2007年02月07日

**そうきたか、そうきたのか!**

 なんだなんだ、ヤムとも共演かよ!

 そうきたかー、そうきたかー、ラム酒ときてヤムがきて、それに対するのが倉田保昭門下生。これは、秘宝は黙っていない! というかワシら直撃だな(笑。

 ワシらの「ら」とは、ボクだけでなく複数を巻き込んでしまうという意であるからして、身に覚えのある輩は注意するように!!

 あとは、この後チョイ役ででもチャン・シウファイでも出てきた日にゃ昇天でございます。yesasiaで買っちゃいそうだ。

posted by 森と海 at 00:21 | Comment(6) | TrackBack(1) | hoge
この記事へのコメント
「ワシら」の「ら」の末席を汚す身としては、心躍らさずにはいられません!

見事にツボをついてきていますが・・・監督andアクション監督はだれ?という感じ。ジョー・マーとジョー・マは違うんですよねぇ・・・。
Posted by cardhu at 2007年02月07日 19:49
ヤムも出るってのはサニー千葉のアレを思い出すでずぞ(笑)
ということは完全に向こう(香港)の作品っぽいですな。
ただ資本は日本かもしれんけど。
いったいどんなになるのかもうワクワクですがな。
ただアレのようなのはちょっとだけ勘弁?かも。
Posted by tonbori at 2007年02月07日 21:12
>cardhuサマ
香港映画にはホントは疎いボクが、自らのネットリテラシーの限界ギリッギリまで頑張って調べましたゾ。
馬偉豪(ジョー・マ)とは、
ジョーダン・チャン〈 バイオ・ゾンビ 〉のPで、
〈 ラヴァーズ&ドラゴン 〉のPで、
〈 ブラックマスク 〉のWriterで、
〈 ファイティングラブ 〉のDであります。
よくよく調べたら、ホイ・シウホン(大事件のおならブーおじさん)が出てきそうだ。
>tonboriサマ
アレとは〈 バースト・シティ 〉のことでしょうか?アレはアレで有りという広い心を持ちつつあります。それよりも、GTOの出ていたアレの方がアレかなあーと。
Posted by 森と海 at 2007年02月07日 23:07
お調べ感謝です!
allcinemaで調べたら『ブラックマスク』とか『ラヴァーズ&ドラゴン』のジョー・マと『ハッスルキング』の監督ジョー・マーと別人扱いだったので、混乱してました。漢字がわかったので再検索しましたが、同一人物みたいですね。アンディ・オンとアクション対決でもさせてくれると拍手ものですが・・・。

GTOはアレでは格好よく演出されていたので、まあよいかな、と。大スターなのにあんな役を引き受けてしまうアンディの姿にも監督との信頼関係がうかがえて・・・笑。
Posted by cardhu at 2007年02月08日 08:25
アレもアリなら全職殺手もGTOが下手ということを除けば結構アリかもしれんですぞ(笑)
なんぜ劉徳華、香港映画お約束のゲロまで吐いての熱演ですから。
Posted by tonbori at 2007年02月08日 23:51
>cardhuサマ
のようです。〈 算死草 〉の監督さんと同一人物。ベテランのようで、ライター時代には父さんとも仕事をしているとの調べがつきました。

>tonboriサマ
アレもアレもダメダメ感漂っていますが、両方持っているというボクは、やはりアレですかね(爆)?水野さんの映画が、唯々ジャパマネ目当てでないことを祈るのみです。
Posted by 森と海 at 2007年02月11日 21:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

水野美紀 色気シーンに期待大の映画だ!
Excerpt: ●過激なセクシーシーンはあるのかな? 1970年代の人気映画シリーズ「女囚さそり」が女優、水野美紀(32)主演の香港映画「さそり」として復活することが24日、分かった。 &#6381..
Weblog: グラビア・アイドルファンブログ祭り
Tracked: 2007-02-25 13:36
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。