2007年03月24日

**〈 ブルー・クリスマス 〉は〈 ロープ 〉と一緒かもしれない**

 気付けば、邦画専門ブログと化している気もしないでは有りませんが(それも結構クラシックばかり)、それでも、 今日は今日とてまた邦画。

 前回、〈 日本沈没 〉を半ば強引に挙げたのも、ひとえに岡本喜八作品が続いてしまうことを避けたかったことは、公然の秘密(笑。

 ということで、日本映画界にブラックホールのように鎮座する〈 ブルークリスマス 〉だっー!(解説: 表には見えないけど強力な重力が渦巻いているの意)

 これは何なんでしょ?脚本の倉本聡が改変されるのを嫌ったとか聞いてますが、それにしてもなんという無駄のないシナリオなのか! 場面チェンジが頻繁に起こっているけど整理されているし、登場人物たちの会話にはそれとなく物語のヒントが隠されている。 もっとも登場人物たちは、関係のないあちらこちらで好き勝手に喋っているだけで、その関連性については彼らも全く分からない。 先に全貌を把握できるのは、すべてを客観的に観ているボクらの方。小出しするヒントに目が離せません。もう一回言っちゃおうか。 なんという才気溢れるシナリオだろうか!台詞とト書きを拾うだけでも、すっごい勉強になるんじゃない。

 それを受けて監督の岡本喜八さんは、叙情的に撮っては3時間を越えそうなシナリオをドキュメンタリー風に料理。もう徹底していて、 台詞終わったら次の場面と云う風にバッサバッサと編集。それがまた今この世界で起こっていることと勘違いするほどに、ナマさを漂わせている。 監督の作風からは半歩ほど離れているけど、こういう演出もなかったわけではないですから。それにしても割り方が激しい。五代局長 (小沢栄太郎)と竹入論説委員(大滝秀治)が応接テーブルを挟んで、UFO疑惑に対する論調をさらりと話す場面。 カットバックで撮ってるんですが、竹入が実はUFO支持派ではないかと五代が探りを入れた瞬間、竹入の顔にポン。 瞬間苦々しく顔を歪ませる竹入。そのカット秒数にしてほんの1秒かそこいら。再び五代の顔にポン。・・・・いやあ、 サブミリナルかと思っちゃいました。そのっくらい細かい。もともとウェットなのを嫌っているのであろう監督ですが、 ココまでドライにやられるとね。これまた、売られた喧嘩は買うという才気と才気のぶつかり合い。

 閑話休題、最近ジャパニーズホラーの分野で、フェイクドキュメントとかいうものがあるじゃないですか。〈 ノロイ 〉 とかそういうの。あんなのはまだまだ青いなって思いますよ。いくらエセTV番組を挿入したって、「それは作ったんだろ。オマエ」 としか感じませんもん。そこいくと〈 ブルークリスマス 〉は、この日本のどこかで隠密裏に進められている陰謀って気がしますもん。 もちろん78年公開の映画で、今ってことはないのですけど。

 で、主題は、物語にまだあまり関わっていない序盤の西田冴子(竹下景子)が、 白痴ぼーっとした顔で見ているテレビに映るナチスドイツのドキュメンタリーが暗示するように、ナチズムに傾倒していく世界でありまして、 今観てもヒジョーにアブナイ。なんと言っても日本初にして唯一のジェノサイド映画ですから。そんな話をウェットには撮れませんね。 実録風にさらっと撮るほうが賢いのかも知れません。事実、見終わってやるせない気分は有りますが、作風のおかげで他人事のようです。 それにしても、よくまあDVD化されたものです。で、世界的にはKIHACHIとして名の通っている喜八作品ですが、 こいつは海外版では見たことない。〈 リベリオン 〉だって民族浄化映画なんですけど、あっちは未来の絵空事。 こっちは今ここにある危機なんで、おいそれと軽い気持ちでリリースできないのでしょう(もしくは?作扱いなのか?)。

 そういうアブナイ話を空前のノンフィクションドキュメンタリーとして描く姿勢には、 なぜかしらヒッチコックの10ミニッツなんたらかんたらで有名な〈 ロープ 〉を思い起こさせます。〈 ロープ 〉はそれこそ、 「背広の背にカメラが寄った!」のところで大騒ぎの撮影手法に目が行きがちですが、本題はニーチェ超人思想からくる 「優れたものは劣ったものを殺しても構わない」という純粋完全殺人を描いたものです。これもひどくアブナイ。 ヒットラーさんもドイツの哲学者に傾倒していたくさいので、なんだか根っこは同じような気もします。

 〈 ロープ 〉は、危険な主題の目くらましとして奇異な一幕劇風スタイルを取ったという説もあります。さすれば〈ブルークリスマス 〉だって、ドキュメンタリー風を装って、変に共感を与えないようにしたという推論も立つんですが・・・ やはりライターとのガチンコでしょうか?

 

posted by 森と海 at 22:46 | Comment(3) | TrackBack(1) | Movie(邦)
この記事へのコメント
倉本氏が喜八監督がカットしたシーンは話上いらないじゃんと氏に言って納得してもらったと聞いてます。さすが喜八監督(^^;
あとビデオは出てたはず。レンタル屋であのロゴを見た時は『あ!あった!』と借りてずーんと落とされましたが(苦笑)そん頃はまだ喜八監督を意識してというより矢追ネタでワクテカしてた厨房でしたから(^^;
基本的には喜八タッチは特に作風よりも作劇にさかれていたかなと。ドキュメンタリー的な作劇は『日本のいちばん長い日』でもその腕をふるっているのでそのラインなのかも。
けど最初に見た時は岸田森と天本英世がほんの僅かしか出ていないのに全てをもっていっている&テーマを体現しているところが喜八監督。
Posted by tonbori at 2007年03月25日 00:28
はじめまして^^

私のブログで
こちらの記事を紹介させて頂きましたので
ご連絡させて頂きました。よかったらご覧下さい。

紹介記事は
http://oldwanko.blog81.fc2.com/blog-entry-128.html
です。

これからもよろしくお願いいたします^^
Posted by 日本映画を見よう! at 2007年03月25日 10:21
>tonboriサマ
国防庁が暴走族を殺すところですね、カットしたとこ。聞けばホントに要らないカット(笑。
でもこのころの倉本聡さんてば、ホーント才能みなぎってます。なんで、主役のモノローグで説明しちまうような作風になったのでしょうか?

ボク、レンタルを見つけられなかったクチなんですよ。で、今回奈落の底に突き落とされた。中2コースの記事から数えてン十年。
Posted by 森と海 at 2007年03月25日 22:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/36766294

富良野GROUPがやってくる! 〜富良野GROUP2011「歸國」〜
Excerpt:  こんにちは。  ふと気づくと携帯電話の電池が切れていて、これからは2日に1回は充電しようかなと思っている副部長のべえです。自動車のガソリンもそうですが、最後のひと目盛 ...
Weblog: たかす地域情報
Tracked: 2011-06-27 08:12
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。