2004年12月12日

**宇宙戦争**

 おっ、スピルバーグ撮り終えたのか?
 しかし、なんでうちの棚にある?DVDがもう発売してるのか?
 ドラえもんの贈り物かぁ?

 知らなかったー。

 よし、早速観てみよう。どれどれー。

 ふーん、頭は、火のついた牛どもの暴走かぁー。スピルバーグのSense of Wonderが光るなぁ。しかし、 尻に火の付いてたボクには笑えないなぁ。

 あれれ、トム様出てきませんねえー。っていうか、ニコルソンが出てるよ。
 あっ、レミントン・スティール改めスピーク・ラーク改め007(クドイ!)を降りる予定のプロズナンじゃないの?横にいる” 4×3のテレビにアナモフィック画像をそのまま映した”ような顔(縦長顔って言いたいんだが、喩えが苦しい)の女はなんだ?こいつが火星人?

 珍しく、馬鹿映画になってんなあ。スピルバーグ見直したよ。評価取りのクソ真面目な映画ばかりじゃなく、こんな馬鹿も撮れるんだ。

 

ええーーー!!!違うのーーー??

 

mars  と、長々とボケ倒してみたものの、もうとっくにネタは上がって、「言い加減にせい」 とツッコんでいた人も多いでしょう。

マーズ・アタック  ティム・バートン監督作品 グワグワ、 グワグワグワグァ!

 多くは語りません。だって、だって、とっても馬鹿なんだもん!

 「人間には二通りある。マーズ・アタックを楽しめるものと楽しめないものだ!」と誰も言ってませんけど、ボクは明らかに前者。 だってボクも馬鹿なんだもん!

 それにしてもティム・バートン、趣味がおかしい。犬に人の首を接ぐんだよ! いくら異形のものが好きとはいえ、一歩間違えば狂人の発想だ。でなきゃ、漫画だ漫画。
 きっと、日本の特撮ヒーロー物の怪人たちを見たら、虜になること請け合い。

 間違いない!
 

 でも、ほとんどの日本人は、こんな映画をバートンに期待してないんだよな。

 
posted by 森と海 at 20:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | Movie(米)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。