2005年01月04日

**イアン・ホルムってどういう役者だ?**

 今年初のエントリーで、「フロム・ヘル」は新年に相応しくないと書きながら、しっかりジックリ観てしまった。それもこれもすべては、 イアン・ホルムのせいだ。というか、監督のヒューズ兄弟の演出のせいだったのだが。

 イアン・ホルム・・・イギリス生まれの当年とって74歳のじいさまだ。ロンドン王立演劇学校卒業、 98年にはナイトの称号を授与されたという。バカ映画ばかり観ているボクには、縁がなさそうな天上人にも感じられるが、 彼のフィルモグラフィをチェックしてみると、以外や以外な作品が、ぞろぞろ並んでいる。興味のある人は、 ココで見てほしい。

 話を戻すと、この「フロム・ヘル」、端的に言って”切り裂きジャック”物なのだが、諸説ある中で、なんと劇画を原作に頂いている。 ネタバレすると王室陰謀説を採っている。監督は、近年のご多分にもれず、ビジュアルにはこだわったようで、 19世紀末のロンドンの裏町を驚くほど再現し、まるで見てきたかのようだ。

 それでもって、イアン・ホルム演ずるのは王室侍医ウイリアム・ガル。優秀な外科医だったが、体調を崩したことにより、 外科医は引退しているという。
 なんだかニオイますねエー。王室陰謀説で元外科医の王室侍医。ビンゴ!!こいつがジャック・ザ・リッパーです。

 とネタバレしたところで、次の画像を観ていただきたい。

ian1


 それまで、知的に会話していた人が、話が核心にきて、向こうを向いて振り返った瞬間。

ian2


 これだよ。この目。たぶんカラーコンタクトだろうが、イアン・ホルムの演技と相まって、人の奥底にあるHELLを垣間見せてくれる。 黒眼が大きいと可愛く見えそうだが、事実はこうなんだな。チワワは可愛いのに、なぜこいつは・・・。

 イアン・ホルムって、元はシェークスピア俳優だよ。今(昔から?)のポジションからして、こんな役引き受けなくてもいいだろうに。 本人も好きなんだろう。

 アッシュにしたって、ビルボ・バギンズにしても豹変しますから。

 
posted by 森と海 at 21:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 俳優さん
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。