2007年05月04日

**GWいかがお過ごしですか? 〈 スパイダーマン3 〉**

 はい、観てきました〈 スパイダーマン3 〉。

 同じ劇場内では話題の〈 バベル 〉も公開中でしたが、 聞くところによると菊地凛子さんの毛ェのドアップに気分を悪くする大きなお友達が続出ということなので、 スパイディーの方にしました。よいこの正しい選択!!

 

 あらすじなどを、ここで書いちゃうのも無粋ってもんですから書きませんが、言ってみれば、「有頂天のGeek、落ち込むGeek、 怒るGeek、勘違いなGeek、傍迷惑なGeek、自らを取り戻すGeek」といったところですか。

 〈 スパイダーマン 〉は、1作目から悩み傷つくヒーロー像を提示していたんで、全くもって正統的なんだけども、〈 2 〉 の圧倒的なまとまり具合・カタマリ感に比べて、〈 3 〉はいささか緩慢なような気がしました。敵を3人も用意したためかバラバラなんですよね。 それと上で言ったGeek具合も、ヒーロー物を見ているというスタンスより、 そのイタサ加減からダメ主人公を据えた学園物でも観ているんじゃないかという気がしました。そう、 いやでもなんでも失敗を繰り返す馬鹿野郎を観客としてフォローしていかなければならないあの忍耐強さを。

 しかしながら、侍meさんもようやくレイドバックできたようで、 全編に渡ってユルイGAGが散りばめられています。なんと言っても、見どころは、ブルース・キャンベル! もう一度言おう、ブルース・キャンベル!! ブルース・キャンベル!!!今回は、出番長いゾ。『 Oui !』

それから例によってスタン・リーも登場。必然性もないのにフレームインしてくっちゃべる爺様は要注意だ。

 

posted by 森と海 at 23:18 | Comment(2) | TrackBack(0) | Movie(米)
この記事へのコメント
……実は私、トビーくん結構好きでして、いや、ごめんな(何で謝るのかw)。でも、この蜘蛛男の件では当初から、「お前、どう考えても単館ロードショー向きキャラのくせに」ってのがあったんす。映画としちゃ1も2も結構好きなんだけどね。ただね……そう、彼だけでなく、サム・ライミが表舞台でぶいぶい言わせてることが嬉しい反面、どこか寂しかったのも事実。
で、「ブルース・キャンベル」の連呼に、ガッツポーズしたくなるの。これはもう性かしら。

なお、「バベル」はホント、チケット売り場で繰り返し警告された。見ちゃいかんのか? と聴き返したくなるくらいに(爆)。
Posted by acoyo at 2007年05月09日 17:44
トビーは悪くないっすよ、たぶん。侍meも悪くない、たぶん。ホンがあまりにも散漫だったから、トータルの出来より、ギャグいれたりCG凝ったりして部分部分を充実させたんではないかと・・・。

トビーの顔を見ると、もう大学生役はキツイなあ。
Posted by 森と海 at 2007年05月13日 22:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/40800995
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。