2006年11月27日

**〈 漂流街 THE HAZARD CITY 〉でとりあえず第一幕終了**

 その存在はかなーり以前から認識していたが、ずーっとスルーしていた〈 漂流街 THE HAZARD CITY 〉を今頃観る。

 なんでスルーしていたのかって?

 そんなモン、主演のTEAHが嫌いだからだよ!奴は190cmを越える身長にしなやかな体・浅黒い肌、 ボクに無いモノをいっぱい持っているからね。格好良すぎるじゃないか!そんな奴嫌いなんだよ(人はそれを妬みと呼ぶ)。

 

 で、曇った審美眼を通しても、結構オモシれーじゃん!なのだ。乱暴な言い方をすれば、〈 日本黒社会 〉で 〈デッド・オア・アライブ 〉な作品なの。ってモロネタバレじゃん、これじゃ。

 いつものように、主演は日本人にして日本人にあらず、 かといって本国ではジャパニーズと呼ばれてしまうアイデンティティ喪失気味の合〇〇子な方。 そんな主人公がイリーガルなことのまで手を染めて、日本社会で生き延びようともがくが、 日本型システムに飲み込まれた方々にことごとく打ち砕かれるという話。この作品まで何度となく繰り返されてきた三池監督の好むモチーフ。 今回は、原作が馳星周さんということですが、全く変わらぬ今までどおりのカラー。(関係ないけど、チャウ・シンチーは何故ずっとチャウ・ シンチーなのだろうか?世界進出を鑑みれば、英名+姓のステファン・チャウに統一したほうがいいんでない。 特に最近の香港俳優はみんな英名+姓のスタイルなのにな。ニック・チョンにしたって昔はチョン・ガーファイだったって言うのに。今、 香港名で活動しているのはン・マンタとかチョン・シウハイとかのような、イマイチ世界にには乗り出さそうな人ばかりだ。 馳星周さんに聞けば教えてくれるかな?馳さんに訊く機会は一生無いと思うけど。)

 閑話休題(使ってみたかった!)、この作品は三池さんの中でもターニング・ポイントではないのか? 氏のフィルモグラフィなど恐ろしくて列挙できない(恐ろしく多いんだもん)から、allcinema onlineでもimdbでも見てみて欲しい。 2000年公開の本作の前後で毛色が変わってきているような気がしないかい?いや全部が全部は観てないのだけれど。2000年以前は、 なにが鬱積してこういう作品ばかり撮り続けてきたのか知らないけど、 外見的マイノリティーの暴力的爆発を取り扱った作品が多いような気がする(繰り返して言うが全部が全部は観てない。)。2000年以降は、 もっと人間の内面に深く根ざした上でのマイノリティーが弾けるような作品のような気が・・・(また繰り返すが全部が全部は観てない。笑)。 判りやすく言えば、見るからに怪物を扱っている作品群と精神的怪物を扱った作品に乱暴に分けられそうだ。すぐあとの〈 デッド・オア・アライブ 2逃亡者〉 なんて暴力こそテンコモリだけど、それまでの日本映画ではありえなかったほどの大人のファンタジー作じゃないか。 人種等の縛られない、内側から滲むマイノリティーにシフトしているような気がする、極めて私的な意見だけれど (氏はそんなこと別に意識してないよと笑い飛ばしそうだが、残念ながら訊く機会は一生無い。笑)。

 ということデ、勝手に三池作品の第一幕終了と銘打っているのだけれど、近作の雰囲気からして第二幕も終了しているっぽい。 第三幕はいかなるテーマなのか!こいつは今後の研究課題としておこう。

 

posted by 森と海 at 22:57 | Comment(2) | TrackBack(0) | 三池崇史
この記事へのコメント
ああやっとこ観ているやつの話だ(笑)
というか結構DOAの流れという意識で観たから全然そういう意識無かったなあ>第1幕了。
けど確かに近作ではちょっと流れは変わってるっぽい。それは御本人の意識ではなく無意識というか感覚なのかもしれないけど。
あと急に思ったけど『妖怪大戦争』とか『IZO』とかまだ観ぬ『大魔神』とか本当の異形モノを(まあ『IZO』は微妙だけど)撮っているのも多分『ゼブラーマン』からじゃない?いやデータベースみてないから結構いい加減に吹いてるけどそのあたりフィルモグラフィー挙げながら変遷を辿るのも面白そうだす。
Posted by tonbori at 2006年11月28日 00:11
まあ、こういう論戦を張るのって、思いつきをそれっぽく理論武装しているだけですから(爆。

その異形の者って説、案外言い当て妙かも。〈 IZO 〉は一度死んで蘇ってきた怨霊だから、まさしく異形モノでありますですよ、実際。イタダキするかも知れません(笑。
Posted by 森と海 at 2006年12月02日 21:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/28408988
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。