようという意思がありありで。普通に良い映画を追っている人なら、 間違っても観ることはない映画ですが、「これ、なんかスゲーらしいよ。」 などというスケベ根性丸出しで怖いもの観たさな輩の方々に忠告いたします。間違っても観るんじゃないよ。振り返ったら石になるから。

 いや、ほんと。20年前に流行ったビデオドラックより何倍もトリップできる。ただしバッドトリップだが。

 


 どうりで、何処行っても安売りしているはずだ。売れないのだな。

posted by 森と海 at 21:46 | Comment(5) | TrackBack(0) | Movie(他)
この記事へのコメント
読んでからドーンとしようと思ってたけど確かに勝ってもらわないけないしね(^^;
でもこーゆうのとやるってところになんかナイスを感じるデス(^^;
Posted by tonbori at 2006年11月03日 22:06
いやもう、「こんなものと一緒に並べるなー!」とacoさんに怒られやしないかと心配で心配で(笑。
Posted by 森と海 at 2006年11月04日 23:21
スマヌ、tonboriさんに続いて気づくの遅れて。
ありがたさに涙が出るわ、今後、どんなにいじめられてもついて行くわ。しかも左フレームには……拝もうか?
んで、
ヴァンサン・カッセルが出てる映画と並べられるとは、なんと光栄なことかと思いますが、何か。
Posted by 今さら、どうも名乗れん。 at 2006年11月14日 03:42
発売オメ。
まだ注文しとらん。アマゾンで買うものがないから1500円に満たないのだ。忙しくて書店に行ってないので、地元に入荷しているかどうかも判らん。
初日何万部出た?
Posted by 森と海 at 2006年11月14日 22:42
しみつ。
つて、後発の小さなレーベルだぞ。
おまけにボスが頭抱えるくらい、
あのラインで浮きまくっておって(爆)。
そういった諸般の事情の結果、
まったく大した数ではないと思ってくれたまい。
Posted by 名乗れん。 at 2006年11月15日 01:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。