2005年05月19日

**白羽根黒羽根**

 唐突だが、シリーズ物の2作目っていうのは、往々にしてその前後作のインパクトが大きいと、影に隠れがちだ。しかしながら、 再度見直して見ると、良作ってことも多い。

 〈SW〉シリーズなどは、その前後ろの派手さの為に、公開時はあまり人気の面で劣っていたが、いつのまにか”一番好きなのは 〈帝国の逆襲〉”なんて多くの人が口にするようにもなったのだ。

doa2    そこでなに言い出すかって〈Dead or Alive 2: 逃亡者 The Birds〉なんですよ。まさしく1と3という、ある意味突き抜けすぎた作品に挟まれて、ジミ―な印象しか受けないシリーズの2。
 別に、ラストに世界をひっくり返すようなネタは仕込んでないし、出演者も定石どおり、翔&力アニイに塚本晋也にエンケンさん、 蓮さんという顔なじみばかり。えーと、香港警察に潜入する前のエディソン・チャンも出てた。ストーリーだって、 いつもどおり2人は暗殺請負人というVシネらしい職業選択。

 ところが、これが改めて見直してみると、なかなかどうして、心地いいのだ。いつもと違って、センチメンタルな心地よさっていうのが、 ちょっぴりむず痒いのだが。

 人によっては、〈ソナチネ〉を思い出すかもしれない。いい大人が子供の頃に戻って、サッカーに興じるところなんざ、 そっくりかもしれない。ただ違うのは、〈ソナチネ〉の紙相撲や花火が死を前にしてポッカリ空いた時空間を費やすことが語られる (それもすごい表現だが)ことに対して、〈DOA2〉では単純にガキの頃の友達との時間の共有となっている。 前述のセンチメンタルっていうのはそこにかかる。

 tonbori堂さんの昨日のエントリー「オーディション短評」で、” よるべなき者たちを描かせると三池さんはいきいきとしていくる”と触れられているが、これに呼応して、ボクはこう書いた。
 「皆喪失している人たちだ。何かを失って、何かか欠けてる人たちだ。現実世界に身の置き場がないのだ。」
 でも思ったんだ。このボクの意見は〈DOA2〉に関しては当てはまらないなと。

 翔&力アニイをはじめ、その殆どの人物は、何かか不幸にして欠落している。施設出身の人達は子供時代の幸せな家庭を、 蓮さんはもうそのまま精神のバランスを。この設定ならば、境遇をバネにして行き着くところまで突き抜けていくというのが、 そもそもDOAなのだ。でもってDOAならば、羽根はコウモリでなければならない。

 本作での翔&力アニイは、現実世界に身の置き場がないように描かれてはいるが、よるべなき者としては描かれていない。彼らには、 魂のよりどころがあるのだ。それが島。
 魂のよりどころがあるものは、羽根はコウモリにはならない。なぜなら彼らは、白かろうが黒かろうが天使であることには間違いないのだから。

 tonbori堂さんの言うとおり、本作ではストーリーが転がり出さない。結果的にしごく地味な話となって、 話題に上らない作品となった。

 でも、三池監督が天使を描くんだぜ。センチメンタリズム溢れる格好で。
 ボクには、鑑賞2回目より〈1〉とは違った意味でもう一度観たい作品となった。というかDVDをすでに持ってたりする(笑。

 
posted by 森と海 at 23:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 三池崇史
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/4864269
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。