2004年10月11日

**ファイト・バック・トゥ・スクール逃學威龍**

 さあ、バカ映画だ。

 またまたネタ探しのレンタル屋チェックです。アクションの棚に、なにやら怪しい黄色いジャケットが。
あっ、「ファイト・バック・トゥ・スクール逃學威龍 」だ。

 これも、「少・サッカー」効果です。「少・〜」のヒットが無かったら、日本において日の目を見ることのなかった作品です。この際、 借りちゃうもんね。

 SDUの指揮官、周星星(チャウ・シンチー)が、銃の盗難事件を追って男子校に潜入し、先に潜入していたダッさん(ン・マンタ) とのデコボココンビで、盗難事件はおろか銃密売事件まで解決するというお話です。
はしょりすぎ?いいじゃない、こうゆうバカ映画のストーリーなんて、べつにたいした問題じゃない。問題なのは、 終劇までにいくつのギャグを挿入するかだ。

 チャウ・シンチー初期の作品で、今のように監督・脚本を兼任していないためか、近作の特徴である”女優をわざとブスに”、” 1度挫折して再び自信を取り戻す”といったシークエンスはありません。ただひたすら、いつもの迷コンビ、ン・マンタとの掛け合いを続けます。

 うーん、面・さが文章には出来ない。チープなセット、チープなシチュエーションで、 最近の若手芸人ならまずやらないヌルーいベタなギャグを、これでもか、これでもかと続けます。

 だんだん、麻痺してきて、ボクコ出して笑っちゃった。えへ。

 ただ、チャウ・シンチーのこの作品での役柄は、SDUの指揮官。強いっス。半端じゃないっス。兄貴と呼ぶっス。男子学生相手ですが。 (うそうそ、マフィア相手でも強い。)

 あー、面・かった。「ファイト・バック・トゥ・スクール2逃學威龍2」も借りてるんですけどね。

 
posted by 森と海 at 23:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | Movie(華)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。