2005年07月14日

**スター・ウォーズ ep5 帝國の逆襲**7/14追記

 幸福な時間の過ぎた3年後、夢にも思わぬ作品がやってきた。それが 〈帝国の逆襲〉。まさか、続編が作られるなんて!という意味合いもあるが、それ以上に、 子供のボクにとってはつまらなかったのだ。

 

 つまらないというのは語弊があるかもしれない。カタルシスがなかったというのが正確なところだろう。

 活劇シーンに関して言えば、氷の星「ホス」での対AT-AT戦、ファルコン逃走劇を含む「ホス」脱出作戦、 クラウドシティーの対ベイダー・ライトセイバー戦と目白押しなのだが、いかんせんすっきりしない。・・・どれもこれも負け戦なのだ。 この回に限っては、連戦連敗を重ねている。スター・デストロイヤーから逃走するファルコンの部分は、 宇宙空間におけるドッグファイトと言ってもいい出来なのだが(スピーディだし)、デススター攻略戦ほどの熱さがない。 見てるこっちも熱くなれなかった。

 ところが、年月を重ねるごとにその評価は増してゆく。もちろんボクの評価も。

  〈帝国の逆襲〉は単なるスペース・ファンタジーでは無かったのだ。では、なんだったのか?

 抑制の効いた大人のラブストーリーだった。自信過剰なハン・ソロと素直になれないレイア。皮肉にもレイアが素直になれたのは、 ソロがカーボンで固められる直前だった。「I love you」 「I know」 脚本では「Me too」だったが、現場でハリソン・ フォードのアドリブに変更されたという。現在では「俳優は職業、普段は映画は見ない」と言い切るフォードも、 この頃は意欲的だったんだな(笑。 監督が アーヴィン・ カーシュナーに交代したことも正解だったのかもしれない。パドメのナマ背中に指を這わせるというなんともフィジカルな表現 (ep2)を駆使したルーカスには、こんな抑制を効かせたストーリーは難しかったかもだ。

 ほろ苦い人生訓であった。ヨーダの元でのルークのジュダイ修行。沼に沈んだXウイングを持ち上げよというヨーダに対し、 ルークはこう言う。「やってみるよ。」 その言葉に対しヨーダは激しく諭す。「やってみるではない。やるんだ。」 なんとも耳に痛い言葉だ。ボクらが、無自覚のうちに日常放ってしまうコミットメントのない言葉を、 強烈に糾弾してくる。この痛みも、齢を重ねればこそ受け入れられやすくなるというものだ。

 そして、ベイダー父親宣言。「I am your father」 もうこれはシェークスピア的展開で、 宇宙活劇を期待して観に行ったボクには、「え"−−っ」と思ったが、もう既に追いつける範疇ではなかったよ(笑。

 最初はツナギだの埋立てだの云われていた本作が、次第に「シリーズ中一番好きだ」なんて言われるようになるなんて。 公開時の評価なんて当てにならんですなあ。観る側が変わってゆくだけなんだけど。

 そんなこんなで連戦連敗の反乱軍に逆転ホーマーはあるのか?というような微妙な雰囲気を残しつつ、確実に「続編作るよ」と宣言し、・ ・・ちゃんと続いた。

STAR_WARS_EPISODE_V-2

 7/14追記  一晩ゆっくり考えてみた、なぜこんなに感じ取り方が変わってしまったのかについて。答えが出たよ。 20年余りの時間の成せる業だったんだ。当時のボクは、ルークの視線で見ていたらしい。今はと云うと、 ヨーダやベイダーの視線で見ていることに気が付いた。もうちょっとすると、皇帝の視線で見るようになるかも知れない。・・・ あな恐ろしやアナスタシア。

 
posted by 森と海 at 23:17 | Comment(4) | TrackBack(1) | Movie(米)
この記事へのコメント
そうかもしんない。
けど昨日「ジェダイの帰還」を観てやっぱりこれはEP5とEP6で一つの話なんだなと言う気はする。
もっとも単体で観るとアーヴィン・カーシュナーの撮った方がクォリティは高いけども。
EP4が始まりでその後の全体を考えたときにEP5とEP6が繋がった物語だと考えるとスッキリするんだ、おいらの中では。
Posted by tonbori at 2005年07月14日 23:35
 先日、tonbori堂さんが言ってたように、ep4の博打に勝ったルカが急遽体裁を整えた感はありますね。何せ、ep5とep6の間にそれほど物語上の時間差はありませんし。確かに一つのものというのは当たっているように思います。
Posted by forestsea at 2005年07月14日 23:57
……オヤジ萌えのわたくしはですね、
ずっと後に一作目を見返した時、
ハン・ソロがどうでもよくなって、
オビワンばかり観てた時に愕然としたです。
次はもうヨーダしかいないのか、と。
↑は脱線ネタで、そいでこれは
厭味でなく書くんだけど、
女はみんなこれ、当時からラブストーリィと観てたと思う。私もそうだけど(藁)。
ハン・ソロの「お前が姫を守るんだ」にばったり倒れた連れが多いもの。
Posted by acoyo at 2005年07月18日 23:06
あっ、そうなんだ。
やっぱり、女の子の方が成長が早いんだなあ。
男って奴はその辺アウトオブ眼中で、「宇宙戦が少くねーぞっ!」ってんで、イマイチの烙印を押してたもんで。ええ、ニキビ面のやつみんな。
Posted by forestsea(主) at 2005年07月19日 23:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/5064523
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

「スターウォーズIII シスの復讐」(2005)
Excerpt: オーナーMです[:豚:] いよいよ、書きます。 先々行ロードショーを見てから1ヶ月半。 一般公開が始まって3週間。 そろそろ、書いてもいいですよね? \"STAR WARS..
Weblog: WOW!CAFE'S BLOG
Tracked: 2005-08-02 06:11
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。