2004年10月23日

**日本では評価の低い「マイノリティ・リポート」**

 何で、こんなに人気ないんだろ?

 うちのBlogのことぢゃありません。うちが万人に受けるはずないもの。表題の「マイノリティ・リポート」のこと。

 面白いんだけどなあ。ボクは、映画館で観て、面白いってんでDVDまで買ったんだけどなあ。今じゃ引き合いがないらしく、 中古ショップで叩き売り状態。あーあ、ひときわ安くで売ってんなあ。悔しいなあ。一緒に観た友人のSは、「期待したほどじゃなかった」と。 ドコ観てんだよと張り倒したくなったが、公開より時間の過ぎた今となって、 達観して観ていた彼の方が一般的には正しかったことを証明してしまった。

 公開前は、F.K.ディックの原作で、どこぞの都市工学の学者先生が監修したとか、 近未来の都市の姿がここにあるというような宣伝をしていたと思う。いや違った、『誰でも逃げる!」だ。宣伝に乗せられた観客は、あるものは、 ディックワールドを期待し(正確には、ブレードランナー的退廃的未来観、ディックの短編にゃそんなもんない)、またあるものは、シド・ ミード的都市空間を見てやろうと、足を運んだのだろう。

 しかし、そんな思惑はすぐに裏切られる。どこまでも澄んだ空は、ディックワールドを期待したもの達には青過ぎたし、 都市ではマグレブでも地方に行けばタイヤのついたレクサスに乗るしかない状況は、シド・ミード的都市空間を見にきた客を現実に引き戻した。 でもそのほうがリアルなんだけどね。

 余談だが、宣伝にそそのかされた例としては、「KILL BILL Vol1」は悲惨だった。オシャレな映画と信じて観にきたのに、 終わったあとのカップルの顔と来たら・・・。

 かくいうボクも事前情報を入れてなかったんで、前述の状況と同じスタンスで向かいあった。

 

minrep  最初のうちは、プリコグほほう、ヘリパトうーん、立体映像なんだかなあ、マグレブGoGo、 と未来を感じさせるギミックを堪能していた。スタンガンの代わりに嘔吐棒なのねとか、変なところで。
 そのうちに、舞台装置は近未来だが、話は古いゾ、というかいつか見た話っぽいゾと思い始めた。もうみんな知ってることだが、 プリコグの3人が、「アガサ」「アーサー」「ダシール」っていう名前の時点で、これは、ノワールなんだよっていってるようなもんだったのだ。 最初のうちはボクも気付かなかった。

 スピルバーグって、単純に自分の観たい映画を撮っちゃうという傾向があるようだ。他人が欲するのかどうかは置いといて (この点はどの監督も一緒)。その上、彼のセンスというのも、凡人であるボクともあまり変わりがないらしく、 あまり驚異の映像といえるものには、お目にかかれない。ただし、どんな映画でも、それなりの売れ線部分は確保するという周到ぶり。さすがだ。 ふつうは大ゴケすることもあるというのに。そんな中で、「シンドラーのリスト」については、 ジューイッシュという出自と賞取りという欲望に忠実だったと思う。

 「プライベート・ライアン」はDデイをリアルに撮りたかっただけだろうし、「ジュラシック・パーク」 は恐竜の闊歩する風景を収めたかっただけだろうし、「マイノリティ・リポート」は、 昔読んだ探偵小説やミステリーを再現したかっただけなのだろう。ただ抜群の商業センスを誇る彼には、「史上最大の作戦」 やハリーハウゼン物というような過去の作品のままにしてしまってはダメという自身の掟があるらしい。だから、 語るべき主題のギミックとして取り入れたり、時には主題そのものとして収め、別の目を引くギミックを用意する。

 ボク、観てる最中にそれに気付いちゃって、「これは、ヒッチコックなんだ」と自分に言い聞かせながら観ていた。 幸いこのジャンルも好きなので苦ではない。いや面白いぞー。
 不幸にして、このジャンルがダメな人には、さぞ辛い2時間だったことだろう。

 万人向けを装ってはいるが、実は好き嫌いの激しいクセのある映画っていうのが、 スピルバーグの映画てことで閉めますがよろしいでしょうか?

 


 でもギャグセンスはからっきしだね。目玉コロコロなんていらないもの!

 

 
posted by 森と海 at 21:43 | Comment(0) | TrackBack(1) | Movie(米)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/4805106

殺しの風景@マイノリティ・リポート
Excerpt: 殺人のない社会。 人々が死から遠ざけられた社会。
Weblog: 憔悴報告
Tracked: 2006-09-18 11:16
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。