2007年01月16日

**クルーゾー警部のキャラが変わってました 〈 ピンクパンサー 〉**

 昨年公開の方(スティーブ・マーチン主演の方ってことです)の〈 ピンクパンサー 〉を観た。

 面白かった・・・・・。但し単品でみれば・・・。

 

 ぶっちゃけて言うと、ピーター・セラーズの演じたクルーゾーは、的外れながらパッと見鋭そうな推理をして、 ドタバタの挙句に棚ボタで事件解決という天然系。片やスティーブ・マーチン演じるクルーゾーは、ドタバタ的外れの騒動を起こしながら、 事件解決してみれば実は鋭いところを突いていたという能あるタカは系。言葉ジリは似ているようで、よくよく咀嚼してみれば全く反対。つまり、 今回の〈 ピンクパンサー 〉は、プロデュースとシナリオにまで采配を揮ったスティーブ・マーチンのセルフ・ プロデュース能力の披露の場であった。

 って纏めすぎだよ(爆。

 解り易くいうと、〈 サボテン・ブラザーズ 〉 出演の3人で言えば、旧来のクルーゾーってマーティン・ショートなのね。基本的にバカ、しかし憎めないバカ、ナチュラルなバカ。 それをスティーブは、自分の今まで培ってきたキャラクターの方にクルーゾーのキャラクターを引き寄せたのだ。スティーブは、『狂人ながらも、 どこかイカした、どこか知的な、』というイメージを壊せなかったように思う。過去作のファンには、違和感があったのではなかろうか? ボクの個人的な意見では、スティーブは裏方に回って、親友のマーチン・ショートに主演を譲った方がよかったのではとも思える。 そんな映画がヒットするかどうかはまた別の話(笑。

 クルーゾー警部という名を名乗らない、つまりは全くの別の映画とする方法もあったと思うが、ネームバリューのないその映画がヒット・ ・・するとは思えない。それなりに面白かったんだから始末が悪いや。

 余談だが、ジャン・レノが相棒と決まった時点で、過去作のカトーのような活躍は望むべくもない。 クルーゾーにその役柄まで投影したのはまあ上手かったと思うよ。はちゃめちゃカンフー対決がなくなったことと東洋人が出なくなったことは、 個人的には残念。

 

posted by 森と海 at 23:17 | Comment(6) | TrackBack(0) | Movie(米)
この記事へのコメント
 これ最初はジャッキー・チェンに相棒役のオファーがあったとか(本当ですかね)。『80デイズ』の失敗から助演はイヤだと蹴ったらしいですが、実現していたら・・・。
 オリジナルはみかけたことがある程度(笑)なので、全然違和感なくいつものマーチン映画の流れで楽しみましたが、たしかに解決部分は鋭すぎるなぁと感じました。「2」は決定しているみたいですが、どこまで続くか見守りたいところです。
 あ、ジェイソン・ステイサムの使い方もよかったですね、笑。
Posted by cardhu at 2007年01月17日 00:48
ジャッキーですか、勿体無い。
そんなの大御所はもったい無いっすよね。そんな端役にはもったいないっすよ。
冷静に言うと、ジャッキーに陰りがあるのは本当ですが。comeback ジャッキー!

Posted by 森と海 at 2007年01月17日 23:03
ジャッキーに陰りありますか?
食生活を改善するよう医者に言われたとかそういう話はあるみたいですが・・・笑。『香港国際警察』は傑作、『神話』もまあアリですし、ジェット・リーやトニー・チャーとの共演の話も楽しみ!少し元気を取り戻しているかつてのアクションスター(ブルース・ウィリス、スタローンetc)の中でも別格じゃないですか!

まずは『ラッシュアワー3』、セガールが悪役って話もありましたが・・・どうなるか。
『ピンクパンサー』に関してはマーチンと共演することで得られるものは互いに多そうだったなぁとは思います。別の企画ででもダブル主演して欲しいもの。
Posted by cardhu at 2007年01月20日 01:35
>cardhuサマ
陰りは訂正。引退の誤報が流れていたときだったんで。というか路線を微妙に変化させないとあんな激しいアクションばかりでは、もう身が持たないでしょう?本人はまだまだやる気らしいけど、周りが止めなきゃ死んじゃいます。
Posted by 森と海 at 2007年01月24日 18:39
たしかに・・・『ラッシュアワー』の時には内心ほっとしたものです、笑。『マッハ!』がなければ、あのままソフト路線に入っていたかもしれなかったのに・・・サモ・ハンまでやる気になっちゃうし、笑。
Posted by cardhu at 2007年01月25日 01:09
〈 マッハ!!! 〉はマズいでしょう(笑。CG使いませんワイヤー使いませんスタント使いませんでは、「撮影中の事故」なんてことが起こって当然ではないですか!ぜひともチャーには考えてもらいたいものです。
Posted by 森と海 at 2007年01月25日 22:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/31532909
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。