2014年04月27日

**黎江道の道は険しく**

レンタルレコード屋を始めるなどという時代遅れな事業プランに邁進しているアホではありません。

単にこの間のマイブームの話の続きなんですが・・・、これが結構大変。

物によっては30年ほど放置していた盤などもあり、カビが発生していたり、昔噴霧したスプレーが腐ったコーティングになっていたりと、かけてみると結構ボロボロだったりします。こうなるとクリーナーで拭いたくらいでは綺麗にはなりません。果たしてエンスーな方々はどうしているのだろうと、眼の前の箱に聞いてみたところ・・・。洗うんですって!
中性洗剤で汚れを浮かして水でジャブジャブと。
輸入物では洗浄器があるらしい。30万だとか。
商売になるなら、レコード用超音波洗浄器なんぞを開発したいところ。10万以下でできるよきっと、大儲けだwww。

でも、さすがに洗う度胸は無いなー。
というわけで、もうちょっと敷居の低い方法でやってみます。
用意するのは、無水アルコールと精製水とデンターシステマとシルコット。みなドラッグストアで手に入るものばかり。




無水エタノール水溶液を作って(精製水を使うのはウォーターデポジット対策)、スプレーで吹っかけて歯ブラシでゴシゴシ。歯ブラシぐらいでは傷はつきません。毛先が細くて丸めていないシステマ一択です。あとはシルコットで拭きとって修了です。たったこれだけですが、施工前施工後では大違い、もう全然違う。
たまにでもレコード聴くよって人はぜひやるべきです。無録音部の暗ノイズがガックリ減ります。

そんなこんなでレコードwav化大作戦は苦戦しています。道は険しいのです。


ところで、レコードの帯に「このレコードを賃貸業に使用することを禁じます。また無断でテープその他に録音することは法律で禁じられています。」って書いてるなあ。”テープその他”のその他って具体的に何だよww。当時パソコンなんて想定していなかっただろうに。


次回「付属ソフト使えねー!SOUNDENGINE使っちゃおー!」乞うご期待。
posted by 森と海 at 15:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | MUSIC
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/395683896
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。