2004年11月23日

**いまさら「ア・ホーマンス」**

 その昔、「めぞん一刻」と併映だった「ア・ホーマンス」。

 優作の最初にして最後の監督作「ア・ホーマンス」。

 小池要之助監督を首にして主役が監督を務める「ペイバック」な「ア・ホーマンス」。

 狩撫麻礼原作の最初の映画化「ア・ホーマンス」。

 石橋凌が映画に魂込めることを決意した映画「ア・ホーマンス」。

 寺島進スクリーンデビュー作でもある「ア・ホーマンス」。

 ヤクザものに機械仕掛けを持ち込んだ「ア・ホーマンス」。

 コメディアンのヤクザもの演技がコワイことを知らしめた「ア・ホーマンス」。

 柳島克己(キタノブルー)氏が何気に撮影助手をしている「ア・ホーマンス」。

 もちろんキャメラは仙元さんな「ア・ホーマンス」。

 台詞が聞き取れないことを良しとした演出「ア・ホーマンス」。

 脚本はもちろん丸山昇一の「ア・ホーマンス」。

 でも、興行的には失敗で、未だにDVD未発売の「ア・ホーマンス」。


 

 劇場で1度見ただけで、その後は1度も観直してなかった。
 その当時、ガキだった自分の感想が正しかったのか、確認するためにオジサンになった今、再び観返したっていうのが今回の顛末。

 やっぱり、収穫はポール牧さんの代貸。程よく抑制された演技、甲高い裏声に時折混じるドスの効いた声、いやぁ、コワイコワイ。 こんな人のそばには寄りたくない。にこやかに笑って、いきなり非情なことをしそうだ。

 上でも匂わせていたのだが、お笑いの人をヤクザもんに据えるというプラン、誰か別の人にも当てはまると思わないか?
 ほら、普段はハリセン持ってる人がヒットマンとして登場するあの映画の監督。

 それだけじゃない。別の作品では、トヨエツ(お笑いじゃないが)に甲高い声でしゃべる組長役をやらせていた。

 北野武監督だ!

 彼は確実に見てると思うし、自分の中ではマネだかオリジナルだか分からなくなるぐらいまで発酵させてるように思う。ほかにも、 実験的な映像とか、映画作りのセオリーを無視した演出(台詞聞こえなくてもいい)とか、手をダランと下げて突っ立ってるだけの人物とか、 タバコを小道具に使わないとか、無音のシーンとか、枚挙にいとまが無い。
 多大なる影響を受けてるね。

 ガキだった自分の感想の話に戻るが、当時、ボクはこの映画を「ヤクザ・meets・ブレードランナー」と解釈していた。 今回観て分かったよ。これは「ヤクザ・meets・ターミネーター」だったんだ。 どっちでもいいじゃないかっていうくらい大勢には影響ないけど。

 


 こぼれ話1.前髪を下ろした石橋凌は、とんねるずの石橋にそっくりだ!
      2.内部の機械が露出する場面、メカゴジラの逆襲から進歩がない。

 
posted by 森と海 at 12:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | Movie(邦)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/4808746
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。