2007年06月03日

**This is Sparta!! 〈 300 〉**公開記念ネタバレ追記あり

 という訳で、先行上映に行って参りました。

 公開まではあと1週間あるので、詳しいネタは控えますが、血沸き肉踊るこの感覚は抑えようがない!

 

 800

 ごっついがな!

 今日の先行上映には、見るところ若いアベックあり、ボクより年配の方ありと、結構盛況でありました。 アベックの方々はデートでしょうか?この映画見て、そのあと会話が弾むのであれば、相当な猛者。うちの読者になってくださーい。そして、 オイサンたちは、ひょっとしてテルモピュライの戦いを観戦にきた歴史ファンでしょうか? 史実とはちょっと違うんですけど・・・。

 なにはともあれ、前半では戦闘国家スパルタの戦士教練が描かれ、 300人の兵士でもひょっとしたらなんとかなるんじゃないかと思われる説明が続きます。貴族国家なんで彼らが鍛錬に勤しむ間、 彼らを食わせているヘイロタイの労働によって維持されているのだけれど、そこら辺の描写は無し。まあ。いいでしょう、 グラフィック・ノベルが原作だし。

 んで、ご存知のとおり原作はフランク・ミラー。んで、ご存知のとおり〈 シン・シティ 〉の原作者でもある。これがねー、ロバート・ ロドリゲスでもザック・スナイダーでも、結局のところ原作グラフィック・ノベルのイメージを極力残そうとしてるんじゃのいの? ボク原作に目を通してはいないのだけれど、〈 300 〉ってアニメじゃん。表現が悪いかな、 スチルが動いてるだけって言い方の方があっているのかな。第一、作品の色、トータルで印象に残る色っていうのが、ほぼ2色刷りだ。

 どんだけ、フランク・ミラー偉大なんだよ!

 

 この映画、R15なんですよねー。もちろん腕やら足やら首が飛ぶ場面もあり、 腕を植木鉢に生ける輩が出てくるこのご時世ではやむなしなんですが・・・、この映画に一番興奮するのは男子中学生だと思うんですよね。 ボクなんかが、「北斗の拳」に酔いしれていたことからも、類推するにそれは明らか。残虐性とか自己犠牲とか正義ってやつに、 素直に感動できるのはそこいら辺までがリミット。それ以上になると、計算という奴が侵食してきて、 例え物語であっても肯定できなくなってきますもん。えっ、ボクですか?ボクは精神年齢が今だ中学生レベルなんで、充分楽しめました。

 苦言を呈せば、マトリックスに比較されるヴィジュアル・エフェクツは、マトリックスの手法となんら変わりがありません。 インパクトの手前で速度を落としてほぼストップモーション、そこからオリジナルの速度に戻すという変幻自在(笑)のカメラワークなんて、 ボクのいうマトリックス以降という括りそのまま。 打撃のインパクトの後をスローにするとかしたら変化が出るのにねー。

 

 

 

 と、公開しましたなあ(現在6/9)。

 やっぱりというか、予想通りというか、筋肉馬鹿映画って括りと現実のアメリカとの対比という括りでの纏めが目立つもんで、ちょこっとだけシンパとして感じたことなどを。

 兜は重いから外そう。盾はバランスが悪い。なにしろ的は遠いのだから・・・

 とか何とかウロ覚えなんだけど、とにかくここら辺。見た人には分かるあのあたり。全く悲壮感とか覚悟などという大層らしい舞台盛り上げ装置なし。いたって冷静沈着。それが当たり前であるかのような落ち着き具合。もっとも、スパルタで生まれ、戦士として育てられ、成人した男であれば、アレが普通と考えていいのだろうけど、・・・あの肝の据わり具合を体現できる人って、この21世紀の地球上には一人も存在しないんだよねえー。命は地球より重いなどというエセが跋扈しているこの世の中には(地球の方が重いに決まっている!)。危険な思想かもしれないが、なんだか清清しい。ちょこっとしたトラブルでさえテンぱってしまう我が姿を思うに、かくありたいとまで思ってしまう。後のことなど考えず、冷静に、しかも目的に向かって忠実に。

 要は、今のアメリカだイスラムだっていうことには全く関係ないじゃない。だってさ、ムハマンドもキリストも、この時代のずっと後に歴史に登場してくるのだからさ。神話のなかの神々しい神々のお話。

 神話が楽しめれば言うことないじゃない!

posted by 森と海 at 00:09 | Comment(16) | TrackBack(13) | Movie(米)
この記事へのコメント
主演の男がスネーク・プリスキンを演じるのもありという感じでしょうか?笑

作品の画的には『立喰師列伝』とか『AVALON』を思わせる感じですが、お金のかけ方が違いそうですねぇ。この映像を長時間はつらそうだなぁと予告編みて思いましたが、そんなことはなさそうですね!
Posted by cardhu at 2007年06月03日 00:18
あっ、そうだ。ジェラルド・バトラーって次期スネークなんだね。有りですよ、いや大有り。
カート・ラッセルより強面かつ強力そうで、ちょいキャラが変わりそうですけど。
Posted by 森と海 at 2007年06月04日 21:34
もう出撃されましたか・・・。先を越されてしまいました。(笑)
私も先行上映行きたかったのですが、予定が入ってしまい断念いたしました。「シン・シティ」に萌えた少数派なので非常に楽しみです。(笑)
Posted by samurai-kyousuke at 2007年06月05日 00:01
>samurai-kyousukeサマ
万難を排して、出撃いたしました。
この手の映画としては、珍しくアッという間の2時間弱でございました。サクサク進むんです(笑。
まさに、週間少年ジャンプ越えの一作でした。
Posted by 森と海 at 2007年06月05日 22:33
観ましたよ!! ガッツリ血沸き肉踊ってしまいました。
なんでしょう、あのカラリとした爽やかな戦いぶり。ステキー。
自分の中に男子中学生がいるのか.......。
Posted by rivarisaia at 2007年06月09日 23:51
>rivarisaiaサマ
居ます、確かに居ます。
中2男子生徒が居るのです(何故中2なのかは訊かないように)。
Posted by 森と海 at 2007年06月10日 23:02
いや、その……ああ、そうだよ、テルモピュライって聞くと、無条件に血が燃える厨房だよ、私は。涙出てくんだよ、あの話には簡単に(かなり情けねえ)。
だもんで、この映画もねえ、一人や二人くらい私好みの「松田雄作体型」が混じってやいないかと期待してたのだが、そうすればそれを頼りに観れたのにとか……やっぱ無理なのね。銀幕が軋みそう。
Posted by acoyo at 2007年06月11日 01:13
お久でございまする。>acoサマ
帝政ローマのお話もそうですが、ダビテ像のごときマッチョがいっぱいのサンダル史劇に、優作体型の男がいたら見るからに貧相ですし、見る人が見たら稚児さんにしか見えないことですぞよ(笑。
Posted by 森と海 at 2007年06月11日 22:18
観て来ましたよ〜。
まさにミラーのグラフィックノベルの実写化のみに力を注いだ結果を見せ付けられた!って感じ。
ああ原作も(未読)こんな感じやろうなあと思ったらパンフに一部載っててまんま!
スチルが動いているというのはまさに慧眼、わが意を得たりですよ、ええ(笑)
もう特にいいたいこともないので感想エントリはやめとこうかなあ(苦笑)
Posted by tonbori at 2007年06月12日 23:00
おっ、観られましたね。
歴史には残りっこない作品ではありますが、上映2時間足らずの間は満ち足りた時間でありました。
こういうエンタドップリの映画は大好きであります。

そう言わんと、エントリー上げてくださいませ。
Posted by 森と海 at 2007年06月15日 22:37
ようやく観て来ました。
最近少しは大人になったかなぁと思っていたのに、まだまだガキでした。
Posted by micchii at 2007年06月18日 14:04
micchiiサマもまだまだ子供でしたか(笑。

うちに来る人には、〈 300 〉は大ウケですね。不思議と。
Posted by 森と海 at 2007年06月19日 22:09
観てきました!2回、笑。

若干の不満点はありますが、明日への活力を与えてくれる素敵な作品でした!
Posted by cardhu at 2007年07月12日 21:38
でしょう、でしょう。
たぶんdvdで観たら、魅力半減な作品ではないかと。ちっちゃなモニターではあの血流ドクドク感は得られないかと。

コメント遅れてすいませんです。
Posted by 森と海 at 2007年07月17日 23:11
TBありがとう。
十分なおっさんですが、中学生並に、楽しめましたです、ハイ(笑)
Posted by kimion20002000 at 2007年12月11日 23:09
どうも初めまして、kimion20002000さん。
私、悪い性癖がありまして、映画においては頭悪そうで見た目派手なものがこの上なく好きなのです。
そんなところから中学生映画と言ってみてしまいました。
Posted by 森と海 at 2007年12月13日 22:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

300(スリー・ハンドレッド)
Excerpt: 観ましたよ! ドゴーン映画『300(スリーハンドレッド)』監督ザック・スナイダー。 まあイラン政府がムッとするのはわからないでもないですが、でもこれ、フランク・ミラーのグラフィック・ノベルだから..
Weblog: 春巻雑記帳
Tracked: 2007-06-09 23:54

「300」観賞時の諸注意
Excerpt: 本日は「samuraiシネマズ八王子」にお越し頂きましてまことにありがとうございます。 お客様にお願い致します。上映中のおしゃべり、お煙草は禁止となっております。また携帯電話は電源からお切り頂く様お..
Weblog: samuraiの気になる映画
Tracked: 2007-06-10 15:20

『300 <スリーハンドレッド>』(2006/ザック・スナイダー)
Excerpt: 300(2006/アメリカ) 【監督】ザック・スナイダー 【出演】ジェラルド・バトラー/レナ・ヘディ/デヴィッド・ウェンハム This is Sparta! 遅ればせながら、『3..
Weblog: 愛すべき映画たち
Tracked: 2007-06-18 13:59

300/スリーハンドレッド
Excerpt: 伝説の追体験。 脳裏に刻み込まれました。
Weblog: Akira's VOICE
Tracked: 2007-06-19 18:13

【2007-82】300<スリーハンドレッド>
Excerpt: 人気ブログランキングの順位は? 戦えない子供は谷底へ突き落とされ、 男たちはとてつもない国を育てた。 スパルタだ・・・ そこに侵略軍が現れた 人類史上── 最強の300..
Weblog: ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!
Tracked: 2007-06-19 23:51

300 <スリーハンドレッド> 観てきました。
Excerpt:  最初は観なくても良いかなと思っていたのですが、かなり評判が良いと言うことで300 <スリーハンドレッド>を観てきました。
Weblog: よしなしごと
Tracked: 2007-06-24 09:10

「300(スリーハンドレッド)」
Excerpt: 公開中の映画「300(スリーハンドレッド)」を観賞。監督・脚本はザック・スナイダー。製作総指揮・原作はフランク・ミラ。出演はジェラルド・バトラー、レナ・ヘディー、デイビッド・ウェナム、ドミニク・ウェス..
Weblog: やまたくの音吐朗々Diary
Tracked: 2007-06-27 10:46

「300<スリーハンドレッド>」
Excerpt: 歴史ものは好きだけど、予告を見る限りちょっと違いそうなので、観に行くのもちょっとためらっていました。けど話題になっているとやはり気になる。 …とにかく最初から最後まで戦って戦って戦いまくり!突っ込み..
Weblog: Tokyo Sea Side
Tracked: 2007-06-28 15:46

300 07130
Excerpt: 300 スリーハンドレッド 300 2006年  ザック・スナイダー 監督・脚本  フランク・ミラー 原作・制作総指揮  リン・バーリー 原作ジェラルド・バトラー レナ・ヘディー デイビッド・ウェナ..
Weblog: 猫姫じゃ
Tracked: 2007-06-29 12:53

mini review 07084「300 スリーハンドレッド」★★★★★★★☆☆☆
Excerpt: 解説: 『シン・シティ』でも知られるフランク・ミラーのグラフィック・ノベルを基に、スパルタの兵士300人がペルシアの巨大軍と戦う姿を描いたアクション超大作。監督は『ドーン・オブ・ザ・デッド』のザ..
Weblog: サーカスな日々
Tracked: 2007-12-11 02:19

300<スリーハンドレッド>…期待しすぎたの?私が??
Excerpt: 今日{/kaeru_fine/}は、地元のお金かからないイベントのひとつ“勝山橋ホクホク食堂”ってのに出かけました。 オクサンの知り合いが“九州手打ち蕎麦愛好会”ってので出店。 十割手打ち蕎麦ってのを..
Weblog: ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
Tracked: 2007-12-11 22:08

300 <スリーハンドレッド>
Excerpt: これ、気になってたんですよね。 DVDで鑑賞。 紀元前480年。 スパルタ王レオニダスのもとに 圧倒的な軍力を誇るペルシア帝国・クセルクセス王の遣いがやって来た。 土地と水を差し出さ..
Weblog: 映画、言いたい放題!
Tracked: 2007-12-29 08:24

300〜スリーハンドレッド〜 <ネタバレあり>
Excerpt: 血、血、血、飛びまくる血明らかにCGで作った血だったので 不思議と結構観れるもの。リアルに吹き出ていたら とても最後まで観れやしないっ紀元前480年 ここでは最強のスパルタ兵を育てる為に、男の子は生ま..
Weblog: HAPPYMANIA
Tracked: 2008-02-14 02:27
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。