2004年12月26日

**ゴジラ ファイナル・ウォーズ**

 地元ではかかっていない為、遠征して観てきた「ゴジラ ファイナル・ウォーズ」。

 素晴らしい!!

 目に飛び込んでくるのは、TohoScopeのマーク。なんだか懐かしい。

 次にいきなりゴジラのアップ。「なんだなんだ、予告編かよ!」と気を許していると、氷山より轟天号が表れる。「もう始まってる!」 とばかりに、体勢を本気鑑賞モードに切り替えるのでした。

 その後ようやくオープニングヘ。
 コレにやられました。東宝の過去の遺産をコラージュしたタイトルバック。よく観ると、昭和シリーズだけでなく、 ミレニアムからも引っ張ってます。お台場フジテレビまで写り込んでるし。チカチカと画面が変わるので、瞬き出来ない。見逃しそうで!ここだけですでに、「もう一度、 じっくりPAUSEしながら見直さなくては。」とまだ始まったばかりなのに、購入意思が固まります。マズイマズイ。

 素晴らしい!!

 で、昭和ファンにはおなじみの、轟天号に絡み付くマンダの登場です。この絵がなくては、轟天号は始まりません。 マンダが絡み付いてこそ轟天号なのです。北村監督、分かってらっしゃる。

 素晴らしい!!

 実は、今回のゴジラ、北村龍平監督と聞いていささか不安でありました。だって、人間のアクションは得意そうだけど、 怪獣ものはどうかなーって。それに、着ぐるみもすばやいアクションを心がけるって言うもんだから「うわあ、怪獣プロレスになる」 って杞憂してました。
 結果、杞憂でした。
 確かに、ゴジラはいつもより早足ですが、今までの雰囲気を壊してません。かえって速い分だけ、粗が見えなくていいかも知れません。 ハイスピードカメラで撮影して通常速度で写すという既成の撮り方をやめて、速いのは速いという撮影は、重量感こそなくなったと思いますが、 一方で躍動感さえ覚えます。ハイスピードカメラで撮ってって言うのは、昭和の時代から続いた手法ですが、 いままで手塚監督さえも抗えなかったのです。今回、北村監督はそんな縛りの部分を軽やかに飛び越えてます。
 怪獣プロレスは、たしかにあります。キングシーサーのフライングボディアタックなんていうトホホな場面はちょっと笑ってしまいますが、 ゴジラがモンスターXにマウントポジションからの連打を行っている最中に、 人間側のほうでも松岡が北村にマウントポジションからの連打を行っているというシンクロ具合は、今までなかったものです。

 それから、船木。エビラに対して第1声。「お前、強ーな!」。この一言でボクのなかでは天然キャラに決定したのでした。 この1声だけで、ボクの船木に対する「大丈夫かよ」という疑念は解けました。あとは、何やってもいいよという感じ。 単なるカッコいいキャラに収まらない人物設定は、役者としては未知数の船木を生かす最良の方法だと思います。

 素晴らしい!!


 あいまあいまに、観たような場面が続きますが、それはいいんです。たとえ、マトリックスであってもリベリオンであっても。 そんなものは北村監督にあっては、いままでずーっとやってきたことなんです。いまさら、どうってことはありません。非難してどうするの?

 アンギラスの撮り方にも、工夫が見えます。カメラは基本的に上半身しか写しません。四肢歩行の怪獣で問題となるのは後ろ足です。 四肢歩行の獣の場合、通常、前足と後ろ足は同じような形状になります。これまでのアンギラスは、後ろ足が膝をついた状態でした。 コレはしょうがありません。中に人が入っていたのですから。分からない人は四つんばいになってにみてください。 足の裏をついて立つのは難しいでしょう。でも今回はあまり写りません。要は見せ方一つなんだよなあ。

 モスラ、今回も登場です。しかも、平成ミレニアムと違い、どこか薄汚い。昭和のイメージを引き継いでいます。ケバケバしい毛並は、 平成モスラの小綺麗な姿とは違います。このモスラ、CGなんですかねー?

 素晴らしい!!

 言い忘れてました。火龍もエクレールもランブリング(すべて地球防衛軍の空中戦艦)も、もちろん轟天号も、ミサイル発射工程は、 現実のハープーンミサイルと同じで、一度上空に向かって飛んで、改めて標的に向かいます。コレが結構いいんだなあー。カッコよくて! いままでのゴジラでは、ロケット花火そのままのミサイルで、直線に飛ぶだけだったんで、ミサイルひとつをとっても、燃え度は高いのです。

 素晴らしい!!

 結局、いままでのゴジラ作品のなかで伝統に縛られてしまっていた撮り方・様式を、一気にぶち壊した北村監督のスピードとパワーに、 観てる側も翻弄されてしまいます。小さいことをいえば、いたるところにツッコミどころ満載なのだけれど、 そんなこと考えてる余裕を与えない展開の早さに押しきられてしまい、終わったころには面白かったという感想だけが残ってました。 今回で終わりと言うことで、過去の遺産をすべて利用しまくると言う姿勢も、悪くいえばし収集のつかないゴッタ煮なのだけれども、 昔からのファンも納得の作品となったのではないでしょうか?

 これで終わり。またいつか復活する日もあるでしょうが、ここまでやっちゃうと次は難しいゾー。

 

 
posted by 森と海 at 17:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | Movie(邦)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/4810744
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。