2007年03月10日

**〈 仮面ライダー THE FIRST 〉は〈 CASSHERN 〉と一緒でした**

 と言う訳で観たわけなんですが、感想はタイトル通り

〈 仮面ライダー THE FIRST 〉は〈 CASSHERN 〉 と一緒でした。期待外れ。

 

 仮面ライダーもキャシャーンもオリジナルのテーマって、「人としてのアイデンティティーの喪失、 そして新たなアイデンティティーの獲得」だと思ってたんだけどねー。

「ボクは美しいものを守りたいんだ!」
「美しいものとは?」
「命です。」・・・(激しく要約)。

 何故この頃のリメイク物は、ボクらがガキの時見た極めて内省的な自己確立なテーマであったオリジナルを、 何処の出しても恥ずかしくない(誰もが批判しにくい)外向きのテーマに挿げ替えちゃうんだろうか?「命」とか「戦争反対」とか。 確かに正論なんだけど、やらしいんだよなあ。

 なんだか、「人一人の命は地球より重い」と言わんばかりの話なんだよ。そのくせ、 いろいろ事情のありそうなショッカーの構成員さんたちは敵というだけで問答無用の斬り捨て方。
 こういうテーマを中心に恥ずかしげもなく撮ってしまう製作者って、ボクの歳でも理解できない。尻がむず痒くならないのだろうか? ボクは観てて恥ずかしかったね。

 「人一人の命は地球より重い」なんていう言葉も嘘なんですよ。そんなことあるわけない。地球の方が重いに決まってる。 古来からこの日の本には、「大の虫を生かすためには・・・」なんて言葉もあるくらい。第一、そんなものを計れる天秤があるわけない。 あるわけないけど、地球を軽んじたら元もこうもないのが自明の理。

 なんというかレフトウイングに感化されているというか、戦後教育の失敗と言うか。 いやもちろんボク自身も戦後教育を受けてきた一人なんですけど、これを美化できるほど優等生ではないぞ。まさか世界警察の某国批判という回りくどい話ではないよな(笑。

 テーマは外に向かって大きくなったが、中身が薄くなってしまったような気がしてならない。コレを観るくらいなら〈 真・ 仮面ライダー 〉のほうが余程潔いし、志も高いと思うのだが、ガキの頃仮面ライダーごっこをしていた諸兄はどう思います?

 


ビジュアル的にはネオ懐古調とでもいう感じで素晴らしいのですけど、怪人まで仮面の男っていうのが気にくわねー。


あれ?イメージ無いや。もしも運がよければレンタル店の棚の隅っこに見つけられるはず。解釈だけ替えた正統的仮面ライダー(いわばこの間の〈 ULTRAMAN 〉的なリメイク。

 

 あっなんだ、今頃解ったぞ。テーマありき設定だけ拝借だったんだな。

 

posted by 森と海 at 23:45 | Comment(3) | TrackBack(0) | Movie(邦)
この記事へのコメント
ちょっと気になっていましたが、観るのやめま〜す、笑。『ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟』でも借りようっと。

あ・・・死神博士のデジタル出演は違和感なかったですか?
Posted by cardhu at 2007年03月11日 22:41
おいらは『命は地球でも重い』はアリとは思っているんだけどそのために『地球』を破滅する方を選ぶくらいのラストにしないとねー(笑)だからキャシャーンは再生への希望をつなげたけど実際一つの命を救ってボーンならそこでスパッと終わらせていればなんと漢気があるんだろうと(笑)皆殺しで結局再生って命もへったくれもねーよとかいうことでキャシャーンはアマちゃん判定したんだけどもライダーはテーマよりもまず懐古厨な部分がまずなんだかなだし全体的になんかの宣伝フィルムっぽいのもアレげでしたな(笑)
Posted by tonbori at 2007年03月12日 01:30
>cardhuサマ
死神博士はモニターの中のみの出演。しかもノイズ入りまくりの画像。両脇には一茶と佐田真由美(一茶ってなんだよ?)。改造人間を作れるテクノロジーを持ちながら、ショッカーさんとこの画像伝達はアナログだったようです、貧相。地デジの時代なのにねー(笑。
>tonboriサマ
そ・それは、ゴーグルに首チョンパが写り込む富野は良くて、死そのものは決してはっきりさせずに宗教画でお茶を濁す庵野はダメってこと(笑。冗談はさておき、コイツのダメなとこって、コスプレの兄ちゃんがバイクで走っている程度の矮小さがすべてを覆っていること。貧乏臭いんだよね。
Posted by 森と海 at 2007年03月12日 22:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。