2004年10月10日

**大事件 Breaking News ネタバレあり**

 香港からアッチ盤を取り寄せました。もちろん日本語字幕はありませんが、 英語字幕を頼りに3回ほど見てようやく大体の内容を把握しました。やっぱり、学生時代にもっと勉強しとけば・・・(以下略)。まあ、 内容が内容だけに(専門用語等はなし)理解できましたが。それよりも、皇家香港警察の実行部隊の知識がないため戸惑いました。

 以下、ちょっとだけまとめます。
CID・・・私服警官。重案組とも呼ばれている。ジャッキーのポリス・ストーリーもこの重案組を描いたもの。
PTU・・・機動部隊。日本の機動隊みたいなもんでしょう。
SDU・・・対テロリスト特殊部隊で、重火器・重装備。ボディアーマーにSAS防火カバーオール、H&KMP5ときたもんだ。 さすがは元英国領。
                                

『皇家香港警察』 を参考にしました。−

  この映画、香港警察のPPRB(広報みたいなものか?)の協力を得ていて、割とその辺はちゃんとしているようです。

 

 

bn1

  さて、本題に移りましょう。
 始まってすぐ、カメラは遠くのビルを写します。そのカメラが下に下りてきて通りを歩いてくる男を追いかけます。男は建物の二階へ。 カメラはクレーンで上がって外から窓越しにその部屋の様子を伺います。
 やがて、二階から男達が降りてきて車に乗り込 もうとしたところ、制服警官に

bn2

職質を受けます。その後方、および周りには、CIDの面々がマークしていましたが、 制服警官の登場を苦々しく見つめます。
 ほどなくして制服警官を男達の一人が撃ったことから、CIDとの銃撃戦 が開始されます。カメラは上に行ったり、周りをパンしたり大忙し。
 

 

bn3

激しい銃撃戦のさなか、男達は車を奪い逃げますが、駄賃とばかりにRPGをおみまいします。 物陰に飛び込むCIDのボス。

 ここまでな・ん・と・ワンカット  

おいおい、すごいよー。なんだかカメラ

bn4

がよたよたするし、パンばっかりしていて 違和感があったんですが、ステディカムでずーっと撮ってたんだ。このカメラ、 銃撃戦の真中にいて、周りを映すべ くパン一周するしますし、クレーンにもそのまま乗ります。
 緻密なリハを、何回も行わないとこんなの撮れません。車にバシバシ銃痕がつくんだもん。一発勝負でしょう。

bn5

  この冒頭部分で、すでに

 

ボクはやられました。 もう、どうにどうにでもしてくれ!

 もうこうなったら目が離せません。とはいえまだ始まって10分足らず、ボク、もつだろうか?
 
 警官のホールドアップにより、著しく失われた信用を取り戻すべく、メディア戦略を指揮するのが、ケリー・チャンふんするレベッカです。 このオンナ、劇中一度も笑わない。微笑さえない。常に厳しい目つき。ちょっとマゾっ気のある男でしたらイチコロでしょう。ボクは違いますが。
  このオンナ、徹底したメディア戦略をとります。報道を把握し、さっき出動したばかりのPTUをSE付きで勇ましくTVに流したりして。
 この映像越しに指揮を執るオンナ指揮官て、ひょっとして「踊る大走査線−レインボー〜」からの引用でしょうか?ボクは観てないのですが、 あれってSATまで登場するんでしょう?
 それに対応して犯人側も、メディアを使って応戦します。ネットにPTUの撃退の瞬間をアップしたり。くしくも、犯人側のリーダー、 リッチー・レン扮するユエンは言います。

 

「This is a psychological battle」

 

 犯人側のほうには、確かに悪いやつなんだけど、魅力的な人物達(ユエンしかり、 途中で合流することになるヒットマンのリーダー格しかり。この二人、篭城中に料理を作ったりする)が描かれる一方で、警察側は、 レベッカはマスコミで頭が一杯だったり、ニック・チョン扮するCIDのボスは、 暴走しまくりの危ない野郎であんまり好意的には描かれてません。それでもボクは、 取り逃がしたあとCIDが車3台で町じゅうを流して手がかりを探したり、犯人達にしつこく食い下がる様子は、 鮫をイメージさせて面白く感じました。(香港鮫!)

 あとこの監督、音楽の選曲と使い方がいい。割と静かなギターの調べをこの映画のメインに持ってくるあたり、カッコいいのです。 勇ましさを出そうとつい賑やかな曲を使う監督も多い中、渋すぎるのです。

 ボクはもうこの一作でジョニ−・トゥ監督のファンになりました。
 この映画、カンヌ映画祭や東京firmexでも上映されましたし、いくらとぼけた日本の配給会社でも悪くてもビデオ発売、 ひょっとしたら全国公開することになるかも知れません。
 期待して待つことにしましょう。

 
posted by 森と海 at 22:43 | Comment(2) | TrackBack(9) | Johnnie To
この記事へのコメント
TB&コメントありがとうございました。
冒頭の長回しはほんとに凄かったですよね。こんなのを見せつけられては、デ・パルマも“タラタラした”と言われても仕方ありませんね・・・。
「もう、どうにどうにでもしてくれ!」とおっしゃるのよくわかります(笑)
Posted by micchii at 2005年11月27日 12:31
PJで観ると、ステディカムがクレーンに乗ったり、前後左右に移動する度に、画面が揺れて揺れて・・・。
別の意味でも勘弁して欲しくなります(笑。
Posted by 森と海 at 2005年11月27日 20:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

『ブレイキング・ニュース』
Excerpt: 大事件(2004/香港) 【監督】ジョニー・トー 【出演】ケリー・チャン/リーチー・レン/ニック・チョン ジョニー・トー第22弾。 未だに公式サイトに公開の予定が載らないので??
Weblog: 愛すべき映画たち
Tracked: 2005-11-27 12:14

『ブレイキング・ニュース』
Excerpt: ----ジョニ−・トー、今年日本に来るの2本目だね。 あまり相性がよくなかったんじゃなかったっけ。 「うん。そのはずだったんだけどね。 この映画はいい意味で裏切ってくれた。 カンヌ国際映画祭のワールド..
Weblog: ラムの大通り
Tracked: 2005-11-27 12:38

ブレイキング・ニュース
Excerpt: 昨日、九段会館で行われた試写会に行ってきた。 気付いてみると、今週劇場で観た新作映画4本が、日本2本、韓国1本、そしてこの香港1本と、すべてアジア映画だったんだよね??。 別にアジアを狙ってそうなった..
Weblog: toe@cinematiclife
Tracked: 2005-11-29 01:46

『ブレイキング・ニュース』長回し7分!
Excerpt: 今日は『ブレイキング・ニュース』の試写でした☆ 新通さん、どうもありがとうございます〜。 ある日、香港の市街地で銃撃戦が繰り広げられた。 一方は銀行強盗を企てる5人組、もう一方は彼らを追う警..
Weblog: シネマのしたため
Tracked: 2005-11-30 06:08

[ ブレイキング・ニュース ]冒頭から釘づけ
Excerpt: [ ブレイキング・ニュース BREAKING NEWS ]@渋谷で鑑賞。 エンターテイメントやサスペンスムービーは、漫才やコン トなどのお笑いに似ている。つかみがよければ、途中に少 々のアラ..
Weblog: アロハ坊主の日がな一日
Tracked: 2005-12-09 23:37

ブレイキング・ニュース
Excerpt: 先月半ばまでユーロスペースがあった場所にできたシアターN渋谷に行ってきました。ユーロスペース時代と大きく変わってはいませんでしたが、ロビーのカウンターの位置や雰囲気は、以前より、少しすっきりした感じが..
Weblog: 日っ歩??美味しいもの、映画、子育て...の日々??
Tracked: 2005-12-17 01:45

「ブレイキング・ニュース」の長回し
Excerpt: 「ブレイキング・ニュース」は、絶好調の香港ノワールの新作。期待にたがわず楽しめた
Weblog: Days of Books, Films
Tracked: 2005-12-21 00:19

『ブレイキング・ニュース』
Excerpt: スリリングでクールで息つく間もなくおもしろい。 香港の市街地と高層アパート内での強盗団VS警察の攻防戦。 そして、警察のメディア戦略。冒頭から、緊迫感に包まれる。そして、凄まじい銃撃戦。 そ..
Weblog: かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY
Tracked: 2006-01-05 15:01

ブレイキング・ニュース (大事件)
Excerpt: 監督 ジョニー・トー 主演 ケリー・チャン 2004年 香港/中国映画 91分 アクション 採点★★★★ 見る視点を変えると、物事ってガラリと違って見えるもんなんですねぇ。 武装集団と警察との銃撃..
Weblog: Subterranean サブタレイニアン
Tracked: 2006-07-06 02:52
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。