2006年11月18日

**冒頭の演出は小気味いい〈 フライトプラン 〉**

 コノ本⇒を探しに近所のイオン(ジャスコ)の中の本屋に行ったんですがね、なかなか棚さえ見つからないし、 やっとGAの棚を見つけたら「魔法」とか「戦士」とかいうワードのオンパレードだ。そんでもって、そこいら辺にたむろしているのは、 ジョシチュウガクセイと思しき得体のしれない別世界の者ドモ。わたくしのようなオッサンは、はっきり言って浮いてました。ふと気づくと、 レジのオネーサンが怪訝な表情でボクの動向を窺っておりますです、ハイ。んー違う違う、盗撮野郎じゃありません!変質者でもありません! 居たたまれなくなったボクはそそくさと退散しましたよ。んで、結局お目当ての御本は入荷していませんでした。やっぱ、アマかぁ?

 落語じゃありませんが、頭の部分(マクラ)を面白くしようと日々精進しているつもりではありますが、 如何せん湿りっぱなしなこのブログはさておき、〈 フライトプラン 〉の冒頭10分は小気味いいぞぅ。

 

 さて、とりあえず最後まで見た感想は、・・・クラリスを演じた女優は、 子供を奪われた母親を演らねばならないのでしょうか?これ定説?ついでに自力で子供を取り戻す強い母でもなくちゃならんのでしょうな。

 法則を見抜いたところで、まずは誉めてみますか。第一に挙げられるのが、上で言ってるとおり導入部が素晴らしい。ジョディ・ フォスター親子が旅客機に搭乗するまでホンの少ししかありませんが、その僅かな時間の中で、 @旦那が亡くなったことAその死が転落事故だったことB場所は自宅アパートメントの玄関だったことC母娘とも情緒不安定になっていることDこのフライトは今居るベルリンからアメリカに戻る旅であることE旦那の棺も一緒にフライトすることF母はその搭乗機のエンジン開発エンジニアだったこと (伏線)等をイメージを重ねながら過不足なく説明。こりゃ上手い!基本の設定はすべて網羅。 しかもグタグタを説明っぽい描写を続けることなく、時間軸をザッピングした断片的なイメージのみで。 アパートメント玄関上のなんかの像の顔半分が欠けているのを見れば、「ああ、旦那はここに引っ掛かりながら落ちた訳ね。 それで娘が玄関を嫌がる訳だわ。」と、後から納得できることしきり。

 前半は滅法面白いのよ。このまま、実は旦那と娘を亡くした妄想女の迷惑話で終わらせたら、 この製作会社は神だなあ(いや悪魔)とかとも思うほど。しかしだね、事の真相が解明されるにつれ、それはないだろうとか、 まわりっくどすぎるだろとツッコミまくり。だって、ナニがナニでナニしたっていうのは、映画の中でよくある話だよ(って、 映画の中の話ですがなにか?)。主犯は一番ありえない奴っていうのは王道中の王道だけどまあいいとしよう。共犯は設定上キャビン・ アテンダントを引き込んでおかないとお話にならないのは最初から判っていることで、その共犯に浅丘ルリ子似のCAを置くところなんざ、 判っているじゃないのとニヤリ。洋の東西を問わず、浅丘ルリ子顔といえばアヤしいに決まっているのだ(浅丘さんごめんなさい)。

 当て推量で物言えば、始めに「10000フィートの密室で子供が居なくなった」という話ありきで、 そこに肉付けしまくったんじゃないのか?「んーと、んーと、 母親は旅客機の隅々まで探し回るんだから、この機について詳しくなきゃならん。そーだ、開発エンジニアにしとこう!」 こんなライターの声が生生しく聞こえてくるようだ。 「犯人像はどうしようか? 陰謀物にすると相手がデカすぎるからスーパーおかーさんでもなければ解決できないしなー・・・、やっぱり身代金目的にしとくか。」 こんな呟きも聞こえてくる。

 アイデアとしては、密室でしかも犯人もその中にいるという推理小説ならばこれ以上ないほどのシチュエーションなれど、 最後の詰めが甘かった。演出はいいのにシナリオが足を引っ張っている。というか、このワンアイデア(10000フィートの密室) をどう料理すれば面白く片付くのか想像もつかないが、ほんとにそんな上手い纏め方はあるのだろうか?非常に(使わないと勿体無いくらい) 魅力的なアイデアなのだけれど、上手く纏められなきゃボツという選択肢もあったと思うのですがね。

 


 言わずと知れた「女捜査官はつらいよ」シリーズ。


 そしてこちらがもう一つの子供誘拐もの。

posted by 森と海 at 23:42 | Comment(2) | TrackBack(0) | Movie(米)
この記事へのコメント
枕部に関して、
時間はかかるが書店注文というのが、一番金がかからんと思う。1〜2週間かかるが、すまんのう、苦労をかけて(涙)。

映画に関して、
同意見。つかさあ、有り体に言うと、J・フォスターってJ・ロバーツと並ぶ大嫌い女なんで、彼女が騒ぐと勘に触るの(爆)。だもんで、その勘に触る部分を生かし切って、最後まで妄想女やってくれてりゃオモロかったのにと思ったですよ。
>浅丘ルリ子顔
爆+拍手。
Posted by acoyo at 2006年11月19日 13:32
マクラ部分はフィクションですから・・・ご心配なさるな。

神経質そうな女優が騒ぎ立てる部分ってのは、すべての女優を愛すると自称するボクでもうざったいYO。でも妄想女で終わったら、21世紀に残る詐欺映画だろうに(笑。
Posted by 森と海 at 2006年11月19日 20:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/27769320
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。