2004年12月11日

**非常突然**

 ちょっと前のボクのエントリー「ロンゲスト・ナイト/暗花」で、”目力のある貧相顔”の俳優主演の映画について書いた。今回の 「非常突然」っていうのは、そのダークトリロジーの輝ける第1部にして(注:調査の結果、第1部が「ロンゲスト・ナイト/暗花」、第2部が 「非常突然」だ。訂正する。)、日本未公開作(トーゼン未知の強豪って訳だ)。誰が、そんな映画について書いて見るのかって、 ボクが面白かったから書く!

 監督はパトリック・ヤウ。製作がジョニートゥandワイ・ガーワァイ。「ロンゲスト・ナイト/暗花」と一緒だな。しかし、 「ロンゲスト・ナイト/暗花」で散見された、奇をてらったカメラワークはない。パトリック・ヤウ監督が金城クンの「パラダイス」 を撮る前の作品で、監督修行の作品のようだ。ジョニー・トゥの演出を見慣れたボクが観ても、違和感ないところから、実質、 トゥの手取り足取り作品じゃないのかな?

 中身はというと、コレのエントロピーの大きさたるや「ロンゲスト・ナイト/暗花」の比じゃない。圧倒的にこっちのほうが面白い (ダークなんだけど)。それでも、未公開なのは何で?やっぱり”目力のある貧相顔”のなせる技?日本の配給会社、いや観客は、結局、 出演者で観に来るのかね?うーん、謎だ?しかし、1998年当時、コレが公開されていたとしても、ボクは観にいったかどうか分からんけど。 なんせ、映画って出会いなもんで。

 

hijyou  出演は、
ラウ・チンワン(「ロンゲスト・ナイト」「ヒーロー・ネバー・ダイ」「暗戦」「暗戦2」)
サイモン・ヤム(「ザ・ミッション」「PTU」「フルタイム・キラー」「大事件」)
ルビー・ウォン(「暗戦」「暗戦2」「PTU」)
ホイ・シウハン(「暗戦」「暗戦2」「大事件」)
レイモンド・ウォン(「PTU」トゥの秘蔵っ子らしい)
ヨーヨー・モン(「ヒーロー・ネバー・ダイ」「暗戦」)
ラム・シュー(「ロンゲスト・ナイト」「ヒーロー・ネバー・ダイ」「暗戦」「暗戦2」「ザ・ミッション」 「PTU」「フルタイム・キラー」「大事件」こいつもお気に入りらしい)
とまあ、その後のトゥ組を形成する俳優の面々。最新作からさかのぼっているボクには、どいつもこいつも見た顔なんだが、一般的日本国民には、 「誰それ?」な連中ばっかりだ。この辺が、未公開の原因なんだろうなあ。トニーやらアンディやらレオンなんてスターがいない。でも、 「PTU」のようなスター不在の作品が公開予定なんだから、ビデオリリースぐらいするがいいじゃねーか!

 あらすじは書きにくい。これは予備知識なしのほうがいい。もし、何かの弾みで見る機会に恵まれたとしたら、 スジを知らなかったことを幸運に思うことだろう。ただし、それじゃ訳がわからないので以下に書く。

 O記のチームの冷静沈着なリーダー”ケン”(ヤム)。その部下でオチャラケた”サム” (チンワン)、”ケン”に尊敬以上のものを感じさせる”マーシー”(ルビー)らは、宝石強盗と現金輸送車強盗を追っていた。ある事件から、 ” ケン”に思いを寄せるカフェの店員”マンディ”(モン)が表れたことにより、”ケン”と”サム”の恋のライバル関係が始まる。 それとは別に” マーシー”は、同僚である女たらしの”ジミー”(レイモンド)にぞっこんらしい。
 そんななか、銀行強盗犯を取り押さえた際に、”サム”の気持ちが”マンディ”に伝わり始める。
 そんな普通の人々となにも変わらない日常を過ごすO記の面々は、ハッピータイム(勤務終了後?)に、町で宝石強盗犯を見つけ、追う。 状況は安易に考えられたが、時は非常に非情だった。

 警察といえども、普通の人々と変わりなく、恋にじたばたするものもいれば、フラれるものもいる。 男の女関係の派手さにやきもきする女もいる。そこまでは、警察を舞台にしたラブコメと大差はない。そんな面々が、 凶悪犯罪に立ち向かうという話なのだ。

 だがね、やっぱりダークなんですよ。黒社会ということではなく、 O記の話なんですけどねー。この映画のラスト、静かに終わります。余計な音楽やSE無しで。しかし、 誰もが今まで目にした事のないインパクトを残したまま。

 いやー、すごい。ガツンと鈍器で殴られたようだ。

 なんで、ジョニー・トゥってこんなにボクの琴線に触れるのだろうか?同じアジア人だから?この辺については、 また改めてじっくり考えてみたいと思う。

 

 
posted by 森と海 at 23:04 | Comment(1) | TrackBack(2) | Johnnie To
この記事へのコメント
コメントありがとうございました。
記事がUPされたらまた楽しみに読ませていただきますね。
TBの件申し訳ありません。
「閲覧後の表示」などという高度な技はできないのでそんなことはしてないんですが、アダルトサイトからのTBが結構たくさんあるので、その際IP、ホストを禁止設定に追加しているので、それとかぶっていると弾いてしまうのかもしれませんね、それくらいしか理由は思い浮かばないです。
これまでにもお二人そういうことがあったので、同じ理由かもしれません。
とりあえず禁止設定全部削除しておきました。
せっかくTBしていただいたのに、申し訳ありませんでした。
Posted by micchii at 2005年11月06日 14:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/4809875

『大事件』公開に『非常突然』がDVDリリース。
Excerpt: いやね、『PTU』のケースに入っていた「ぐっとほっと香港」のパンフレットに『デッドポイント??黒社会捜査線』ってのが来月リリースって書いててですね、ラウ・チンワン|劉青雲にサイモン・ヤム|任達華ほんで..
Weblog: web-tonbori堂ブログ
Tracked: 2005-10-07 23:00

『デッドポイント〜黒社會捜査線〜』
Excerpt: 非常突然(1998/香港) 【監督】パトリック・ヤウ 【出演】ラウ・チンワ
Weblog: 愛すべき映画たち
Tracked: 2005-11-05 13:18
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。