2005年02月11日

**殺し屋1**

 やっと、手に入れた。
 始めて見たときから、「これは、いつか所有しなくては」と思っていたのだ。

出てくる役者が濃い。濃すぎる。

 三池監督の作品て、どれもこれも怪優総進撃? なのだが、こいつは尋常ではない。

 ザっと並べると、塚本信也だろ、菅田俊に手塚とおる、松尾スズキ、國村隼、もっともコレと思ったのは、有薗芳記。

「か、か、垣原ァ〜、お、お、お前〜」

 なんて台詞回し、この人にしか出来ないって(笑。その昔、「逆噴射家族」で初めて見たときにゃ、「うわ、スゴイやつが出てきたなあ」 と、思ったが、その後は余り印象に残る役を貰えなかったようだが、久々に奇人を演じてくれた。
 偶然にも上に挙げた俳優さんたちは、國村さん以外はみんなアングラ劇団出身者。海獣シアター・状況劇場・劇団健康・大人計画・ 第三エロチカ、やっぱり怪優を探すなら劇場を回れってことですか。

 そんな周囲に比べ、主役級のあっさりしたこと。

 浅野忠信、大森南朋、SABUの3人なのだが、浅野忠信はどんな役も自分流に消化して、 演技してるんだかしてないんだか分からなくなるいつもの超自然演技で強烈でのほほんとした存在感をかましてくれる。 手ダレの怪優さんたちと十二分に渡り合って引かない。大森南朋は、・・・うーん、データがない。オヤジさんが強烈だからなあ。 ケンタッキーのCMと同一人物ということを思い出せば、彼もバケモノにちがいない。残るSABUなのだが、コワ面なのにこんな中にはいると、 ごく普通の人に見える。可哀想に一番ワリ喰っている。

 監督が入れ込んでの、漫画の映画化なんで、テーマがどうのこうのなんて無粋なことは言いっこ無し。原作とビミョウに違うのもご愛嬌。 というか、原作が終了する前の映画化なんで、独自の幕引きはしょうがない。それよりも、原作のエロ・グロ・ スプラッターを実写できっちり撮る姿勢が潔い。なんたってR-18なんだ。最初から、お子ちゃまは締め出しなのだ。

 監督、えらい!

 人の精神の奥底にあるグロい部分を描いてるくせに、見た目を大人しくして映倫対策している監督も多い中、 グロさを全面に出して大人映画を表明するなんざ、さすがは違いの分かる大人の監督。そうこなくっちゃ。

 なんせ見た目のグロより、その奥底で蠢く自分も持っているであろう(いやある!)グロい部分にスポット当てられたようで、 居心地悪かったんだ、ボクは。

 こんなもの、お子ちゃまに見せてはいかん。

korosiya


 欲言うなら、この後の三郎の皿斬りもやってほしかった。まあ、ルーシー・ リュートライしたからいいか。

 
posted by 森と海 at 00:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 三池崇史
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/4812880
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。