2005年05月08日

**「AVP」をようやく観た**

 2大宇宙生物の決戦をようやく観た。

 さすがはポール・W・S・アンダーソン監督、上手い具合にアクションを散りばめてテンポがいい。 エイリアンもプレデターもよーく知ってる人が観に行くこと前提だから、変にもったいぶらないでいいもんね。大抵の人は、 閉じ込められたら何かが起こるってことを知ってるわけで。
 オタク監督の叡智を絞った小ネタも、観ててニヤリとさせられる。2シリーズのファンじゃないとこうは出来ないわ。

 俳優さんを見渡してみても、あんまり有名な人はいないなあ。ヘンリクセンとフラナガンぐらいか。あっ、もう一人いた。 バイオハザードでサイコロステーキになるサルモンさんがいた。あんまり、顔の売れてない人の方が、 こうゆう生き残り物は面白いなあ。誰が生き残るのか分かんないし(笑。

 しかし、ちょっと苦言を言わせて貰えば、ダンジョンがうるさい。ゲームはしたこと無いから分からないが、 やっぱりダンジョンでばったり即対戦のゲームなのか?10分に1度開くって設定なら、いくらでもストーリー作れるからな。都合よく。

 それにしても、プレデターたち不甲斐ない!実に不甲斐ない。
 それでも、宇宙一のハンターなのか?おとうさんは情けなくて泣いているぞ。
 わりかし狩りが上手いって程度に、看板書き換えなさい!

 それと、チャールズ・ビショップ・ウェイランドをあっさり殺しちゃっていいの?この後ユタニ社と合併することになるのだから、 影が薄くなりますよ。たとえウェイランド社創業社長でも。そんなサッサと表舞台から消えた人をモデルにして、人工人間を作りますかいな。

alipre

 

 
posted by 森と海 at 23:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | Movie(米)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/4863714
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。