2004年09月23日

**「ALIEN」は物議をかもす**

 DVDvideoの普及とともに、それまでは一般には窺い知ることの出来なかった監督の意図が、ボクらボンクラの元まで降りてきた。 それまでは公開映像・スチル・関係資料で想像するしかなかったものが。

 こんばんは、森と海です。

 DVDの最大の恩恵は、クリアな映像で、しかもスチルも思いのままに吟味できること。 もう一つは特典映像として未公開シーンや削除されたシーンを体験できること。

 〈エイリアン〉について検証したいと思う。が、 あくまでも元ネタありです。ボクオリジナルではない。それから、とりあげる映画が映画だもんで、R15ということでよろしく。

 alien 左の写真は、H.R.ギーガ―のネクロノミコンからのイラストです。いつ見てもキショク悪い。 あと尻尾が変? こんな格好で表れるシーンはない?

いえ、こういう格好で姿を現す場面がある。ノストロモ号唯一の女性犠牲者ランバード殺害のシーンだ。 DVDの削除されたシーンがそれだ。持ってる人は確認を。

このシーン、「エイリアンが人間くさい為、削除した」となっている。確かにモロ出しよりチラリズムのほうが燃える。 エロでなくったって萌える。

本編に戻って、同一シーンを見てみる。
ランバート冷却剤引き抜くのに必死。エイリアンの影。ランバート気付いて怯える。パーカー異変に気付く。声のみ「どけ、俺が殺す」。 ランバート掴みかかる。エイリアン振り向いて襟首掴む。もみ合い。エイリアンのマウスinマウス、パーカーに炸裂。 ランバートのカーゴパンツ& ワークブーツの脚の間に尻尾が伸びる。声のみ「嗚呼ー、ハアハアハアハア、ギャー」。 リプリー到着。ぶら下がった血まみれの女性の素脚

なにを言いたいのか、妄想好きの諸兄ならばお分かりだと思う。

リドリースコットは当初、エロとグロとホラー(昔っからセットです)を混ぜた、いうなれば「13金」 らしき物を狙っていたのではないか?そう考えれば、エイリアンデザインにちりばめられた性の記号も納得できる。ところが、 ラッシュを見るとトンデモナイ傑作の予感があったため、監督自らか、プロデューサーか、FOXの重役かが、 あのシーンを削除されたのではないのか?(当時のFOXの責任者がアラン・ラッドJrなら彼だろう。彼の見る目は正しいことが多い。)

あくまでも確認の取れない想像でしかないが、DVDの普及は、ボクのようなボンクラをここまで妄想させるに充分な機会を与えてくれる。
ボクは男性だから面白いの一言で済ませられるが、女性の中には、この映画に生理的嫌悪感を抱いている人もいるのかも知れない。 潜在無意識にこういったイメージを刷り込まれることによって。

追記
エイリアンと戦うのがリプリーって言うのも、性的犯罪者VS女性ってことで王道です。一人で納得。

 
posted by 森と海 at 00:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | Movie(米)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/4616778
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。